Rchr
J-GLOBAL ID:202001002956718847   Update date: May. 04, 2021

Tsunefuka Shimpei

ツネフカ シンペイ | Tsunefuka Shimpei
Affiliation and department:
Research field  (2): Aesthetics and art studies ,  Education - general
Research keywords  (6): 美術教育 ,  メルロ=ポンティ ,  現象学 ,  フランス哲学 ,  芸術論 ,  美的陶冶
Research theme for competitive and other funds  (1):
  • 2020 - 2021 メルロ゠ポンティにおける美的人間形成論の成立研究
Papers (2):
  • 常深新平. モチーフと表象の何が似ているのか-メルロ=ポンティにおける種性質の実在論. 第71回美学会全国大会 若手研究者フォーラム発表報告集. 2021. 37-48
  • 常深新平. メルロ=ポンティにおける絵画の知-後期の表現論を手がかりに. 2020
Lectures and oral presentations  (9):
  • ミニ合評会:小熊正久『メルロ=ポンティの表現論:言語と絵画について』(特別企画「現象学的美学ワークショップ」午前の部)
    (第10回メルロ゠ポンティ哲学研究会(メルロ=ポンティサークル共催) 2021)
  • 近年のStyle解釈--Matherne (2017a)(2017b)の紹介(WS「2000年以降の英語圏におけるメルロ゠ポンティ研究の動向」)
    (第9回メルロ゠ポンティ哲学研究会 2021)
  • 美術教育への感性学の寄与-メルロ゠ポンティの表現論を手がかりに
    (教育哲学会第63回大会 2020)
  • モチーフと表象の何が似ているのか-メルロ゠ポンティにおける種性質の実在論
    (第71回美学会全国大会 若手研究者フォーラム 2020)
  • メルロ゠ポンティにおける絵画の歴史性--「生きられた世界」との関係を巡って
    (メルロ゠ポンティサークル第26回研究大会 2020)
more...
Works (1):
  • 『中嶋興年表』(ポスター)
    久保仁志, 常深新平, 山腰亮介 2019 - 2019
Education (3):
  • 2020 - 現在 Keio University
  • - 2020 Keio University Education
  • - 2018 Keio University Department of Humanities and Social Science (Human Relations), Education
Professional career (1):
  • 修士 (慶應義塾大学)
Association Membership(s) (5):
美学会 ,  教育思想史学会 ,  教育哲学会 ,  三田教育学会 ,  メルロ=ポンティ・サークル
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page