Rchr
J-GLOBAL ID:202001002397987573   Update date: Sep. 16, 2021

Kurihara Kazuki

クリハラ カズキ | Kurihara Kazuki
Affiliation and department:
Research field  (3): Education - general ,  Sociology ,  Sociology of education
Research keywords  (3): Sociology of Education ,  子どもの貧困 ,  Teacher Education
Papers (5):
  • 栗原和樹. 教師にとって「貧困」とはどのような問題か:貧困概念の運用と職業規範に着目して. 教育社会学研究. 2021. 108. 207-226
  • 梶原豪人, 栗原和樹, 近藤天之. (近刊)自治体による子どもの貧困実態調査の全国的把握. 貧困研究. 2021
  • 栗原和樹. (近刊)教師教育における〈排除/包摂〉の複層性:トーマス・S・ポプケヴィッツの「二重のジェスチャー」の議論を中心に. 日本教師教育学会年報. 2021. 30
  • 梶原豪人, 栗原和樹, 小山宰, 近藤天之, 瀧澤宏直, 湯承晨, 張秀賢, 阿部彩. (近刊)日本の高校生のフード・インセキュリティ:東京都「子供の生活実態調査」を用いた実証研究. 社会政策. 2021. 13. 2
  • Kazuki Kurihara. Cooperation between Teachers and Welfare Organizations in Relation to the Issue of Childhood Poverty : Teachers Gatekeeping and the Occupational Culture of Teachers. 2019. 29. 35-46
MISC (2):
  • 湯承晨, 近藤天之, 小山宰, 栗原和樹, 瀧澤宏直, 張秀賢, 梶原豪人, 阿部彩. 日本における子どものフード・インセキュリティ指標の構築. 東京都立大学 子ども・若者貧困研究センター Working Paper Series. 2020. 11. 1-16
  • 大瀧芽衣, 栗原和樹, 那波泰輔, 林知香. 問25 次世代に伝えたいこと. 根本雅也編『彼らは何を訴えるのか:被爆50年原爆被害者調査(自由回答)報告書』. 2020. 57-75
Lectures and oral presentations  (5):
  • 子どもの貧困対策法は学校システムにどのような影響をもたらしうるか :貧困を生きる子ども・若者の排除と包摂(2)
    (日本教育社会学会第73回大会 2021)
  • 「子どもの貧困」の問題構成における心理的知識の布置:自己肯定感に着目して
    (日本教育社会学会第72回大会 2020)
  • 教師の貧困観はどのような成立背景を持つか:教員養成課程の学生の語りを事例に
    (日本教師教育学会第29回大会 2019)
  • 教師の貧困観とその成立背景
    (日本教育社会学会第71回大会 2019)
  • 教師の貧困観とその成立背景:貧困地域の小学校を事例に
    (大原社会政策研究会 2019)
Education (3):
  • 2019 - 現在 Hitotsubashi University
  • 2017 - 2019 Hitotsubashi University
  • 2012 - 2017 Tokyo Gakugei University
Professional career (1):
  • 修士(社会学) (一橋大学大学院)
Work history (1):
  • 2020/11 - 2021/03 Hitotsubashi University Graduate School of Social Sciences
Committee career (1):
  • 2018 - 現在 〈教育と社会〉研究会 編集委員会 編集委員
Association Membership(s) (4):
日本子ども社会学会 ,  日本教師教育学会 ,  日本教育社会学会 ,  〈教育と社会〉研究会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page