Rchr
J-GLOBAL ID:201901013821064910   Update date: Jul. 26, 2021

Bun Aoyama

Bun Aoyama
Affiliation and department:
Research field  (4): Anesthesiology ,  Anesthesiology ,  Clinical pharmacy ,  Anesthesiology
Research keywords  (8): 術後せん妄 ,  ミクログリア ,  脳内神経炎症 ,  神経ステロイド ,  慢性痛 ,  高齢者 ,  運動による疼痛緩和 ,  院内急変時の応援要請番号統一化
Research theme for competitive and other funds  (5):
  • 2021 - 2023 A novel therapeutic strategy for postoperative delirium using neurosteroids and elucidation of its mechanism of action
  • 2020 - 2021 分子生物学に基づく神経ステロイド(Allopregnanolone)が術後せん妄の抑制に寄与する機構の解明- 高齢ラット開腹手術モデルでの検討 -
  • 2020 - 2021 分子生物学に基づくAllopregnanoloneが術後せん妄の抑制に寄与する機構の解明
  • 2018 - 2021 術後せん妄に対する新規治療としての神経ステロイドの有効性
  • 2019 - 術後せん妄様行動に及ぼす脳内神経炎症の影響-ラット開腹手術モデルでの検討-
Papers (16):
  • Aoyama B, Yatabe T, Locatelli FM, Minami M, Suganuma N, Hore P, Whitaker D, Kawano T. Current status of variations in in-hospital cardiac arrest call numbers in Japan: a nationwide survey. Journal of Anesthesia. 2021
  • 勝又 祥文, 矢田部 智昭, 北川 博之, 青山 文, 立岩 浩規, 中越 菜月, 横山 正尚. 心肺停止に至った非閉塞性腸間膜虚血症に対してベッドサイドで壊死腸管切除術を施行し救命し得た一例. 日本集中治療医学会雑誌. 2020. 27. 6. 477-478
  • 青山 文, 矢田部智昭, 田所司, 中越菜月, 西垣厚, 勝又祥文, 立岩浩規, 横山正尚. 間接熱量計を用いて緊急手術後の栄養療法を行った著明なるいそうを呈する神経性食思不振症の一例. 日本集中治療医学会雑誌. 2020. 27. 5. 419-420
  • Marie Shigematsu-Locatelli, Takashi Kawano, Tsuyoshi Koyama, Hideki Iwata, Atsushi Nishigaki, Bun Aoyama, Hiroki Tateiwa, Noriko Kitaoka, Masataka Yokoyama. Therapeutic experience with tramadol for opioid dependence in a patient with chronic low back pain: a case report. JA Clinical Reports. 2019. 5. 1
  • Yuma Hosokawa, Hitoshi Fukuda, Naoki Fukui, Fumihiro Hamada, Tomoaki Yatabe, Bun Aoyama, Yu Hoashi, Shinya Higuchi, Yusuke Ueba, Tomoki Furushima, et al. [Failed Surgical Clipping of a Posterior Communicating Artery Aneurysm with Oculomotor Nerve Palsy due to Ventricular Tachycardia:Validity of Endovascular Coiling in the Hybrid Operating Room]. No shinkei geka. Neurological surgery. 2019. 47. 8. 877-882
more...
Books (7):
  • 周術期管理チームテキスト 第 4 版
    公益社団法人 日本麻酔科学会 2021
  • 認知症ハンドブック第2版
    医学書院, 東京 2020
  • 麻酔科医のための周術期の診療ガイドライン活用術
    医学書院, 東京 2020
  • OPE NURSING 2019 vol.34 no.12
    メディカ出版, 大阪 2019
  • 麻酔科医のためのリスクを有する患者の周術期管理
    中山書店,東京 2018
more...
Lectures and oral presentations  (15):
  • THE RESULT OF A SURVEY ON IN-HOSPITAL CARDIAC ARREST CALL NUMBERS IN JAPAN.
    (World Congress of Intensive Care 2019, Melbourne, Australia)
  • 術後脳内神経炎症反応の経時的変化 -高齢ラット開腹手術モデルでの検討-
    (優秀演題選考セクション 第48回日本集中治療医学会学術集会 2021)
  • スイーツセミナー;術後せん妄対策 - 麻酔科医の視点から -
    (高知大学せん妄プロジェクト2017-中間報告会- 2019)
  • チーム医療で取り組む術後せん妄対策 : 麻酔科医による術後せん妄対策
    (日本麻酔科学会第 66 回学術集会 2019)
  • 院内患者急変時における応援要請体制に関するアンケート調査報告
    (日本麻酔科学会第 66 回学術集会)
more...
Education (2):
  • 2016 - 2020 高知大学大学院 医学専攻
  • 2004 - 2010 Kochi University Medical Course
Professional career (1):
  • 医学博士 (高知大学)
Work history (5):
  • 2021/02 - 現在 Kochi Medical School Department of Anesthesiology and Intensive Care Medicine
  • 2016/07 - 2021/01 Kochi Medical School Department of Anesthesiology and Intensive Care Medicine
  • 2016/04 - 2016/06 高知大学医学部 麻酔科学・集中治療医学講座
  • 2012/04 - 2016/03 広島市立広島市民病院 麻酔・集中治療科
  • 2010/04 - 2012/03 高知大学医学部附属病院初期研修医
Awards (7):
  • 2021/07 - Japanese Society for Neuroscience in Anesthesiology and Critical Care The 25th Annual Meeting of Japanese Society for Neuroscience in Anesthesiology and Critical Care, Best presentation award Effects of the allopregnanolone as a novel treatment for postoperative delirium in aged rats
  • 2020/03 - 高知大学 令和元年度高知大学研究顕彰制度大学院生研究奨励賞
  • 2019/03 - 15th Japanese Society for Neuroscience in Anesthesiology and Critical Care Award Role of neurosteroid allopregnanolone on age-related differences in exercise-induced hypoalgesia in rats
  • 2018/05 - 日本麻酔科学会 日本麻酔科学会第65回学術集会 優秀演題賞 術後せん妄様行動に及ぼす脳内神経炎症の影響 -ラット開腹手術モデルでの検討-
  • 2018/03 - 高知大学医学部 高知大学医学部附属病院 優秀指導医賞
Show all
Association Membership(s) (6):
日本区域麻酔学会 ,  日本小児麻酔学会 ,  日本神経麻酔集中治療学会 ,  日本集中治療医学会 ,  日本心臓血管麻酔学会 ,  日本麻酔科学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page