Rchr
J-GLOBAL ID:201901013847355131   Update date: Jun. 17, 2020

Uno Tomohiro

ウノ トモヒロ | Uno Tomohiro
Research field  (3): Orthopedics ,  Orthopedics ,  Orthopedics
Research keywords  (4): baseball ,  regeneration ,  elbow ,  shoulder
Papers (35):
  • 遠藤 誠一, 村 成幸, 宇野 智洋, 結城 一声, 井上 林, 吉岡 信弥, 高木 理彰. 凍結肩に対する超音波ガイド下C5-6神経根ブロックを用いた非観血的授動術後治療遷延例の特徴. 東北整形災害外科学会雑誌. 2019. 62. 1. 19-21
  • 佐竹 寛史, 長沼 靖, 澁谷 純一郎, 本間 龍介, 高原 大一郎, 丸山 真博, 高木 理彰, 花香 直美, 豊野 修二, 石垣 大介, 高原 政利, 門馬 亮介, 渡邉 忠良, 井上 林, 宇野 智洋. 小児骨折 小児上腕骨顆上・外側顆骨折の治療. 東北整形災害外科学会雑誌. 2019. 62. 1. 136-137
  • 宇野 智洋, 村 成幸, 遠藤 誠一, 井上 林, 吉岡 信弥, 結城 一声, 高木 理彰. 鏡視下腱板修復術における腕神経叢ブロックの単回と持続との比較. 東北整形災害外科学会雑誌. 2019. 62. 1. 188-189
  • 宇野 智洋, 村 成幸, 結城 一声, 高木 理彰. 外傷性肩関節前方不安定症に対するノットレスDAFF法による鏡視下Bankart修復術前後における肩甲骨関節窩骨欠損の比較. JOSKAS. 2019. 44. 4. 319-319
  • 結城 一声, 村 成幸, 宇野 智洋, 鈴木 朱美, 高木 理彰. ノットレスDAFF法による鏡視下Bankart修復術後のアンカー骨孔及び肩甲骨関節窩形態の検討. JOSKAS. 2019. 44. 4. 319-319
more...
MISC (115):
  • Tomohiro Uno, Nariyuki Mura, Issei Yuki, Ryuta Ohishi, Seiichi Endo, Michiaki Takagi. The factors for poor rotator cuff integrity at one year after arthroscopic rotator cuff repair. ORS 2020 annual meeting. 2020
  • 宇野智洋, 宇野智洋, 村成幸, 結城一声, 鈴木朱美, 高木理彰. 還暦・古希野球選手の投球側肩に対する関節鏡視下腱板修復術の成績. 日本整形外科スポーツ医学会雑誌. 2019. 39. 4. 695-695
  • 結城一声, 鈴木朱美, 遠藤誠一, 宇野智洋, 佐竹寛史, 高木理彰. リバース型人工肩関節全置換術後の筋力回復. 東日本整形災害外科学会雑誌. 2019. 31. 3. 432-432
  • 遠藤 誠一, 村 成幸, 宇野 智洋, 井上 林, 吉岡 信弥, 結城 一声, 高木 理彰. 凍結肩に対する超音波ガイド下C5-6神経根ブロックを用いた非観血的授動術成績不良例の検討. 東北整形災害外科学会雑誌. 2019. 62. 1. 189-189
  • 丸山 真博, 佐竹 寛史, 原田 幹生, 宇野 智洋, 高原 政利, 高木 理彰. 野球肘に対する治療戦略-現状と展望- 上腕骨小頭離断性骨軟骨炎に対する自家骨軟骨柱移植術の有効性と限界. JOSKAS. 2019. 44. 4. 185-185
more...
Association Membership(s) (8):
TOHOKU SOCIETY OF ORTHOPAEDICS AND TRAUMATOLOGY ,  JAPANESE ORTHOPAEDIC SOCIETY OF KNEE, ARTHROSCOPY AND SPORTS MEDICINE ,  THE JAPANESE SOCIETY OF CLINICAL SPORTS MEDICINE ,  THE JAPANESE ORTHOPAEDIC SOCIETY FOR SPORTS MEDICINE ,  JAPAN COLLEGE OF RHEUMATOLOGY ,  JAPAN ELBOW SOCIETY ,  JAPAN SHOULDER SOCIETY ,  THE JAPANESE ORTHOPAEDIC ASSOCIATION
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page