Rchr
J-GLOBAL ID:201901012810014311   Update date: Feb. 02, 2024

Gosuke Sato

Gosuke Sato
Affiliation and department:
Research field  (2): Rehabilitation science ,  Nutrition and health science
Research keywords  (5): Non-invasive brain stimulation ,  Rehabilitation ,  Physical therapy ,  Pain ,  Spinal cord injury
Research theme for competitive and other funds  (4):
  • 2021 - 2024 The effects of transcranial alternating current stimulation on neuropathic pain and resting electroencephalography after spinal cord injury.
  • 2018 - 2019 経頭蓋直流電気刺激が実験的疼痛に及ぼす効果の検証
  • 2017 - 2018 経頭蓋直流電気刺激と有酸素運動の併用介入が脊髄損傷後疼痛に及ぼす効果の検証
  • 2011 - 2014 脊髄損傷データベースの開発
Papers (19):
  • Gosuke Sato, Michihiro Osumi, Ryo Mikami, Shu Morioka. Long-term physical therapy for neuropathic pain after cervical spinal cord injury and resting state electroencephalography: a case report. Spinal Cord Series and Cases. 2022. 8. 41. 41-41
  • Yoichi Tanaka, Hayato Shigetoh, Gosuke Sato, Ren Fujii, Ryota Imai, Michihiro Osumi, Shu Morioka. Classification of circadian pain rhythms and pain characteristics in chronic pain patients: An observational study. Medicine. 2021. 100. 25. e26500
  • Yoichi Tanaka, Gosuke Sato, Ryota Imai, Michihiro Osumi, Hayato Shigetoh, Ren Fujii, Shu Morioka. Effectiveness of patient education focusing on circadian pain rhythms: A case report and review of literature. World journal of clinical cases. 2021. 9. 17. 4441-4452
  • Michihiro Osumi, Masahiko Sumitani, Satoshi Nobusako, Gosuke Sato, Shu Morioka. Pain quality of thermal grill illusion is similar to that of central neuropathic pain rather than peripheral neuropathic pain. Scandinavian journal of pain. 2021. 22. 1. 40-47
  • Gosuke Sato, Michihiro Osumi, Satoshi Nobusako, Shu Morioka. The effects of transcranial direct current stimulation combined with aerobic exercise on pain thresholds and electroencephalography in healthy adults. Pain medicine (Malden, Mass.). 2021. 22. 9. 2057-2067
more...
MISC (46):
Books (6):
  • 標準理学療法学 運動療法学 各論 第5版
    医学書院 2023
  • 標準理学療法学 神経理学療法学 第3版
    医学書院 2022
  • 脊髄損傷に対するPT・OTアプローチ
    MEDICAL VIEW 2022
  • 物理療法学テキスト
    南江堂 2021 ISBN:9784524251797
  • 脳とこころから考えるペインリハビリテーション : ひとをみるという志向性
    杏林書院 2020 ISBN:9784764400740
more...
Lectures and oral presentations  (7):
  • 脊椎・脊髄疾患に由来する痛み
    (第26回日本ペインリハビリテーション学会学術大会 2022)
  • 痛み
    (第28回脊髄損傷理学療法研究会 2022)
  • 脊髄損傷者とCOVID-19
    (第28回脊髄損傷理学療法研究会 2022)
  • 脊髄障害に伴う痛み痺れの概要と最新知見
    (第25回脊髄損傷理学療法研究会 2017)
  • 精神ケア 脊髄損傷者のリハビリテーションの立場から
    (日本理学療法学生交流会 2013)
more...
Education (3):
  • 2013 - 2017 畿央大学大学院健康科学研究科健康リハビリテーション科学専攻博士後期課程修了 (健康科学博士)
  • 2009 - 2011 Kio University
  • - 2002 行岡リハビリテーション専門学校 卒業
Professional career (1):
  • 博士(健康科学) (畿央大学大学院)
Work history (6):
  • 2023/04 - 現在 Kio University
  • 2022/04 - 現在 国際医学技術専門学校 非常勤講師
  • 2021/04 - 現在 畿央大学大学院 健康科学研究科 客員准教授
  • 2019 - 現在 奈良県総合医療センター リハビリテーション部
  • 2017/04 - 2021/03 Kio University
Show all
Committee career (6):
  • 2023/09 - 現在 脊髄損傷理学療法研究会 副会長
  • 2022/09 - 現在 日本ペインリハビリテーション学会 理事
  • 2021 - 現在 脊髄損傷理学療法研究会 運営幹事
  • 2014 - 現在 日本ペインリハビリテーション学会 代議員
  • 2021 - 日本神経理学療法学会 評議員
Show all
Awards (2):
  • 2015 - 日本ペインリハビリテーション学会 第20回ペインリハビリテーション学会学術大会 最優秀賞
  • 2003 - 奈良県理学療法士協会 第13回奈良県理学療法士学会 新人賞
Association Membership(s) (6):
日本呼吸理学療法学会 ,  日本支援工学理学療法学会 ,  脊髄損傷理学療法研究会 ,  日本ペインリハビリテーション学会 ,  日本脊髄障害医学会 ,  日本神経理学療法学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page