Rchr
J-GLOBAL ID:201901018497774472   Update date: Oct. 07, 2021

Takeda Yoshiko

Takeda Yoshiko
Affiliation and department:
Research theme for competitive and other funds  (3):
  • 2021 - 2025 Support and Evaluation of Advance Care Planning Implementation for the General Public
  • 2017 - 2021 Evaluation of Recommending Advance Care Planning While People are Still Healthy
  • 2016 - 2020 Development of long term support program for breast cancer patient after reconstruction
MISC (9):
  • 辻川 真弓, 犬丸 杏里, 坂口 美和, 船尾 浩貴, 武田 佳子, 玉木 朋子, 竹内 佐智恵. 保健医療福祉職を対象としたAdvance Care Planning(ACP)を促すワークショップの評価. Palliative Care Research. 2021. 16. 2. 215-224
  • 犬丸 杏里, 竹内 佐智恵, 坂口 美和, 船尾 浩貴, 武田 佳子, 辻川 真弓, 辻川 真弓. 「もしバナゲーム」を用いたACPワークショップが参加者に与える影響」. 日本がん看護学会学術集会. 2020. 34回. [P19-154]
  • 犬丸 杏里, 坂口 美和, 竹内 佐智恵, 吉田 和枝, 船尾 浩貴, 武田 佳子, 辻川 真弓. 「もしバナゲーム」を用いたACPワークショップの評価 意向の変化・芽生えに関する質的検討. Palliative Care Research. 2019. 14. Suppl. S357-S357
  • 辻川 真弓, 犬丸 杏里, 坂口 美和, 竹内 佐智恵, 吉田 和枝, 船尾 浩貴, 武田 佳子. 「もしバナゲーム」を用いたACPワークショップの評価 死生観の変化による量的検討. Palliative Care Research. 2019. 14. Suppl. S358-S358
  • 坂口 美和, 竹内 佐智恵, 武田 佳子, 船尾 浩貴, 吉田 和枝, 犬丸 杏里, 久田 邦博, 辻川 真弓. がん体験者の病いの語りから看護学生が見出したがん体験者の家族の強みとその理由. 日本がん看護学会誌. 2019. 33. Suppl. 192-192
more...
Professional career (1):
  • 修士 (大阪大学)
Association Membership(s) (4):
日本がん看護学会 ,  日本乳癌学会 ,  日本緩和医療学会 ,  日本看護科学学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page