Rchr
J-GLOBAL ID:201901017316917033   Update date: Oct. 10, 2021

Saito Minoru

サイトウ ミノル | Saito Minoru
Affiliation and department:
Research field  (2): Criminal law ,  New fields in law
Research keywords  (4): 北欧 ,  犯罪被害者 ,  受刑者処遇 ,  刑罰論
Research theme for competitive and other funds  (3):
  • 2014 - 2017 A comprehensive study on support for children whose parents have committed the crimes
  • 2011 - 2014 Comprehensive Study of the Inmates Treatment from the Perspective of Gender
  • 2008 - 2010 The overall research on measures for woman and child victims
Papers (44):
  • 罰金と労役場留置ー日数罰金制導入の可能性ー. 琉大法學. 2021. 104. 25-38
  • 齋藤 実. 犯罪被害者支援条例と経済的支援 (市川須美子先生 退職記念号). 独協法学 = Dokkyo law review. 2021. 114. 360-346
  • The Article of Sexual Crime : In Comparison to Nordic Countries. 2020. 112. 381-394
  • 龍岡資晃, 齋藤実. 裁判員裁判に関する裁判例の総合的研究ー裁判員裁判と証拠開示. 判例秘書ジャーナル. 2020
  • 齋藤 実. フィンランドの社会内処遇 : 社会奉仕命令、電子監視及び監督付自由を中心として. 学習院法務研究. 2020. 14. 55-67
more...
MISC (12):
  • (翻訳)【講演】ノルウェーはなぜ性の多様性を尊重できるのか. ジェンダー法研究. 2020. 7. 89-98
  • 立石 直子, 谷口 洋幸, 齋藤 実, 矢野 恵美. Sexual Diversity and Families with LGBT Parents. 司法福祉学研究 = Japanese journal of forensic social services. 2018. 18. 162-165
  • 齋藤実. 巻頭言「ノルウェー・スウェーデン・フィンランド犯罪被害者支援制度に関する調査報告~2014・2017年北欧調査結果」. ノルウェー・スウェーデン・フィンランド犯罪被害者支援制度に関する調査報告~2014・2017年北欧調査結果(日弁連犯罪被害者支援委員会). 2017. 1-2
  • フィンランドにおける児童虐待対策. 日本犯罪社会学会第43回大会要旨集. 2017. 43-44
  • 松村 歌子, 立石 直子, 阿部 恭子, 齋藤 実, 矢野 恵美. Subcommittee Meeting : Legal Support for Children with Incarcerated Parents. 司法福祉学研究 = Japanese journal of forensic social services. 2017. 17. 103-107
more...
Books (8):
  • ビギナーズ 犯罪法
    成文堂 2020
  • 刑法総論判例インデックス(第2版)
    商事法務 2019
  • 刑法各論判例インデックス
    2016
  • 沖縄ジェンダー学2
    商事法務 2015
  • 法はDV被害者を救えるか-法分野協働と国際比較-
    商事法務 2013
more...
Lectures and oral presentations  (44):
  • 新しい時代の刑務所~再犯をどのように防ぐか~
    (神奈川県警備業協会 2021)
  • Victim's Participation for Crime Proceedings and Access to Justice
    (第14回国連犯罪防止刑事司法会議 2021)
  • 北欧の犯罪被害者庁の制度について
    (東京弁護士会 刑事法対策特別委員会 2021)
  • 官民協働刑務所と通常の刑務所は何が違うのか
    (ジェンダー法学会第18回学術大会WSD「ジェンダーの視点から見た刑務所ー受刑者調査・刑務官調査の結果から」 2020)
  • 北欧におけるセクシャルマイノリティと法 ~ノルウェーとフィンランドのトランスジェンダーの状況を中心にして(報告)
    (科研費基盤研究(B)「LGBTQを含む性の多様性に関する法的問題の総合的研究」成果報告会 2020)
more...
Education (2):
  • 1991 - 1995 慶應義塾大学
  • 1987 - 1991 Keio Department of Law
Work history (9):
  • 2021/04 - 現在 University of the Ryukyus
  • 2016/04 - 現在 Chuo University
  • 2009 - 現在 弁護士
  • 2015/04 - 2021/03 Dokkyo University Faculty of Law
  • 2009/09 - 2018/03 Kokugakuin University Law School
Show all
Committee career (1):
  • 2020/09 - 2020/11 法務省矯正局 刑事施設における「被害者の視点を取り入れた教育」検討会 委員
Association Membership(s) (4):
JAPAN ASSOCIATION OF GENDER AND LAW ,  日本被害者学会 ,  JAPANESE ASSOCIATION OF SOCIOLOGICAL CRIMINOLOGY ,  THE CRIMINAL LAW SOCIETY OF JAPAN
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page