Rchr
J-GLOBAL ID:201901019861619107   Update date: Sep. 01, 2021

Oketa Atsushi

オケタ アツシ | Oketa Atsushi
Affiliation and department:
Job title: 教授
Homepage URL  (1): https://researchmap.jp/ts010504/
Research field  (3): Politics ,  Disaster prevention engineering ,  Sociology
Research keywords  (5): 選挙研究 ,  social survey ,  disaster information ,  mediacommuication ,  journalism
Research theme for competitive and other funds  (4):
  • 2020 - 2023 災害報道におけるメディアの役割に関する実証実験
  • 2020 - 2021 An empirical study of reputation damage in the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant accident and the release of tritium-contaminated water into the description
  • 2019 - 2020 福島第一原発事故のリスク報道の伝達と受容に関する実証的研究
  • 2019 - 2020 福島第一原発事故 リスク報道の受容における地域間の差異を実証的に研究する調査
Papers (12):
  • Atsushi Oketa. A study on the impact of water treatment probrems in the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant Accident reconstruction process -Discussion on marine disposal of radiational tritiated water-. International Journal of Human Culture Studies. 2021. 31. 349-364
  • 桶田敦, 岡安夏希. 千葉県勝浦市「朝市」における新型コロナウイルス影響調査. 人間生活文化研究. 2020. 30. 630-643
  • Atsushi Oketa. Causes of Distrust in Television:A wareness of the Communicators Using the Example of Disaster Reporting. JOURNAL OF MASS COMMUNICATION STUDIES. 2020. 96. 15-32
  • 桶田 敦. 安倍政権におけるアメとムチのメディア戦略-忖度と自己規制はどこから生まれたのか-. 選挙研究. 2019. 35. 1
  • 桶田 敦. 「シンポジウム世論調査とは何か?-岐路に立つ世論調査その信頼性を巡っての議論」によせて. マス・コミュニケーション研究. 2019. 94. 3-12
more...
MISC (22):
  • 桶田敦. 特集震災10年メディアはどう変わったか データから読み解く災害報道この10年. GALAC. 2021. 2021. 4. 13-17
  • 桶田敦. 10年目を迎える福島第一原発事故歴史の記憶「映像アーカイブ」とメディアの使命. 月刊ニューメディア. 2021. 39. 1. 32-34
  • 桶田敦. 提言特集2020巻頭メッセージ5東日本大震災と原発事故から10年(その2)3.11当日の番組構成、民放協業の動きから. 月刊ニューメディア. 2020. 38. 6. 44-45
  • 桶田敦. 提言特集2020巻頭メッセージ 東日本大震災と原発事故から10年(その1)ダブって見える新型コロナウイルス・パニック. 月刊ニューメディア. 2020. 5. 6-7
  • Atsushi Oketa. Who is responsible for the nuclear accident? -Acquittal Judgment by former TEPCO compulsory indictment. housou report. 2019. 281. 22-25
more...
Books (2):
  • 災禍をめぐる「記憶」と「語り」
    ナカニシヤ出版 2021 ISBN:9784779515781
  • 4つの「原発事故調」を比較・検証する : 福島原発事故13のなぜ?
    水曜社 2013 ISBN:9784880653068
Lectures and oral presentations  (17):
  • 東日本大震災から10年 これまでの災害報道とこれからの災害報道を考える
    (日本マス・コミュニケーション学会2021年春季発表大会 2021)
  • シンポジウム「格差社会における人々の意識とテレビの立ち位置の変化」テレビ不信の背景-伝える側の意識
    (日本マス・コミュニケーション学会2019年度春季研究発表会シンポジウム 2019)
  • 8年目の福島と30年後の福島
    (第8回原子力政策福島復興シンポジウム 2019)
  • シンポジウム「世論調査とは何か?-岐路に立つ世論調査 その信頼性を巡っての議論」
    (日本マス・コミュニケーション学会2018年春季研究発表会シンポジウム 2018)
  • 災害情報とAIの活用
    (InterBEE特別講演 2017)
more...
Education (3):
  • 2010 - 2016 Waseda University Plitical Science
  • 2007 - 2009 Waseda University Plitical Science
  • 1977 - 1982 Shinshu University Department of Geoligy
Professional career (1):
  • 修士(政治学) (早稲田大学)
Work history (9):
  • 2020/04 - 現在 Seijo University Faculty of Arts and Literature
  • 2019/04 - 現在 Otsuma Emen's University Department of Communication and Culture Professor
  • 2016/04 - 現在 Waseda University Graduate School of Political Science Lecturer
  • 2017/04 - 2019/03 Sakuranoseibo Junior College Department of Carrer disign Lecturer
  • 2016/08 - 2019/03 TV-U Fukushima News Division Division Chief
Show all
Committee career (10):
  • 2020/04 - 現在 日本選挙学会 理事
  • 2019/05 - 2021/04 日本マス・コミュニケーション学会 放送研究部会幹事
  • 2010/04 - 2020/03 日本地震学会 広報委員会
  • 2015/05 - 2019/04 日本マス・コミュニケーション学会 企画委員会
  • 2013/05 - 2015/04 日本マス・コミュニケーション学会 ジャーナリズム研究・教育部会
Show all
Awards (2):
  • 2019/09 - 日本民間放送連盟 日本民間放送連盟賞 2019年報道部門優秀賞
  • 2009/03 - Waseda University Graduate School of Political Science Prise of Chief of Political Science
Association Membership(s) (4):
JAPANESE ASSOCIATION OF ELECTORAL STUDIES ,  THE SEISMOLOGICAL SOCIETY OF JAPAN ,  Japan Society for Disaster Information Studies ,  THE JAPAN SOCIETY FOR STUDIES IN JOURNALISM AND MASS COMMUNICATION
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page