Rchr
J-GLOBAL ID:201901014873694331   Update date: Apr. 01, 2021

Takeshi Miyata

Takeshi Miyata
Affiliation and department:
Research field  (4): Veterinary medicine ,  Veterinary medicine ,  Veterinary medicine ,  Parasitology
Research keywords  (5): molecular desgin ,  subunit ,  malaria ,  parasite ,  vaccine
Research theme for competitive and other funds  (8):
  • 2019 - 2022 Development of Functional Protein Nanobuilding Block Complexes and their Applications
  • 2017 - 2020 Development of advanced pseud-parasite with self-assembly-nanoparts (SNAP) for subunit vaccines
  • 2016 - 2019 Creation of vaccines and RNA acaricides targeting tick antioxidative molecules for controlling ticks
  • 2014 - 2017 A New nanoparticle glycogen for development of vaccine against malaria
  • 2012 - 2014 DNA macromolecule as a vaccine antigen scaffold for organization of the antigens into repetitively ordered arrays
Show all
Papers (37):
more...
MISC (80):
Patents (7):
more...
Books (3):
  • ラクトフェリンの基盤的基礎研究の深化と応用開発研究の進化
    アイ・ケイコーポレーション 2019 ISBN:9784874923672
  • スマートセルインダストリー : 微生物細胞を用いた物質生産の展望
    シーエムシー出版 2018 ISBN:9784781313344
  • アジュバント開発研究の新展開
    シーエムシー出版 2017 ISBN:9784781312149
Lectures and oral presentations  (5):
  • 高分子量化技術を活用した効果的なサブユニットワクチンの可能性
    (第32回 日本動物細胞工学会2019年度大会 2019)
  • アニオン性タンパク質ナノ粒子TIP60とカチオン性タンパク質の相互解析
    (日本化学会 第99春季年会 2019)
  • 酵素反応を利用した分子デザインによる機能性ワクチン抗原の作製とマラリアワクチンへの応用
    (第22回日本ワクチン学会学術集会 2018)
  • 会合体を用いた新規ワクチンプラットフォームの創製
    (第27回繊維学会西部支部セミナー 2017)
  • タンパク質集合系を利用した新しいワクチンプラットフォームの構築
    (第67回日本生物工学会大会 2015)
Professional career (1):
  • 博士(薬学)
Awards (1):
  • 2018/10 - 日本ラクトフェリン学会 日本ラクトフェリン学会賞 冨田賞 ウシラクトフェリン (bLF) のマラリア原虫増殖阻害機能
Association Membership(s) (4):
日本ラクトフェリン学会 ,  JAPAN SOCIETY FOR LACTIC ACID BACTERIA ,  THE JAPANESE SOCIETY OF PARASITOLOGY ,  THE JAPANESE SOCIETY FOR VACCINOLOGY
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page