Rchr
J-GLOBAL ID:201901020092907860   Update date: Oct. 16, 2020

Ishida Tomonobu

Ishida Tomonobu
Affiliation and department:
Homepage URL  (1): http://law.agu.ac.jp/kyo/kyo/ishida/index.html
Research field  (1): Criminal law
Research keywords  (12): decision to prosecute ,  remand custody ,  police interview ,  right to remain silence ,  刑事再審 ,  自白の証拠能力 ,  起訴の基準 ,  未決拘禁 ,  弁護人立会権 ,  接見交通権 ,  被疑者取調べ ,  黙秘権
Research theme for competitive and other funds  (8):
  • 2019 - 現在 弁護人立会制度についての実証的・比較法的研究
  • 2018 - 現在 実効的な防御権の保障のための実証的、比較法的研究
  • 2017 - 現在 刑事再審手続法改革のための実証的、比較法的研究
  • 2020 - 確実な誤判の是正に向けた新たな刑事再審制度モデルの構築
  • 2017 - 2020 刑事再審手続法改革のための実証的、比較法的研究
Show all
Papers (28):
  • 弁護人立会権の理論的根拠に関する一考察. 法律時報. 2020. 92. 11. 114-117
  • 弁護人立会い否定論に対する批判的考察. 季刊刑事弁護. 2020. 104. 15-19
  • The right of accused persons to access a lawyer in England and Wales. 2020. 92. 10. 71-73
  • イギリス刑事事件再審委員会の現状と課題. 刑法雑誌. 2020. 59. 1. 77-89
  • 再審請求手続の現状と課題. 法律時報. 2019. 92. 1. 69-74
more...
Books (1):
  • 接見交通権の理論と実務
    現代人文社 2018
Lectures and oral presentations  (33):
  • 刑訴法39条1項における「接見」の意義
    (接見交通権確立実行委員会内勉強会 2020)
  • 接見交通権をめぐる今日的課題-弁解録取に先立つ接見保障を中心に-
    (第15回国選弁護シンポジウム実行委員会内勉強会 2020)
  • 人質司法からの脱却~その勾留、本当に必要ですか?~
    (第62回日弁連人権擁護大会プレシンポジウム:人質司法からの脱却~その勾留、本当に必要ですか?~ 2019)
  • 未決勾留制度の現状と課題
    (第62回日弁連人権擁護大会プレシンポジウム:人質司法からの脱却~その勾留、本当に必要ですか?~ 2019)
  • 大崎事件最高裁決定を受けて
    (大崎事件第3次再審請求最高裁決定勉強会 2019)
more...
Works (54):
  • 2019 判例回顧と展望 刑事訴訟法
    石田倫識, 服部朗 2020 -
  • 被告人と接見中の弁護人によるDVD音声の再生
    2020 -
  • 令状請求の疎明資料への虚偽記載と違法収集証拠の排除
    2019 -
  • 保護室収容中の未決拘禁者と弁護人等との面会
    2019 -
  • 職務遂行弁護士(刑事収容施設法127条2項3号)と受刑者との間における信書の秘密性
    2019 -
more...
Work history (6):
  • 2018/04/01 - 現在 Aichi Gakuin University Faculty of Law
  • 2011/04/01 - 2018/03/31 Aichi Gakuin University Faculty of Law
  • 2013/09 - 2014/08 Birmingham university Law school visiting scholar
  • 2008/04/01 - 2011/03/31 Aichi Gakuin University Faculty of Law
  • 2007/04 - 2008/03 Kyushu University Law Faculty Assistant Professor
Show all
Association Membership(s) (1):
criminal law society of Japan
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page