Rchr
J-GLOBAL ID:202001001225997414   Update date: Feb. 16, 2021

Ogawa Tatsuyuki

オガワ タツユキ | Ogawa Tatsuyuki
Affiliation and department:
Job title: 助教
Papers (18):
  • Tatsuyuki Ogawa, Maki Ogi, Shuji Hirata. A case of ovarian stimulation for fertility preservation in a patient with Philadelphia chromosome-positive acute lymphoblastic leukemia after treatment with dasatinib. The journal of obstetrics and gynaecology research. 2021
  • Tatsuyuki Ogawa, Hiroko Fukasawa, Shuji Hirata. Improvement of early developmental competence of postovulatory-aged oocytes using metaphase II spindle injection in mice. Reproductive medicine and biology. 2020. 19. 4. 357-364
  • Makiko Omori, Masataka Kawai, Tatsuyuki Ogawa, Satoko Sasatsu, Hiroko Fukasawa, Kumiko Nakazawa, Tetsuo Kondo, Shuji Hirata. Lesion-targeted cytology to improve cytological sampling for atypical polypoid adenomyomas of the uterus: a case series and review of the literature. Cytopathology : official journal of the British Society for Clinical Cytology. 2020
  • 小川 達之, 大木 麻喜, 平田 修司. 山梨県のがん・生殖医療の現状と課題. 山梨産科婦人科学会雑誌. 2020. 10. 2. 2-16
  • 髙橋 いくみ, 小川 達之, 奥田 靖彦, 深澤 宏子, 大木 麻喜, 加藤 喜久, 尾山 恵亮, 笹津 聡子, 多賀谷 光, 端 晶彦, et al. 症例報告 巨大後腹膜血腫を形成した分娩時膣壁血腫の1例. 山梨産科婦人科学会雑誌. 2019. 10. 1. 19-23
more...
MISC (49):
  • 小川 達之, 大木 麻喜, 端 晶彦, 平田 修司. プロテインS欠乏症を伴う不育症に対する低用量アスピリンの有効性. 日本産科婦人科学会雑誌. 2020. 72. 臨増. S-428
  • 大森 真紀子, 渡邊 弓花, 餅井 規吉, 尾山 恵亮, 安田 元己, 小川 達之, 笹津 聡子, 多賀谷 光, 深澤 宏子, 奈良 政敏, et al. 分葉状頸管腺過形成(LEGH)とナボット嚢胞の鑑別におけるHIK1083ラテックス凝集検査の有用性. 日本産科婦人科学会雑誌. 2020. 72. 臨増. S-445
  • 笹津 聡子, 大森 真紀子, 小川 達之, 多賀谷 光, 大木 麻喜, 深澤 宏子, 奥田 靖彦, 平田 修司. 早期流産後のretained products of conception(RPOC)の管理についての検討. 山梨産科婦人科学会雑誌. 2020. 10. 2. 52-52
  • 大木 麻喜, 笠井 剛, 小川 達之, 高橋 いくみ, 平田 修司. 凍結融解胚移植周期の血中hCG値についての検討. 日本生殖医学会雑誌. 2019. 64. 4. 339-339
  • 小川 達之, 笠井 剛, 大木 麻喜, 高橋 いくみ, 福島 治朗, 岡村 彩乃, 原口 セリナ, 平田 修司. ホルモン補充周期の凍結融解胚移植におけるエストロゲン投与プロトコルの検討. 日本生殖医学会雑誌. 2019. 64. 4. 419-419
more...
Lectures and oral presentations  (49):
  • 分葉状頸管腺過形成(LEGH)とナボット嚢胞の鑑別におけるHIK1083ラテックス凝集検査の有用性
    (日本産科婦人科学会雑誌 2020)
  • プロテインS欠乏症を伴う不育症に対する低用量アスピリンの有効性
    (日本産科婦人科学会雑誌 2020)
  • 早期流産後のretained products of conception(RPOC)の管理についての検討
    (山梨産科婦人科学会雑誌 2020)
  • ホルモン補充周期の凍結融解胚移植におけるエストロゲン投与プロトコルの検討
    (日本生殖医学会雑誌 2019)
  • 凍結融解胚移植周期の血中hCG値についての検討
    (日本生殖医学会雑誌 2019)
more...
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page