Rchr
J-GLOBAL ID:201901015685863416   Update date: Apr. 08, 2021

Yumi Okano

Yumi Okano
Affiliation and department:
Research field  (2): Special needs education ,  Rehabilitation science
Research keywords  (5): 言語聴覚療法 ,  難聴 ,  聴覚障害児教育 ,  聴覚障害 ,  一側性難聴
Research theme for competitive and other funds  (2):
  • 2019 - 2022 軽中等度難聴児の学齢期課題の発生機序と言語発達支援要件の検討に関する研究
  • 2018 - 2022 一側性難聴による障害実態の解明とエビデンスに基づいた支援プログラムの開発
Papers (14):
more...
MISC (3):
  • 岡野 由実, 廣田 栄子. 一側性難聴児の学校生活における実態調査 首都圏A県公立小学校の調査結果. コミュニケーション障害学. 2013. 30. 3. 182-182
  • 岡野 由実, 廣田 栄子, 原島 恒夫, 北 義子. 一側性難聴者の読話の利用および聴こえの自己評価に関する検討. リハビリテーション連携科学. 2013. 14. 1. 154-154
  • 岡野 由実, 廣田 栄子. 一側性難聴児の学校生活における実態調査 首都圏A県公立小学校の調査結果. 日本コミュニケーション障害学会学術講演会予稿集. 2013. 39回. 65-65
Lectures and oral presentations  (27):
  • 当クリニックにおける受診状況からみた言語聴覚療法・補聴器外来に対するニーズ調査
    (第63回日本音声言語医学会総会・学術講演会 2018)
  • TY-89による幼児用語音了解閾値検査の開発に関する検討
    (第63回日本聴覚医学会総会・学術講演会 2018)
  • 高齢期難聴者の聴覚障害による制約と参加に関する評価法の検討
    (第63回日本聴覚医学会総会・学術講演会 2018)
  • 一側性難聴者における障害の認識と対応行動による類型化と特徴
    (第63回日本聴覚医学会総会・学術講演会 2018)
  • 一側性難聴児の家族への助言:学童期から青年期を展望して
    (第13回日本小児耳鼻咽喉科学会総会・学術講演会 2018)
more...
Education (3):
  • 2015 - 2017 University of Tsukuba
  • 2011 - 2013 University of Tsukuba
  • 2003 - 2007 University of Tsukuba
Professional career (1):
  • 博士(リハビリテーション科学) (筑波大学)
Work history (7):
  • 2021/04 - 現在 Gumma Paz University
  • 2019/04 - 現在 Mejiro University Faculty of Health Sciences
  • 2019/10 - 2021/03 University of Tsukuba
  • 2014/04 - 2019/03 Mejiro University Faculty of Health Sciences, Department of Speech, Language and Hearing Therapy
  • 2011/04 - 2014/03 社会福祉法人同愛会 川崎市中央療育センター リハビリテーション部
Show all
Committee career (1):
  • 2017/04 - 現在 一般社団法人 埼玉県言語聴覚士会 理事
Awards (1):
  • 2012/05 - 日本コミュニケーション障害学会 研究助成金受賞
Association Membership(s) (6):
JAPAN SOCIETY FOR PEDIATRIC OTORHINOLARYNGOLOGY ,  日本言語聴覚士協会 ,  JAPAN ACADEMY FOR COMPREHENSIVE REHABILITATION ,  JAPANESE ASSOCIATION OF COMMUNICATION DISORDERS ,  THE JAPAN SOCIETY OF LOGOPEDICS AND PHONIATRICS ,  JAPAN AUDIOLOGICAL SOCIETY
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page