Rchr
J-GLOBAL ID:201901020860623702   Update date: Aug. 24, 2021

Endo Riichi

Endo Riichi
Affiliation and department:
Research field  (3): Sociology ,  Sociology ,  Tourism studies
Research keywords  (9): critical tourism ,  tourism ,  cross-cultural communication ,  GHQ/SCAP ,  travel writing ,  米軍 ,  観光経験 ,  文化接触 ,  Japanese Occupation Period
Research theme for competitive and other funds  (2):
  • 2018 - 2020 占領期日本の復興における米国人観光の役割
  • 2017 - 2018 占領期日本の観光空間における「演出」と「発見」をつうじたナショナリティの再構築
Papers (9):
  • 遠藤理一. 移動的な社会としての占領期日本に関する観光学的考察. 博士論文. 2020. 1-402
  • 遠藤 理一. The American Hegemony and Tourism in the Japanese Occupation Period : For the Transnational Tourism History in the Post-war Japan. 旅の文化研究所研究報告. 2018. 28. 1-13
  • Riichi Endo. Reforming Heritage and Tourism in Occupied Kyoto (1945-1952): How to Create Peace when Surrounded by the Atmosphere of War. Asian Journal of Tourism Research. 2018. 3. 2. 95-120
  • Riichi Endo. Reforming Heritage and Tourism in Occupied Kyoto (1945-1952): How to Create Peace When Surrounded by the Atmosphere of War. International Conference on Future of the Past: Tourism and Cultural Heritage in Asia 2018. 2018. 473-490
  • ツーリズムからみる戦後日本の平和主義. Island Peace Forum: the Cold War Landscape and Peace in the Northeast Asia. 2018. 183-190
more...
MISC (5):
  • 石野隆美, 岩本晃典, 遠藤理一, 斉藤巧弥, 鈴木里奈, 中植渚. 北海道大学×立教大学クロストーク~大学院生が語るコロナ禍の生活と研究活動~. 北海道大学大学院 国際広報メディア・観光学院 院生論集 Sauvage. 2021. 17. 2-12
  • カラーで写された占領期の京都 3米兵たちの京都ツアー. 京都新聞. 2020. 28
  • 観光社会学を学び始めたきっかけ. まほら. 2017
  • 文学散歩が立ち上げる風景とツーリズム. 野田宇太郎顕彰会会報. 2017. 25. 1-2
  • ご寄贈いただいた資料から. 野田宇太郎顕彰会会報. 2016. 24. 9
Lectures and oral presentations  (22):
  • Hybridity and Politics of “Control of air/atmosphere” in the Society during Covid-19 Pandemic
    (2021)
  • コメント(シンポジウム「ライティング・ツーリズム̶COVID-19以降の観光研究とは」)
    (観光学術学会第10回大会 2021)
  • 趣旨説明(パネルセッション「パンデミックとツーリストの主体性」)
    (カルチュラル・タイフーン2021 2021)
  • 見物する米軍将兵と「アメリカの世紀」--第二次大戦後における米軍将兵向け観光ツアーを事例として
    (関東社会学会 第69回オンライン大会 2021)
  • 占領期京都と米軍観光
    (京都〈カラー写真〉研究会 2020)
more...
Education (3):
  • 2016 - 2020 Hokkaido University
  • 2014 - 2016 Hokkaido University
  • 2009 - 2014 Osaka University
Professional career (3):
  • 学士(経済学) (大阪大学経済学部)
  • 修士(観光学) (北海道大学国際広報メディア・観光学院)
  • 博士(観光学) (北海道大学国際広報メディア・観光学院)
Work history (8):
  • 2021/04 - 現在 星槎大学 共生科学部 グローカルコミュニケーション専攻 非常勤講師
  • 2021/04 - 現在 Bunri University of Hospitality Faculty of Service Management Department of Service Management
  • 2021/04 - 現在 Wakayama University Center for Tourism Research Visiting Fellow
  • 2020/11 - 2021/03 北海道大学大学院メディア・コミュニケーション研究院 博士研究員
  • 2020/10 - 2020/10 北海道大学大学院メディア・コミュニケーション研究院 研究院研究員
Show all
Awards (3):
  • 2020/09 - 北海道大学 令和2年度9月期博士学位授与式 国際広報メディア・観光学院 修了生総代
  • 2020/03 - 北海道大学国際広報メディア・観光学院 舞台は地球賞 学術部門
  • 2019/11 - 観光学術学会 大学院生大会発表奨励賞 最優秀賞
Association Membership(s) (4):
カルチュラル・スタディーズ学会 ,  JAPAN SOCIETY FOR TOURISM STUDIES ,  THE KANTOH SOCIOLOGICAL SOCIETY ,  THE JAPAN SOCIOLOGICAL SOCIETY
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page