Rchr
J-GLOBAL ID:201901013775560100   Update date: Apr. 07, 2021

Isomura Kazuki

イソムラ カズキ | Isomura Kazuki
Affiliation and department:
Research field  (1): Architectural and city planning
Research keywords  (6): まちづくり ,  防災 ,  復興 ,  復元模型 ,  南海トラフ地震 ,  東日本大震災
Research theme for competitive and other funds  (5):
  • 2018 - 2019 街の復元模型制作による、福島県原発避難自治体の文化復興支援の取り組み
  • 2017 - 2018 街の復元模型制作による、福島県原発避難自治体の文化復興支援の取り組み
  • 2016 - 2018 「大沢まちづくり会議」「大沢カエル教室」
  • 2016 - 2017 街の復元模型制作による、福島県原発避難自治体の文化復興支援の取り組み
  • 2014 - 2015 宮城県気仙沼市大沢地区のコミュニティを再生・維持・開発していくためのワークショップ活動
Papers (3):
MISC (12):
  • Kazuki Isomura, Takayuki Tomobuchi, Osamu Tsukihashi. Results and Problems of “Restoration Model” Workshops for Bridging Local Space in Pre- and Post-Disasters. 2020. 8-9
  • ISOMURA Kazuki, KIM Minsuk, TSUKIHASHI Osamu, MAKI Norio. Activities for bridging community life in pre- and post-disasters in Fukura District, Minamiawaji City. 2020. 567-568
  • Sotaro SHITE, Kazuki ISOMURA, Norio MAKI, Minsuk KIM, Osamu TSUKIHASHI. The Classification of Pre-Disaster Regions in the Great East Japan Earthquake Stricken Area -Using Testimonies recorded in the "Town of Memories Workshop" in Iwate Prefecture. Proceedings of the Annual Conference of the Institute of Social Safety Science. 2020. 46. 107-110
  • 磯村 和樹. 「失われた街」模型復元プロジェクトの現在 -震災復興における被災前の復元模型の活かし方とその課題-. 東日本大震災復興・後方支援フリーペーパー Antenna. 2018. 26. 4-7
  • 槻橋 修, 友渕 貴之, 磯村 和樹. 「失われた街」模型復元プロジェクト:活動と展開. 日本建築学会農村計画部門研究協議会資料. 2018. 35-38
more...
Books (3):
  • 南海トラフ地震に対する復興グランドデザインと事前復興計画のあり方 研究調査報告書
    公益財団法人ひょうご震災記念21世紀研究機構 研究戦略センター発行 2018
  • 南海トラフ地震に対する復興グランドデザインと事前復興計画のあり方 研究調査中間報告書
    公益財団法人ひょうご震災記念21世紀研究機構 研究戦略センター発行 2017
  • アーキエイド5年間の記録 東日本大震災と建築家のボランタリーな復興活動
    フリックスタジオ 2016
Lectures and oral presentations  (5):
  • 「学校の日常生活から考える防災」ワークショップの体験
    (南あわじ市教育委員会 職員研修(スクールチャレンジ事業) 2020)
  • “ふくらいふ”の活動とその成果活用にむけて
    (南あわじ市教育委員会 職員研修(スクールチャレンジ事業) 2020)
  • 模型復元ワークショップによる復興支援活動と防災・減災活用に向けて
    (第257回神戸大学RCUSSオープンゼミナール 2020)
  • 南あわじ市における事前復興の試み
    (日本建築学会事前復興・災害対策小委員会 福島復興の環境都市計画の視点からの検証及び災害復興準備に関する公開研究会 2018)
  • 「失われた街」模型復元プロジェクトと活動の中で得られた 「つぶやき」と「記憶の旗」
    (第4回関西災害アーカイブ研究会(日本災害復興学会 被災の教訓を未来に伝える研究会) 2017)
Education (4):
  • 2015 - 2020 Kobe University Department of Architecture
  • 2013 - 2015 Kobe University Department of Architecture
  • 2010 - 2013 Kobe University Department of Architecture
  • 2005 - 2010 Tokuyama College of Technology
Professional career (1):
  • 博士(工学) (神戸大学)
Work history (6):
  • 2021/04 - 現在 Graduate School of Engineering, Kobe University Technical Division Technical Staff
  • 2015/10 - 現在 一般社団法人 ふるさとの記憶ラボ 代表理事
  • 2020/04 - 2021/03 Hyogo Earthquake Memorial 21st Century Research Institute Research Strategy Center Senior Researcher
  • 2020/02 - 2020/03 Hyogo Earthquake Memorial 21st Century Reseach Institute Research Strategy Center Researcher
  • 2018/04 - 2020/03 Kyoto University Disaster Prevention Research Institute
Show all
Committee career (2):
  • 2019/05 - 現在 南あわじ市 福良地区円卓会議 委員
  • 2017/04 - 2019/03 日本災害復興学会 関西災害アーカイブ研究会 会員
Association Membership(s) (4):
INSTITUTE OF SOCIAL SAFETY SCIENCE ,  JAPAN SOCIETY FOR DISASTER RECOVERY AND REVITALIZATION ,  THE CITY PLANNING INSTITUTE OF JAPAN ,  ARCHITECTURAL INSTITUTE OF JAPAN
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page