Rchr
J-GLOBAL ID:201901012630761100   Update date: Nov. 17, 2021

Kobayashi Akiko

コバヤシアキコ | Kobayashi Akiko
Affiliation and department:
Research field  (2): Art history ,  Aesthetics and art studies
Research keywords  (3): 西洋美術史 ,  装飾美術 ,  デザイン
Research theme for competitive and other funds  (9):
  • 2021 - 2023 「18世紀フランスの王妃をめぐる表象研究-マリー・レクザンスカとアントワネット」
  • 2018 - 2021 「16世紀フランス・ルネサンスのフォンテーヌブロー派によるタピスリー研究」
  • 2015 - 2018 「18世紀ゴブラン製作所のタピスリー研究-ブーシェの下絵に基づく作品を中心に」
  • 2014 - 2017 「バーナード・ベレンソンと矢代幸雄の往復書簡に関する研究」
  • 2012 - 2015 「ブーシェによるボーヴェ製作所のタピスリー研究-下絵と関連素描のカタログ化の試み」
Show all
Papers (27):
  • Akiko Kobayashi. Primatice et la tapisserie : Cybele dans la tenture des Dieux Arabesques. Bulletin of the Faculty of Fine Arts, Tokyo University of the Arts. 2021. 56
  • Akiko Kobayashi. Les esquisses de François Boucher et Maurice Jacques : autour des Tentures de Boucher de la manufacture des Gobelins. Aspects of Problems in Western Art History. 2021. 18. 25-35
  • Akiko Kobayashi. La tenture de la Noble pastorale d’après François Boucher : les sources d'inspirations dans la tradition littéraire et tissée. Aspects of Problems in Western Art History. 2020. 17. 65-73
  • 小林亜起子. 「ロッソ・フィオレンティーノとタピスリー《ラウラの死をめぐるペトラルカの幻影》について」. 『地中海学研究』. 2019. 42. 31-55
  • 小林亜起子. 「ロッソとプリマティッチョによる「フランソワ1世のギャラリー」にもとづくタピスリー」. Aspects of Problems in Western Art History. 2019. 16. 35-42
more...
MISC (17):
  • 小林亜起子. 「フランスのジュ・ド・ポーム」. 『地中海学会月報』. 2020. 434. 1, 8
  • 小林亜起子. 「展覧会評 ルネ・ユイグのまなざし フランス絵画の精華-大様式の形成と変容」. 『日本18世紀学会年報』. 2020. 35. 127-128
  • 小林亜起子. 「パリの3つの顔」. 『地中海学会月報』. 2019. 417
  • 小林亜起子. 「グスタヴィアン・スタイル誕生-18世紀スウェーデンの国王グスタフ3世と芸術」. NHK交響楽団HP「カレイドスコープ」. 2018
  • 小林亜起子. 「ロココ絵画と音楽の饗宴」. 『第98回舞台芸術講座 チェンバロの魅力V Peinture〜描く』(神奈川県民ホール コンサート・レクチャープログラム). 2017
more...
Books (21):
  • 『新古典主義美術の系譜』
    中央公論美術出版 2020
  • 『美術の国の自由市民-矢代幸雄とバーナード・ベレンソンの往復書簡』
    玉川大学出版部 2019
  • 『ルーヴル美術館展 肖像芸術-人は人をどう表現してきたか』
    国立新美術館 日本テレビ 2018
  • 『イメージ制作の場と環境-西洋近世・近代美術史における図像学と美術理論』
    中央公論美術出版 2018
  • Arachné : un regard critique sur l'histoire de la tapisserie
    Presses Universitaires de Rennes 2017
more...
Lectures and oral presentations  (8):
  • 「近世フランスのタピスリー芸術について」
    (一橋大学「芸術と社会」研究会例会「近代フランス美術の輝き」 2018)
  • « Le Lever du Soleil et le Coucher du Soleil de François Boucher »
    (Le Réseau international pour la formation à la recherche en histoire de l’art en partenariat avec l’Académie de France à Rome. Passés présents. Construction, transmission et transgression du passé dans les arts 2016)
  • 「フランソワ・ブーシェ作《日の出》と《日の入り》について」
    (日仏美術学会例会「18世紀フランス語圏絵画再考-制作と理論から」 2015)
  • « François Boucher et les tapisseries de Beauvais : une approche dans le contexte de la rivalité avec la manufacture des Gobelins »
    (Arachné. Colloque international : la Tapisserie en France 2014)
  • 「クロード・ミニョ氏(ソルボンヌ大学名誉教授)による基調講演「建築家フランソワ・マンサール、そして、J・アルドワン・マンサールとヴェルサイユ宮の芸術」
    (日本大学芸術学部芸術研究所主催 日仏美術学会後援 シンポジウム「ヴェルサイユ宮とその芸術」 2013)
more...
Education (5):
  • - 2011 東京芸術大学 大学院美術研究科 博士後期課程 修了
  • 2007 - Université de Lausanne Section d'histoire de l'art Programme doctoral en Histoire de l'art(ローザンヌ大学 博士課程[美術史])
  • - 2005 東京芸術大学 大学院美術研究科 修士課程 修了
  • - 2002 Université Paris X Département d'histoire de l'art et archéologie, Maîtrise d'Histoire de l'art(パリ第十大学 修士課程[美術史])修了
  • - 2001 Université Paris X Département d'histoire de l'art et archéologie, Licence d'Histoire de l'art ( パリ第十大学 学士課程[美術史])卒業
Professional career (4):
  • 美術博士 (東京芸術大学)
  • 美術修士 (東京芸術大学)
  • Maîtrise Histoire de l'art 修士 (Université Paris X)
  • Licence Histoire de l'art 学士 (Université Paris X)
Work history (18):
  • 2015/04 - 現在 東京芸術大学 美術学部 非常勤講師
  • 2019/09 - 2021/03 立教大学 全学共通カリキュラム 非常勤講師
  • 2019/04 - 2021/03 学習院大学 文学部 非常勤講師
  • 2020/04 - 2020/09 青山学院大学 文学部 非常勤講師
  • 2018/04 - 2020/03 一橋大学 全学共通教育 非常勤講師
Show all
Committee career (2):
  • 2014/11 - 2017/12 日仏美術学会 実行委員
  • 2012/04 - 2013/08 美術史学会 東支部編集事務局幹事
Awards (1):
  • 2011/05 - 鹿島美術財団 第18回鹿島美術財団賞
Association Membership(s) (5):
日仏会館 ,  18世紀学会 ,  COLLEGIUM MEDITERRANISTARUM ,  日仏美術学会 ,  THE JAPAN ART HISTORY SOCIETY
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page