Rchr
J-GLOBAL ID:201901014432583860   Update date: Sep. 03, 2020

Matsumoto Yusuke

Matsumoto Yusuke
Affiliation and department:
Research field  (1): Virology
Research keywords  (1): Virology
Research theme for competitive and other funds  (4):
  • 2017 - 2020 クリミア・コンゴ出血熱ウイルスモデル・ハザラウイルスを使用した増殖機構の解明
  • 2016 - 2019 パラミクソウイルスのリーダー配列と細胞障害性の関係を探る
  • 2015 - 2016 感染初期に注目したセンダイウイルス持続感染細胞における重感染阻止機構の解明
  • モデルウイルスを用いたクリミア・コンゴ出血熱ウイルスの病原性解析
Papers (27):
MISC (6):
  • 本田知之, 松本祐介, 牧野晶子, 藤野 寛, 惣福 梢, 中村祥子, 朝長啓造. ボルナウイルス 感染細胞における核内ウイルスRNP の制御機構の解明. 第35回日本分子生物学会年会. 福岡 2012 年12月11-14日. 2012
  • 本田知之, 松本祐介, 牧野晶子, 藤野 寛, 惣福 梢, 中村祥子, 朝長啓造. ボルナ病ウイル ス核内構造物の存在意義の解明. 第60回日本ウイルス学会学術集会. 大阪 2012 年 11月13-15日. 2012
  • 藤野 寛, 堀江真行, 本田知之, 大東卓史, 松本祐介, 朝長啓造. 内在性ボルナウイルスEBLN の発現によるボルナ病ウイルスの感染阻害. 第153 回日本獣医学会学術集会. 埼玉2012 年3月27-29日. 2012
  • Honda T, Matsumoto Y, Makino A, Fujino K, Sofiiku K, Nakamura S, Tomonaga K. Characterization of Borna disease virus-induced RNA speckles in the nucleus. The 11th Awaji International Forum on Infection and Immunity. 11-14 September 2012. 2012
  • Matsumoto Y, Fujino K, Horie M, Nakamura S, Honda T, Schwemmle M, Tomonaga K. Intranuclear persistence of Borna disease virus shows a novel life cycle of RNA virus using host chromosome. The 10th International Student Seminar. Kyoto, 5-8 March 2012. 2012
more...
Association Membership(s) (1):
THE JAPANESE SOCIETY FOR VIROLOGY
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page