Rchr
J-GLOBAL ID:201901015236293915   Update date: May. 16, 2020

Nakano Ryuki

ナカノ リュウキ | Nakano Ryuki
Affiliation and department:
Other affiliations (2):
Research field  (1): Cultural anthropology and folklore
Research keywords  (7): 言語政策 ,  ラテンアメリカ ,  多言語社会 ,  民族誌 ,  教育人類学 ,  言語人類学 ,  文化人類学
Research theme for competitive and other funds  (3):
  • 2017 - 2020 差異の生成に関する言語人類学的研究:ボリビア東部低地の先住民言語政策とその帰結
  • 2015 - 2017 ベシロ語の生成と変遷に関する言語人類学的研究:ボリビア東部低地の歴史と現在
  • 2016 - ボリビア東部低地におけるベシロ語の生成に関する言語人類学的研究
Papers (3):
  • Ryuki Nakano. La regeneración del sermón chiquitano : el cruce de la educación intercultural bilingüe y la práctica religiosa del pueblo indígena chiquitano de la región chiquitania, Bolivia. Perspectivas Latinoamericanas. 2020. 15-16. 1-19
  • 中野隆基. 制度的場をめぐる多言語社会研究に向けて. 社会言語科学. 2016. 19. 1. 21-37
  • 中野隆基. ¿Conflictos o Diálogos?; Un Informe sobre el Proceso Actual de la Educación Intercultural Bilingüe del Pueblo Chiquitano en la Región Chiquitania, Bolivia. Perspectivas Latinoamericanas. 2016. 13. 185-198
MISC (2):
  • 中野隆基. 書評 Bret Gustafson, "Nuevas Lenguas del Estado: El Pueblo Guaraní y la Educación Indígena en Bolivia [Traducción al Español de Rose Marie Vargas], (La Paz: Plural Editores, 2015)", 348p. イベロアメリカ研究. 2018. 78. 77-81
  • 中野隆基. 書評 松川恭子『「私たちのことば」の行方:インド・ゴア社会における多言語状況の文化人類学』. 文化人類学. 2016. 81. 1. 123-125
Books (1):
  • 『ボリビアの先住民と言語教育:あるベシロ語(チキタノ語)教師との出会い』
    風響社 2019
Lectures and oral presentations  (10):
  • 「ボリビアの教育に現れる統一化と多様化の動き:学校教育における歌の役割に着目して」、企画パネル「ラテンアメリカにおける教育の標準化、統一化と多様化:ペルー、ボリビア、エクアドルを事例に」、明治大学駿河台キャンパス、2019年10月26日。
    (日本ラテンアメリカ学会東日本研究部会(第一回研究会) 2019)
  • 「企画パネル開会の言葉ならびに趣旨説明」、企画パネル「ラテンアメリカにおける教育の標準化、統一化と多様化:ペルー、ボリビア、エクアドルを事例に」、明治大学駿河台キャンパス、2019年10月26日。
    (日本ラテンアメリカ学会東日本研究部会(第一回研究会) 2019)
  • "Unos Apuntes sobre la Educación del Idioma Bésiro y el Rol del Etnógrafo: Hacia una Articulación de los Conocimientos por la Revitalización Lingüística"
    (Tierras bajas: III Jornadas de Antropología, Historia y Arqueología 2018)
  • 儀礼的発話としてのベシロ語の「説教」の生成と翻訳: ボリビア東部低地コンセプシオン市における歴史・文字・教育政策の交差する場で
    (第76回多言語社会研究会(東京例会) 2018)
  • "Un Informe sobre el Proceso de la Educación Intercultural Bilingüe y la Práctica Religiosa del Pueblo Indígena Chiquitano de la Región Chiquitania, Bolivia"
    (XXX Congreso de la Confederación Académica Nipona, Española y Latinoamericana (CANELA) 2018)
more...
Education (4):
  • 2015 - 2020 東京大学大学院 超域文化科学専攻 文化人類学コース 博士課程
  • 2013 - 2015 東京大学大学院 超域文化科学専攻 文化人類学コース 修士課程
  • 2007 - 2013 Osaka University
  • 2011 - 2012 Universidad Mayor de San Andrés (Bolivia) Carrera de Antropología
Professional career (2):
  • 学士(言語・文化) (大阪大学)
  • 修士(学術) (東京大学大学院)
Work history (4):
  • 2020/04 - 現在 明星大学教育学部教育学科 全学共通教育委員会 常勤講師
  • 2019/04 - 現在 Sophia University Center for Language Education and Research
  • 2018/10 - 現在 Tokyo University of Marine Science and Technology Faculty of Marine Technology
  • 2017/04 - 2020/03 日本学術振興会 特別研究員DC1
Committee career (2):
  • 2020/04 - 現在 明星大学 全学共通教育委員会
  • 2019/04 - 現在 日本ラテンアメリカ学会 東日本研究部会運営委員
Association Membership(s) (4):
CANELA日本・スペイン・ラテンアメリカ学会 ,  JAPAN ASSOCIATION FOR LATIN AMERICAN STUDIES ,  THE JAPANESE SOCIETY OF CULTURAL ANTHROPOLOGY ,  JAPANESE ASSOCIATION OF THE SOCIOLINGUISTIC SCIENCES
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page