Rchr
J-GLOBAL ID:202001000221909263   Update date: May. 12, 2020

KONDO AKIRA

コンドウ アキラ | KONDO AKIRA
Affiliation and department:
Job title: 教授
Research field  (1): Biological resource conservation
Research keywords  (1): 森林施業、森林立地
Papers (7):
  • 近藤晃・袴田哲司. スギコンテナ育苗における施肥が成長と養分動態に及ぼす影響. 中部森林研究. 2017. 65. 5-8
  • 近藤晃・袴田哲司. ヒノキコンテナ苗の時期別植栽-富士山南麓標高1150mにおける6月から12月植栽-. 中部森林研究. 2016. 64. 13-16
  • 近藤晃、袴田哲司. コンテナ苗の植付けに用いる改良型ディブルの試作とその性能評価. 日本緑化工学会誌. 2016. 42. 240-243
  • 近藤晃・袴田哲司・山田晋也・伊藤愛・山本茂弘. コンテナ苗の植栽作業功程に及ぼす植栽器具と作業者の影響. 中部森林研究. 2015. 63. 111-114
  • 近藤晃・伊藤愛・山本茂弘. 高密度で育苗したスギ培地付き苗の形態と初期成長. 中部森林研究. 2014. 62. 25-28
more...
MISC (5):
  • 近藤晃・袴田哲司. ヒノキの3年生コンテナ大苗の植栽功程と初期成長ー2年生コンテナ普通苗との比較ー. 静岡県農林技術研究所研究報告. 2017. 10. 91-97
  • 近藤晃・伊藤愛. スギおよびヒノキ培地付き苗の下枝葉の有無が初期成長に及ぼす影響. 静岡県農林技術研究所研究報告. 2015. 8. 85-88
  • 近藤晃・加藤徹・伊藤愛. モウソウチク林の皆伐後における再生竹の持続的な刈り取りが広葉樹林化に及ぼす影響. 静岡県農林技術研究所研究報告. 2014. 7. 71-76
  • 近藤晃・加藤徹・伊藤愛. 針葉樹人工林の針広混交林化を目的とした抜き伐りの効果. 現代林業. 2012. 36-40
  • 近藤晃・加藤徹・伊藤愛. 針広混交林化を目的とした抜き伐りが森林の多面的機能に与える影響. あたらしい林業技術. 2012. 563. 1-8
Work history (3):
  • 2006/04 - 2018/03 Shizuoka Prefectural Research Institute of Agriculture and Forestry, Forestry and Forest Products Research Center
  • 1998/04 - 2001/03 静岡県農林水産部研究調整室
  • 1989/04 - 1998/03 静岡県林業技術センター 生物工学スタッフ
Awards (1):
  • 2018/03 - 静岡県知事賞 静岡型エリートツリー・コンテナ苗の開発による持続可能な森づくり
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page