Rchr
J-GLOBAL ID:201901016185610496   Update date: Jul. 10, 2024

Kohtaro Ito

イトウ コウタロウ | Kohtaro Ito
Affiliation and department:
Job title: Associate Professor
Other affiliations (2):
Research field  (3): Politics ,  Local studies ,  International relations
Research keywords  (7): National Security ,  South Korea ,  East Asia ,  インド太平洋 ,  South Korean Politics and Society ,  Policy Process ,  技術と安全保障
Research theme for competitive and other funds  (4):
  • 2020 - 2023 Study on Japan-South Korea Defense Cooperation: Post-Cold War to Present
  • 2018 - 2018 韓国防衛産業に関する研究-冷戦以後の韓国国防政策の変化を中心に-
  • 2008 - 2009 韓国の海外派兵政策
  • 2008 - 2009 「米国と同盟国との関係 -同盟国は米軍駐留をどのように利用してきたのか-」
Papers (10):
  • 伊藤弘太郎. 韓国防衛産業躍進の成功要因と国際社会への影響. 国際安全保障. 2024. 51. 4. 72-90
  • 伊藤弘太郎. 韓国の外交安全保障政策における連続性 政権交代によっても変わらないボトムラインは何か. 現代韓国朝鮮研究. 2023. 23. 38-49
  • 伊藤弘太郎. 韓国の防衛装備品輸出再拡大の動きとその背景. CISTECジャーナル. 2022. 199. 261-271
  • 伊藤弘太郎. 韓国防衛産業躍進の背景 -冷戦後の国防政策の変化と国防外交の発展が果たした役割-. 中央大学大学院法学研究科博士学位請求論文. 2022. 1-155
  • 伊藤弘太郎. 韓国の「国防外交」-「国家生存」から「多様な国益実現」の手段へ. 日本の防衛外交研究事業 国別事例調査報告書シリーズ6. 2020. 1-45
more...
MISC (40):
  • 伊藤弘太郎. 年間輸出額200億ドルを目指す韓国防衛産業. 防衛技術ジャーナル. 2024. 519. 16-21
  • 伊藤弘太郎. 台湾有事に関する韓国での議論と関連動向. 北東アジア情勢研究会コメンタリーNo.5. 2024
  • 伊藤弘太郎. 「同盟100年」へ向け歩み始めた米韓. 東亜. 2024. 680. 58-59
  • 伊藤弘太郎. 「西側の武器庫」韓国とロシアの意外なつながり. Wedge Online. 2023
  • 伊藤弘太郎. 新たな高みへ引き上げられた日米韓安保協力と国連軍司令部を巡る動き. 東亜. 2023. 677. 48-49
more...
Books (6):
  • ドローンが変える戦争
    勁草書房 2024
  • 韓国の国防政策 「強軍化」を支える防衛産業と国防外交
    勁草書房 2023 ISBN:9784326303342
  • 防衛外交とは何か 平時における軍事力の役割
    勁草書房 2021
  • 外交的英対話学習法
    南雲堂 2021
  • The Korean Peninsula and Indo-Pacific Power Politics: Status Security at Stake
    Routledge 2020 ISBN:9780367364236
more...
Lectures and oral presentations  (42):
  • What are the new heights for Japan-U.S.-ROK security cooperation? -Necessity and challenges of Japan-ROK defense industry cooperation-
    (Korea-Japan Policy Dialogue 2024)
  • 韓国の国防政策評価
    (第12回RINSAセミナー 日本安保専門家招請 韓米日協力セミナー 2024)
  • 韓国は台湾有事をどう見ているのか? -尹政権3年目の変化-
    (韓国・北朝鮮研究会 2024)
  • 韓国の防衛産業輸出拡大がインド太平洋地域に与えた効能
    (令和6年度研究大会 2024)
  • 日韓の危機管理メカニズム
    (超不確実性時代の日韓パートナーシップ 2024)
more...
Education (5):
  • 2008 - 2017 Chuo University
  • 2005 - 2005 高麗大学校 国際語学院 韓国語文化教育センター韓国語課程
  • 2001 - 2004 Chuo University
  • 2003 - 2003 Korea University Exchange Student
  • 1997 - 2001 Chuo University Faculty of Policy Studies
Professional career (2):
  • Master of Policy Studies (Chuo University)
  • Doctor of Political Science (Chuo University)
Work history (19):
  • 2024/04 - 現在 Hosei University Faculty of Sustainability Studies Department of Sustainability Studies
  • 2021/06 - 現在 Nakasone Peace Institute Associate Fellow
  • 2021/01 - 現在 The Canon Institute for Global Studies Senior Research Fellow
  • 2019/04 - 現在 Ritsumeikan University Institute for General Education Visiting Associate Professor
  • 2022/04 - 2024/03 Hosei University Faculty of Sustainability Studies Department of Sustainability Studies Lecturer
Show all
Committee career (1):
  • 2010/10 - 2011/03 国際安全保障学会 事務局補佐委員
Association Membership(s) (5):
日本安全保障貿易学会 ,  JAPAN ASSOCIATION FOR INTERNATIONAL SECURITY ,  Public Policy Studies Association, Japan ,  Association for Contemporary Korean Studies in Japan ,  THE JAPAN ASSOCIATION OF INTERNATIONAL RELATIONS
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page