Rchr
J-GLOBAL ID:201901016742839035   Update date: Jul. 20, 2024

ABE Takuya

アベ タクヤ | ABE Takuya
Affiliation and department:
Job title: 博士後期課程
Research field  (2): Architectural and city planning ,  Design
Research keywords  (10): Living environment ,  Process ,  Practice ,  Field Work ,  Licit Architecture ,  Informal Settlements ,  Slum ,  Architecture ,  House ,  Southeast Asia
Research theme for competitive and other funds  (2):
  • 2020 - 2023 道義的建築論に基づく都市スラムの形成メカニズムの解明と新たなスラム改善手法の開発
  • 2017 - 2018 クロントイ型住宅リノベーションモデルの創出
Papers (4):
MISC (5):
  • 阿部 拓也. インフォーマリティと居住環境 その1:フォーマル/インフォーマルの検討. 都市インフォーマリティから導く実践計画理論[若手奨励]特別研究委員会報告書. 2022. 16-22
  • 阿部 拓也. 委員会の活動とその成果. 都市インフォーマリティから導く実践計画理論[若手奨励]特別研究委員会報告書. 2022. 3-11
  • ABE Takuya. The architecture created by licitness and dialogue. 2021
  • Takuya ABE. Informality and Living Environment Part 1: The Feature of Formal/informal and the Approach to It. 2021. 5-8
  • 阿部 拓也. Licit Architecture〈 道義的合法建築〉論:タイ王国バンコク都クロントイ70ライ地区を事例とした居住空間の現状および増改築による変容に関する研究. 建築雑誌. 2018. 1714. 107-107
Books (1):
  • 全国修士設計展・論文展・デザイン展・特別講演
    建築資料研究社 2018 ISBN:9784863585782
Lectures and oral presentations  (8):
  • 人間と言葉を含めた建築図面描写法のデザイン
    (日本デザイン学会第71回春季研究発表大会 2024)
  • 5448 タイのチュムチョンにおける家族と親戚の関係性
    (日本建築学会大会 2023)
  • 住民の目線から見るチュムチョン・クロントゥーイの改善点
    (日本デザイン学会第70回研究発表大会 2023)
  • インフォーマル居住地での研究の基礎となる概念の整理
    (日本建築学会都市インフォーマリティから導く実践計画理論[若手奨励]特別研究委員会『インフォーマリティと居住環境』 2020)
  • 5152 持続性とレジリエンス概念によるスラムパラダイムの変革とクリアランス方法の開発 その1 家屋の違法増築および火災からの家屋再建の類似性
    (日本建築学会大会 2020)
more...
Education (3):
  • 2020 - 現在 University of Tsukuba Graduate School of Comprehensive Human Sciences Doctor of Philosophy in Design
  • 2016 - 2018 Shibaura Institute of Technology Engineering and Science Architecture and Civil Engineering
  • 2012 - 2016 Shibaura Institute of Technology Engineering Architecture and Building
Professional career (1):
  • 修士(工学) (芝浦工業大学)
Work history (1):
  • 2020/04 - 2023/09 Japan Society for the Promotion of Science Research Fellow DC1
Committee career (1):
  • 2020/04 - 2022/03 Architectural Institute of Japan a
Awards (2):
  • 2018 - トウキョウ建築コレクション2018全国修士論文展 審査員特別賞
  • 2018 - 日本建築学会 優秀修士論文賞
Association Membership(s) (2):
日本デザイン学会 ,  ARCHITECTURAL INSTITUTE OF JAPAN
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page