Rchr
J-GLOBAL ID:201901020887433450   Update date: Nov. 09, 2020

Hirase Tatsuya

Hirase Tatsuya
Affiliation and department:
Research field  (1): Rehabilitation science
Research keywords  (4): 転倒 ,  慢性疼痛 ,  介護予防 ,  高齢者
Research theme for competitive and other funds  (3):
  • 2019 - 2022 高齢者の慢性疼痛対策としての予防重視型介入戦略の開発とその効果検証
  • 2017 - 2019 運動器慢性痛対策を念頭に置いた新たな介護予防プログラムの開発とその効果検証
  • 2016 - 2017 慢性痛を有する高齢者に対する新たな介護予防プログラムの開発に向けた調査研究
Papers (40):
  • Tatsuya Hirase, Yoshiro Okubo, Jasmine Menant, Stephen R Lord, Daina L Sturnieks. Impact of pain on reactive balance and falls in community-dwelling older adults: a prospective cohort study. Age and ageing. 2020. 49. 6. 982-988
  • Tatsuya Hirase, Hyuma Makizako, Yoshiro Okubo, Stephen R Lord, Minoru Okita, Yuki Nakai, Toshihiro Takenaka, Takuro Kubozono, Mitsuru Ohishi. Falls in Community-Dwelling Older Adults with Lower Back or Knee Pain Are Associated with Cognitive and Emotional Factors. International journal of environmental research and public health. 2020. 17. 14. 4960-4960
  • Tatsuya Hirase, Yoshiro Okubo, Daina L Sturnieks, Stephen R Lord. Pain Is Associated With Poor Balance in Community-Dwelling Older Adults: A Systematic Review and Meta-analysis. Journal of the American Medical Directors Association. 2020. 21. 5. 597-603
  • Tatsuya Hirase, Hyuma Makizako, Yoshiro Okubo, Stephen R Lord, Shigeru Inokuchi, Minoru Okita. Chronic pain is independently associated with social frailty in community-dwelling older adults. Geriatrics & gerontology international. 2019. 19. 11. 1153-1156
  • 坂本 淳哉, 平瀬 達哉, 田中 貴子, 中野 治郎, 鶴崎 俊哉, 神津 玲, 沖田 実, 木下 文音, 東 登志夫, 田中 悟郎, et al. 文部科学省補助金事業「課題解決型高度医療人材養成プログラム-高度リハビリテーション専門職の養成」で展開した「臨床指導者養成教育コース」の紹介とその成果について. 理学療法学. 2019. 46. Suppl.1. OE-15
more...
MISC (52):
  • 坂本 淳哉, 平瀬 達哉, 田中 貴子, 中野 治郎, 鶴崎 俊哉, 神津 玲, 沖田 実, 木下 文音, 東 登志夫, 田中 悟郎, et al. 文部科学省補助金事業「課題解決型高度医療人材養成プログラム-高度リハビリテーション専門職の養成」で展開した「臨床指導者養成教育コース」の紹介とその成果について. 理学療法学. 2019. 46. Suppl.1. OE-15
  • 平瀬 達哉, 片岡 英樹, 井口 茂, 中野 治郎, 坂本 淳哉, 沖田 実. 介護予防領域の基本チェックリストは慢性疼痛を抱えた高齢者のスクリーニングに活用できるか?. 理学療法学. 2019. 46. Suppl.1. P-19
  • 平瀬 達哉, 沖田 実. 【実践!ペイン・リハ 慢性疼痛治療の変革】《ペイン・リハ実践 コモン・ディジーズQ&A》 高齢者の痛みについて教えてください. Modern Physician. 2019. 39. 6. 592-593
  • 片岡英樹, 片岡英樹, 山下潤一郎, 吉武孝敏, 平瀬達哉, 坂本淳哉, 沖田実. 脳卒中片麻痺後の肩関節痛に対する運動療法と教育を組み合わせたリハ介入の経験. 日本運動器疼痛学会誌. 2018. 10. 3. S75
  • 平瀬達哉, 片岡英樹, 坂本淳哉, 沖田実. 地域高齢者の慢性痛に関連する基本チェックリスト項目の検討. 日本運動器疼痛学会誌. 2018. 10. 3. S131
more...
Books (6):
  • どう向き合う!?高齢者の認知機能
    文光堂 2019 ISBN:9784830645761
  • 理学療法士のための知っておきたい認知症知識Q&A
    医歯薬出版株式会社 2018 ISBN:9784263265635
  • 高齢者理学療法学
    医歯薬出版株式会社 2017 ISBN:9784263217436
  • フレイルの予防とリハビリテーション
    医歯薬出版株式会社 2015 ISBN:9784263219430
  • 基礎からわかる軽度認知障害(MCI)-効果的な認知症予防を目指して-
    医学書院 2015 ISBN:9784260020800
more...
Lectures and oral presentations  (6):
  • 地域・在宅リハ領域における高齢者慢性疼痛の実態と運動の有用性
    (日本ペインクリニック学会 第52回大会 2018)
  • 介護予防領域におけるペインリハビリテーション
    (第23回日本ペインリハビリテーション学会学術大会 2018)
  • 生活期リハビリテーション領域における多職種連携の必要性
    (第23回日本看護研究学会九州・沖縄地方会学術集会 2018)
  • 健康寿命の延伸に向けた理学療法士としての取り組み
    (第28回長崎県理学療法学術大会 2017)
  • 在宅・地域医療における痛み対策
    (第21回日本ペインリハビリテーション学会学術大会 2016)
more...
Education (2):
  • 2010 - 2014 Nagasaki University
  • 2008 - 2010 Nagasaki University
Work history (6):
  • 2017/04 - 現在 Nagasaki University
  • 2015/04 - 現在 Nagasaki University School of Medicine, School of Health Sciences
  • 2019/04 - 2020/03 Neuroscience Research Australia Falls, Balance and Injury Research Centre Visiting Scientist
  • 2011/10 - 2015/03 医療法人伴帥会 介護老人保健施設ガイアの里
  • 2010/05 - 2011/09 Nagasaki University School of Medicine, School of Health Sciences
Show all
Association Membership(s) (5):
日本ペインリハビリテーション学会 ,  JAPANESE ASSOCIATION FOR THE STUDY OF MUSCULOSKELETAL PAIN ,  JAPANESE SOCIETY OF PUBLIC HEALTH ,  THE JAPAN GERIATRICS SOCIETY ,  JAPANESE PHYSICAL THERAPY ASSOCIATION
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page