Rchr
J-GLOBAL ID:201901011012830219   Update date: Sep. 13, 2020

NAO NIWA

ニワ ナオ | NAO NIWA
Affiliation and department:
Other affiliations (1):
  • 東京大学経済学研究科REDDY  客員研究員
Research field  (1): Architectural and city planning
Research keywords  (5): Housing studies ,  Airport ,  Barrierfree ,  Universal Design ,  Architectural planning
Papers (16):
  • 丹羽菜生, 髙橋儀平. 宿泊施設の一般客室における浴室出入口幅と前面通路スペースに関する研究. 日本建築学会. 2019
  • 丹羽菜生, 髙橋儀平, 菅原麻衣子. 小学生の障害者等に関する意識調査,日本福祉のまちづくり学会. 日本福祉のまちづくり学会. 2019
  • 丹羽太一, 丹羽菜生, 原利明. 出発ロビーのデザインによる空港ターミナルの移動ルートの分かりやすさに関する考察. 日本福祉のまちづくり学会. 2019
  • 原利明, 丹羽菜生, 丹羽太一. 公共交通機関との接続における空港ターミナルの移動ルートの分かりやすさに関する考察. 福祉のまちづくり学会. 2019
  • 丹羽菜生. 羽田空港国際線旅客ターミナル到着ロビーに おける混雑の発生要因の分析. 日本福祉のまちづくり学会. 2018
more...
MISC (4):
Books (4):
  • 体験的ライフタイム・ホームズ論 車いすから考え る住まいづくり
    彰国社 2016
  • 住環境のバリアフリー・ユニバーサルデザイン
    彰国社 2015
  • 住まいづくりの新ルール
    NPO 法人高齢社会の住まいをつくる会 2015
  • 文化財のバリアフリー事例集 2017
    日本福祉のまちづくり学会 文化財・ 世界遺産アクセシビリティ委員会
Lectures and oral presentations  (9):
  • ロンドンオリンピック・パラリンピック大会レガシーに対する障害当事者の評価と参加
    (日本福祉のまちづくり学会 2019)
  • 空港におけるユニバーサルデザインの取り組み (東京国際空港国際線ターミナルの事例)
    (第20回 日本ロービジョン学会 2019)
  • 「インクルーシブなまちづくりに向けて」 ~東京2020パラリンピック大会を契機としたレガシーをどう構築するか
    (主催:東洋大学オリンピック・パラリンピック特別プロジェクト共催:(一社)日本福祉のまちづくり学会 東京オリンピック・パラリンピック推進委員会 2018)
  • 体験的ライフタイム ・ ホームズ論
    (御茶ノ水眼科ユニバーサルデザイン研究会 2018)
  • 障害当事者の特性と空港利用
    (東京国際空港国際線ターミナルセミナー 2018)
more...
Works (23):
  • 東京国際空港国際線旅客ターミナル 2 階到着ロビー混雑状況調査 (事後調査)
    丹羽菜生 2019 -
  • 東京国際空港国際線旅客ターミナル ユニバーサルデザインの取り組み 2018 Master Report
    丹羽菜生 2019 -
  • 「杉並の家」
    BASSTRONAUTS 2019 -
  • 東京国際空港国際線旅客ターミナルにおける 視覚障害者誘導用ブロックの取り組みと方向性に関する報告書 -総務省等からの指摘に対する対策案-
    丹羽菜生 2019 -
  • 東京国際空港国際線旅客ターミナルにおける 視覚障害者誘導用ブロック・視覚障害者にむけた人的支援 に関する考え方と決定されるまでの経緯
    丹羽菜生 2019 -
more...
Education (2):
  • 2001 - 2004 Waseda University
  • 1998 - 2000 Waseda University
Professional career (1):
  • 博士(工学) (早稲田大学)
Work history (4):
  • 2018/04 - 現在 University of TOKYO Graduate School of Economics, Faculty of Economics, Visiting Researcher
  • 2016/06 - 現在 CHUO University Research and Development Initiative Research Associate
  • 2005/04 - 現在 Architect's Office BASSTRONAUTICS ADMINISTRATION Presidency / class-1 architects
  • 2004/04 - 2007/03 WASEDA UNIV. Research Institute for Science and Engineering Visiting Researcher
Committee career (11):
  • 2019/04 - 現在 川口市 川口市バリアフリー基本構想推進協議会 副座長
  • 2018/04 - 現在 東洋大学 オリンピック・パラリンピック特別プロジェクト 委員
  • 2018/04 - 現在 東京都 浮間舟渡駅駅前広場バリアフリー化検討会 副会長
  • 2018/04 - 現在 新宿区 ユニバーサルデザイン推進部会 座長
  • 2018/04 - 現在 観光庁 宿泊施設バリアフリー化促進事業計画事業
Show all
Awards (1):
  • 2019/08 - 日本福祉のまちづくり学会 大会奨励賞 ロンドンオリンピック・パラリンピック大会レガシーに対する障害当事者の評価と参加
Association Membership(s) (2):
JAPANESE ASSOCIATION FOR AN INCLUSIVE SOCIETY ,  ARCHITECTURAL INSTITUTE OF JAPAN
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page