Rchr
J-GLOBAL ID:201901015976360764   Update date: Jun. 06, 2024

Okamura Kenta

Okamura Kenta
Affiliation and department:
Research field  (3): History of thought ,  Philosophy and ethics ,  Education - general
Research keywords  (11): 探究学習 ,  教員養成 ,  総合的な探究の時間 ,  生活科 ,  総合的な学習の時間 ,  社会的自我 ,  教師教育 ,  George Herbert Mead ,  教育学 ,  教育思想 ,  教育哲学
Papers (6):
  • 岡村健太. 教職課程科目「道徳教育の理論と実践」での学生間コミュニケーションにおけるICT活用の意義(実践報告). 教師教育研究(早稲田大学教師教育研究所紀要). 2022. 12. 50-58
  • 岡村 健太. G.H.ミードの思想におけるattitudeとroleの関係性に関する考察. 日本デューイ学会紀要. 2019. 60. 21-30
  • 木村 光男, 岡村 健太, 吉村知容. 生活科学習に生かす協働的な見取り-子ども理解の協議を通して-. せいかつか&そうごう. 2017. 24. 64-73
  • The Educational Significance of George Herbert Mead's "Taking the Attitude" : A Comparison of Mead's and Dewey's Concepts of Language. 2012. 53. 123-132
  • A study of G. H. Mead's theory of the social self: the reconsideration of the "I" concept through time theory. 2011. 52. 183-191
more...
MISC (11):
  • 岡村 健太, 藤井 邦臣, 久常 宏栄. 高等学校間連携による探究型授業実践の成果と意義 : 岡山県津山市内県立高等学校四校連携講座「地域創生学」の報告を通じて. 紀要VISIO. 2022. 53. 19-27
  • 岡村 健太. 被災地ボランティアと教育. 早稲田大学幼児教育研究所紀要. 2017. 3. 65-76
  • 岡村 健太. G.H.ミードの講義The Philosophy of Educationに関する一考察. 早稲田大学教育学会紀要. 2017. 19. 17-22
  • 岡村 健太. ターニングポイントとは何か. 児童教育(お茶の水女子大学附属小学校). 2014. 24. 13-16
  • 岡村 健太. G.H.ミード自我論の教育学的可能性に関する一考察. 早稲田大学教育学会紀要. 2014. 16. 33-38
more...
Books (5):
  • 生活科・総合的学習事典
    溪水社 2020
  • よくわかる教育学原論
    ミネルヴァ書房 2020 ISBN:9784623089758
  • こども家庭福祉(武田英樹、岡村健太、奥典之、北村博、蜂谷俊隆)
    豊岡短期大学 2019
  • 最新よくわかる教育の基礎
    学文社 2019 ISBN:9784762028700
  • 時代背景から読み解く西洋教育思想
    ミネルヴァ書房 2016 ISBN:9784623077120
Lectures and oral presentations  (4):
  • これからの教育に求められる「吟味する力」
    (令和3年度くまもと県民カレッジ「キャンパスパレア」 2021)
  • G.H.ミードの社会的自我論におけるanother ‘me’の意義
    (教育哲学会第55回大会(早稲田大学) 2012)
  • G.H.ミードの思考論における教育的意義
    (日本デューイ学会第56回大会(東洋大学) 2012)
  • G.H.ミードの教育論における意義に関する一考察
    (教育哲学会第54回大会(上越教育大学) 2011)
Education (3):
  • 2010 - 2013 Waseda University Graduate School of Education
  • 2008 - 2010 Waseda University Graduate School of Education
  • 2004 - 2008 Waseda University School of Education
Professional career (1):
  • 修士(教育学) (早稲田大学)
Work history (9):
  • 2024/04 - 現在 Kyushu Lutheran College Department of Humanities Department of Humanities
  • 2017/06 - 2024/04 Waseda University
  • 2021/04 - 2023/03 Kyushu Lutheran College Department of Humanities Department of Humanities
  • 2020/11 - 2022/03 Waseda University School of Education
  • 2020/04 - 2021/04 Mimasaka University Graduate School of Human Life Sciences
Show all
Committee career (13):
  • 2024/04 - 現在 大津町立大津南小学校学校運営協議会 委員
  • 2023/04 - 現在 熊本市小中一貫教育懇談会 座長
  • 2022/08 - 現在 やまと高等学校 運営指導委員
  • 2020/04 - 2021/03 勝央町立勝央中学校学校運営協議会 委員
  • 2019/03 - 2020/04 岡山県立玉島商業高等学校学校評議員会 委員
Show all
Association Membership(s) (7):
アメリカ教育史研究会 ,  THE JAPANESE SOCIETY FOR THE STUDY ON TEACHER EDUCATION ,  Japanese Association for the Study of Extracurricular Activities ,  JAPANESE SOCIETY FOR MORAL EDUCATION ,  JAPANESE ASSOCIATION FOR THE EDUCATION FOR LIVING ENVIRONMENT STUDIES AND INTEGRATED STUDIES ,  PHILOSOPHY OF EDUCATION SOCIETY OF JAPAN ,  JOHN DEWEY SOCIETY OF JAPAN
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page