Rchr
J-GLOBAL ID:201901013901696608   Update date: Aug. 19, 2021

Morikawa Kozue

モリカワ コズエ | Morikawa Kozue
Affiliation and department:
Other affiliations (2):
Research field  (4): Aesthetic practices ,  Healthcare management, medical sociology ,  Social psychology ,  Hygiene and public health (non-laboratory)
Research keywords  (3): 音楽療法・舞踊療法 ,  ひきこもり・閉じこもり ,  希死念慮・自殺念慮
Papers (1):
  • The task and the outlook of home health care business in Japan. 2019. 1-87
MISC (6):
  • 森川梢, 野村恭子, 森川由基, 佐々木久長. 秋田県限界集落住民における過去1か月間の希死・自殺念慮に与えるリスク因子の検討. 東北公衆衛生学会誌. 2021. 70. 25-25
  • 森川梢, 森川由基, 森川伸治. COVID-19による人工的ひきこもりとフレイルとの関連. 日本柔道整復接骨医学会学術大会プログラム・抄録集. 2021. 29th
  • 森川梢, 野村恭子, 森川由基, YONG Roseline, 佐々木久長. 秋田県北部A町住民における過去1か月間の希死念慮に与えるリスク因子の検討. 日本公衆衛生学会総会抄録集. 2020. 79th
  • 森川由基, 森川梢, 野村恭子, 肌附英幸. 災害による長期停電中に救急搬送を要した在宅療養患者とその対応~在宅看取り患者のトリアージに関する一考察~. 日本在宅医療連合学会大会プログラム・講演抄録集. 2020. 2nd
  • 森川梢, 森川由基, YONG Roseline, 野村恭子. ひきこもり(Hikikomori)当事者に対する在宅医療の介入とその重要性. 日本在宅医療連合学会大会プログラム・講演抄録集. 2020. 2nd
more...
Lectures and oral presentations  (9):
  • 秋田県限界集落住民における過去1か月間の希死・自殺念慮に与えるリスク因子の検討
    (第70回東北公衆衛生学会学術大会, Web(秋田) 2021)
  • COVID-19の現状とワクチン
    (青菱クラブ例会 web講演 2021)
  • COVID-19による人工的ひきこもりとフレイルとの関連
    (第29回日本柔道整復接骨医学会学術大会, Web(東京) 2021)
  • コロナとココロ
    (第2回 武蔵野音楽大学交流会@Web 2020)
  • 秋田県北部A町住民における過去1か月間の希死念慮に与えるリスク因子の検討
    (第79回日本公衆衛生学会総会, Web(京都) 2020)
more...
Education (3):
  • 2019 - 現在 Akita University Doctoral Course in Medicine
  • 2017 - 2019 Nihon University International Political Science and Economics
  • 1997 - 2001 Musashino Academia Musicae Instrumental Music Course
Professional career (2):
  • 修士(国際情報) (日本大学)
  • 学士(音楽) (武蔵野音楽大学)
Work history (1):
  • 2021/04 - 現在 Teikyo Heisei University
Association Membership(s) (5):
日仏経営学会 ,  日本柔道整復接骨医学会 ,  日本公衆衛生学会 ,  みんなの認知症情報学会 ,  日本在宅医療連合学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page