Rchr
J-GLOBAL ID:201901020514169760   Update date: Apr. 25, 2021

OGAWA Miku

OGAWA Miku
Affiliation and department:
Job title: 助教
Research field  (2): Local studies ,  Sociology of education
Research keywords  (5): 開発 ,  共生 ,  エスノグラフィー ,  教育 ,  アフリカ
Research theme for competitive and other funds  (5):
  • 2020 - 2024 東アフリカにおける市民性教育の受容に関する比較研究
  • 2020 - 2021 ケニアの教育における格差と公正-地域、学校、生徒からみる教育の質と「再有償化」-
  • 2019 - 2021 ケニア農村部における中等教育から高等教育への以降に関する追跡調査研究
  • 2016 - 2019 ケニアにおける学校教育と職業選択-中等教育拡大の影響-
  • 2014 - 2015 ケニアの中等教育成績不振校における女子生徒の就学継続理由-教師による生徒支援に着目して-
Papers (13):
  • Miku OGAWA. Extension of the “Timepass” Period from the Perspective of Social Change in Africa. Africa Educational Research Journal. 2020. 11. 3-14
  • 小川未空, 坂上勝基, 澤村信英. SDGs時代の教育普遍化と格差の開発研究. 国際開発研究. 2020. 29. 2. 5-20
  • Miku OGAWA. Dynamics for establishing secondary schools in modern Kenya: comparison with the Harambee movement *translated from (Ogawa 2019). Osaka Human Sciences. 2020. 6. 149-169
  • 小川未空. 現代ケニアにおける中等学校設立の動態-ハランベー期との比較から-. アフリカ研究. 2019. 95
  • 小川未空. ケニア農村部の中等教育拡充期における格差と公正. 大阪大学. 2019
more...
MISC (5):
  • 小川未空. (書評)稲原美苗・川崎唯史・中澤瞳・宮原優(編著)『フェミニスト現象学入門-経験から「普通」を問い直す-』ナカニシヤ出版、2020年. 共生学ジャーナル. 2021. 5
  • 小川未空. (書評)山口恵子・青木秀男 編著『グローバル化のなかの都市貧困-大都市におけるホームレスの国際比較』ミネルヴァ書房、2020年. ボランティア学研究. 2021. 21. 125-126
  • 小川未空. マラリアから考えた境界-当事者とよそ者-. 未来共生学. 2018. 5. 435-438
  • Miku Ogawa. International collaboration for our survival. RESPECT News Letter. 2017. 9. 3
  • Miku Ogawa. What motivates secondary schooling in Kenya? a case study in Busia county. Africa Educational Research Journal,. 2015. 6. 115-117
Books (2):
  • ケニアの教育における格差と公正-地域、学校、生徒からみる教育の質と「再有償化」-
    明石書店 2020
  • 発展途上国の困難な状況にある子どもの教育
    明石書店 2019
Lectures and oral presentations  (50):
  • Accessing higher education from low quality secondary school in rural Kenya
    (Comparative and International Education Society 2021 2021)
  • Contextualizing the global value of education in Africa: Focusing on citizenship education in Kenya
    (The 31st Japan Society for International Development Annual Conference 2020)
  • How do secondary school graduates access higher education? A case study of top students from a day school in rural Kenya
    (The 26th Japan Society for Africa Educational Research Forum 2020)
  • アフリカと教育
    (アデオジャパン勉強会 2020)
  • 「研究背景」の作り方
    (国際協力学特別演習(大阪大学) 2020)
more...
Education (4):
  • 2016 - 2019 大阪大学大学院 博士後期課程
  • 2014 - 2019 Osaka University
  • 2014 - 2016 大阪大学大学院 博士前期課程
  • 2010 - 2014 Hiroshima University
Professional career (3):
  • 博士(人間科学) (大阪大学)
  • 修士(人間科学) (大阪大学)
  • 学士(教育学) (広島大学)
Work history (3):
  • 2020/04 - 現在 Osaka University Graduate School of Human Sciences
  • 2019/04 - 2020/03 Hiroshima University Graduate School for International Development and Cooperation
  • 2016/04 - 2019/03 日本学術振興会 特別研究員(DC1)
Committee career (3):
  • 2020/04 - 現在 『共生学ジャーナル』編集委員
  • 2020/04 - 現在 大阪大学大学院人間科学研究科共生学系研究倫理審査委員
  • 2020 - 現在 『アフリカ教育研究』編集幹事
Awards (4):
  • 2019/02 - 国際ボランティア学会 2018年度隅谷三喜男賞
  • 2017/10 - Leading Graduate Schools Forum 2017 Academia Future Leader Award
  • 2017/10 - アフリカ教育研究フォーラム 研究発表優秀賞
  • 2015/10 - アフリカ教育研究フォーラム 研究発表優秀賞
Association Membership(s) (6):
アフリカ教育学会 ,  INTERNATIONAL SOCIETY OF VOLUNTEER STUDIES ,  JAPAN ASSOCIATION FOR AFRICAN STUDIES ,  JAPAN COMPARATIVE EDUCATION SOCIETY ,  Comparative and International Education Society ,  THE JAPAN SOCIETY FOR INTERNATIONAL DEVELOPMENT
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page