Rchr
J-GLOBAL ID:201901017332159050   Update date: Jun. 09, 2020

Nagano Taiki

Nagano Taiki
Affiliation and department:
Research field  (1): Cell biology
Research keywords  (2): Cell cycle ,  Cellular senescence
Research theme for competitive and other funds  (1):
  • 2017 - 2020 老化特異的遺伝子の機能阻害による個体老化治療の研究
Papers (7):
more...
Lectures and oral presentations  (27):
  • STAT3はアフリカツメガエル卵母細胞を安定化させる
    (第12回日本ツメガエル研究集会 2019)
  • TPAによる転移性メラノーマ増殖抑制におけるホスファターゼの機能解析
    (第41回日本分子生物学会年会 2018)
  • 自発老化メラノーマ細胞の特性解析
    (第41回日本分子生物学会年会 2018)
  • Riboflavin (Vitamin B2) transporterとして機能するSLC52A1/GPR172B の細胞老化制御機構の解析
    (第41回日本分子生物学会年会 2018)
  • LY6Dは老化細胞の細胞膜脂質ラフト上でSrcやRasと会合することによりマクロピノサイトーシスを誘導する
    (第41回日本分子生物学会年会 2018)
more...
Professional career (1):
  • 博士(理学) (神戸大学)
Work history (1):
  • 2015/04 - 現在 Kobe University Biosignal Research Center
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page