Rchr
J-GLOBAL ID:201901013219188978   Update date: Aug. 30, 2021

TAKABE Isao

タカベ イサオ | TAKABE Isao
Affiliation and department:
Homepage URL  (1): https://www.ris.ac.jp/ds/staff/009_isao-takabe.html
Research field  (3): Economic statistics ,  Statistical science ,  Applied mathematics and statistics
Research keywords  (11): データサイエンス ,  官庁統計 ,  経済統計 ,  統計科学 ,  統計学 ,  ミクロデータ ,  状態空間モデル ,  時系列解析 ,  公的統計 ,  データリンケージ ,  統計的マッチング
Research theme for competitive and other funds  (1):
  • 2021 - 2022 統計データ利活用推進に資する擬似的なミクロデータの作成方法に関する研究
Papers (6):
more...
MISC (31):
  • 高部勲. 季節調整法プログラムDECOMPの変更とX12-ARIMAとの比較について. ESTRELA. 2021. 328. 24-27
  • 高部勲. 統計データ利活用センターにおける研究機関・地方自治体との公的統計ミクロデータを活用した共同研究の取組について. 統計. 2021. 32-38
  • 木村敦, 高部勲. 家計消費データから見る日本の食料嗜好地域性:人文社会系知見との連携も見据えて. ESTRELA. 2021. 324. 36-42
  • 高部勲. 和歌山データラボ:釣り人気全国でも上位、豊富な海洋資源が影響. 毎日新聞(和歌山版). 2020
  • 高部勲, 徳冨智哉. 公的統計ミクロデータ等に基づくSynthetic Dataの作成及び分析の試み. ESTRELA. 2020. 321. 19-24
more...
Books (1):
  • 統計データの理論と実際
    日本統計協会 2017 ISBN:9784822339470
Lectures and oral presentations  (29):
  • 公的統計ミクロデータの利活用推進に資する疑似データ活用の可能性
    (2021年度統計関連学会連合大会 2021)
  • 公的統計ミクロデータの利活用推進に資する疑似データ活用の可能性:現行制度に即した疑似データの作成・提供方法の検討
    (経済統計学会2021年(第65回)全国研究大会 2021)
  • 我が国の公的統計ミクロデータ利活用の動向及び香川大学オンサイト施設への期待
    (香川大学公的ミクロデータオンサイト施設設置記念オープンセレモニー講演 2021)
  • 公的ミクロデータのオンサイト利用の紹介
    (令和2年度革新的自殺研究推進プログラム「行政における統計データの利活用の推進に関する研究」 第1回ワークショップ 2021)
  • 多項ロジットモデルに基づく公的統計データ及び企業データの統計的マッチング・データ融合
    (科研費シンポジウム「機械学習・統計学・最適化の数理とAI技術への展開」 2020)
more...
Education (4):
  • 2016 - 2019 The Graduate University for Advanced Studies Department of Statistical Science
  • 2007 - 2008 National Graduate Institute for Policy Studies
  • 2001 - 2002 Waseda University
  • 1997 - 2001 Waseda University
Professional career (2):
  • 博士(統計科学) (総合研究大学院大学)
  • 修士(公共政策) (政策研究大学院大学)
Work history (23):
  • 2021/06 - 現在 Statistical Research and Training Institute
  • 2021/04 - 現在 Rissho University
  • 2021/04 - 現在 Rissho University
  • 2021/04 - 現在 Shiga University
  • 2021/04 - 現在 Rissho University Faculty of Date Science
Show all
Committee career (13):
  • 2021/08 - 現在 和歌山県 データ利活用アドバザリーボード委員
  • 2021/06 - 現在 2021年度統計関連学会連合大会 プログラム委員会委員
  • 2021/06 - 現在 日本統計学会 大会委員会委員
  • 2021/06 - 現在 日本統計学会 統計教育委員会委員
  • 2021/04 - 現在 ISO TC69/SC7,SC8 国内委員会 委員
Show all
Awards (3):
  • 2019/03 - 統計数理研究所 優秀学生賞
  • 2018/03 - 日本統計学会 第12回日本統計学会春季集会優秀発表賞
  • 2015/08 - 日本統計学会 統計検定RSS/JSS試験優秀成績賞
Association Membership(s) (6):
人工知能学会 ,  the Japanese Classification Society ,  JAFEE ,  JAPAN SOCIETY OF ECONOMIC STATISTICS ,  社会調査協会 ,  THE JAPAN STATISTICAL SOCIETY
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page