Rchr
J-GLOBAL ID:201901019672235632   Update date: Jul. 30, 2021

Tomoki Masuda

Tomoki Masuda
Research field  (1): Civil law
Research theme for competitive and other funds  (4):
  • 2020 - 2022 全国銀行学術財団研究助成金
  • 2019 - 2020 公益信託山田学術研究奨励基金奨励金
  • 2017 - 2018 公益財団法人民事紛争処理研究基金
  • 2014 - 2015 公益財団法人石井記念証券研究振興財団
Papers (12):
  • How Has the Liability of Directors towards Creditors Been Shaped in Japan?. 2020. 66. 1. 149-172
  • Hedge Fund Activism in Financially Distressed Firms. 2020. 65. 3. 365-396
  • 増田 友樹. 理論的検討 : 債務超過会社における株主の利益の観点から (会社法判例 : より深く学ぶ,考える(第23回)債務超過会社の倒産局面における株主の地位と取締役の責任 : 福岡高判平成26・6・27金判1462号18頁等を題材に). 法学教室. 2019. 467. 101-104
  • 増田 友樹. The Business Judgment Rule in Japan : Recent Debates and Problems. 同志社法学 = The Doshisha law review. 2019. 71. 1. 727-749
  • 増田 友樹. Subordination of Shareholder Loans. 日本私法学会私法 = Journal of private law. 2019. 81. 178-185
more...
MISC (8):
  • 増田 友樹. 商事法判例研究(657)証券会社による委託者の取締役に対する会社法四二九条一項に基づく損害賠償請求[東京高判平成29.1.26]. 旬刊商事法務 = Commercial law review. 2021. 2260. 51-56
  • 増田 友樹. 不正会計と代表取締役の監視義務違反および内部統制システム構築義務違反. 私法判例リマークス. 2021. 62
  • 増田 友樹. 商事法判例研究 特別清算の申立てに至る一連の過程に関する清算人および取締役の善管注意義務[東京地裁平成29.11.10判決]. 金融・商事判例 = The financial and business law precedents. 2020. 1594. 2-7
  • 増田 友樹. 商事法判例研究 株主代表訴訟において勝訴した株主による弁護士報酬の支払請求が一部認容された事例[東京地裁平成28.3.28判決]. 金融・商事判例 = The financial and business law precedents. 2019. 1564. 2-6
  • 増田 友樹. 商事法判例研究(632)事前備置書類の備置きの懈怠と株式交換の無効[神戸地裁尼崎支平成27.2.6判決]. 旬刊商事法務 = Commercial law review. 2019. 2193. 56-60
more...
Lectures and oral presentations  (16):
  • 企業グループにおける会社法人格の財産分離と資金調達コスト
    (関西新世代商事法研究会(Zoom) 2021)
  • 証券会社による委託者の取締役に対する会社法四二九条一項に基づく損害賠償請求[東京高判平成29.1.26]
    (京都大学商法研究会(Zoom) 2020)
  • 再建型法的倒産手続における株主総会の位置づけ
    (法の経済分析ワークショップ(於:西南学院大学) 2020)
  • 特別清算の申立てに至る一連の過程に関する清算人および取締役の善管注意義務(東京地判平成29年11月10日)
    (早稲田大学商法研究会(於:早稲田大学) 2020)
  • 会社の倒産局面におけるヘッジファンド・アクティビズム
    (関西新世代商事法研究会(於:大阪大学) 2019)
more...
Awards (2):
  • 2017 - トリプルアイ・高木賞(学生部門) 奨励賞受賞
  • 2016 - 新日本法規財団奨励賞 会社法制部門 最優秀賞受賞
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page