Rchr
J-GLOBAL ID:202001004524183201   Update date: Aug. 06, 2021

Muramatsu Takashi

ムラマツ タカシ | Muramatsu Takashi
Affiliation and department:
Job title: 教授
Research field  (1): Cell biology
Research keywords  (5): ダメージ回避 ,  創傷治癒 ,  象牙芽細胞 ,  セメント芽細胞 ,  歯髄
Research theme for competitive and other funds  (20):
  • 2015 - 2018 Microbiome analysis of apical periodontitis and cellulitis in oral cavity
  • 2015 - 2017 lamininα3-Gドメインを用いた新規歯周組織再生療法の確立
  • 2013 - 2016 Pathological analysis of autoimmune sialadenitis using human dental pulp
  • 2012 - 2015 Study of autoimmune reaction induced by Epstein-Brr virus (EBV)-encoded small RNA (EBER)
  • 2011 - 2013 変形性顎関節症における軟骨細胞の機能障害の解明および治療法の開発
Show all
Papers (123):
  • Fumio Ide, Kentaro Kikuchi, Takashi Muramatsu, Yumi Ito. Comments on Carcinomatous Transformation of Odontogenic Keratocyst. Journal of oral and maxillofacial surgery : official journal of the American Association of Oral and Maxillofacial Surgeons. 2021. 79. 7. 1392-1392
  • Hyun-Yi Kim, Shujin Li, Dong-Joon Lee, Jin Hoo Park, Takashi Muramatsu, Hidemitsu Harada, Young-Soo Jung, Han-Sung Jung. Activation of Wnt signalling reduces the population of cancer stem cells in ameloblastoma. Cell proliferation. 2021. 54. 7. e13073
  • Keiki Nakamura, Hidenori Hamba, Yoshihito Miyayoshi, Hisako Ishizuka, Takashi Muramatsu. In vitro remineralization of enamel with a solution containing casein and fluoride. Dental materials journal. 2021
  • Hidenori Hamba, Keiki Nakamura, Toru Nikaido, Junji Tagami, Takashi Muramatsu. Remineralization of enamel subsurface lesions using toothpaste containing tricalcium phosphate and fluoride: an in vitro μCT analysis. BMC oral health. 2020. 20. 1. 292-292
  • Fumio Ide, Yumi Ito, Takashi Muramatsu, Yuji Miyazaki, Michiko Nishimura, Kentaro Kikuchi, Kaoru Kusama. The Advent of Studies on Jaw Cysts with Keratinization: A Review of Overlooked Papers on Odontogenic Keratocyst and Orthokeratinized Odontogenic Cyst. Head and neck pathology. 2020. 14. 3. 785-791
more...
MISC (24):
  • 村松 敬, 木村 麻記, 東川 明日香, 大野 建州, 菊池 有一郎, 喜田 大智, 国分 栄仁, 柴山 和子, 櫻井 敦朗, 澁川 義幸, et al. 歯学の進歩・現状 顎骨疾患プロジェクトからの情報発信 根尖部歯周組織の病態生物学. 歯科学報. 2019. 119. 5. 365-370
  • 木村 麻記, 東川 明日香, 村松 敬, 石原 和幸, 齋藤 淳, 国分 栄仁, 柴山 和子, 菊池 有一郎, 櫻井 敦朗, 喜田 大智, et al. 歯学の進歩・現状 顎骨疾患プロジェクトからの情報発信 細胞膜タンパク質を標的とする石灰化機構の解明と応用. 歯科学報. 2019. 119. 4. 301-306
  • 中村 圭喜, 村松 敬. 臨床のヒントQ&A 保存修復学系 着色象牙質と齲蝕象牙質の見分け方が分かりません。どのようにすれば良いのでしょうか?. 歯科学報. 2019. 119. 3. 221-223
  • 亀山 敦史, 村松 敬. 歯科用レーザーの特徴と臨床応用での注意点. 東京都歯科医師会雑誌. 2019. 67. 3. 119-130
  • 村松 敬. 臨床のヒントQ&A 保存修復系 コンポジットレジン修復にするべきか、インレー修復にするべきかの判断について教えてください. 歯科学報. 2018. 118. 6. 554-555
more...
Books (1):
  • 歯牙移動による歯周組織再生療法 : 包括的歯科治療のなかでどう生かす?
    砂書房 2009 ISBN:9784901894722
Lectures and oral presentations  (141):
  • 牛乳由来オステオポンチンが脱灰エナメル質の再石灰化に及ぼす影響
    (歯科学報 2019)
  • 唾液タンパク質のエナメル質再石灰化への影響を想定したカゼイン含有再石灰化液による初期エナメル質う蝕に関する検討
    (特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集 2019)
  • 鎖骨頭蓋骨異形成症患者において蝶形骨低形成は骨表現型のひとつである
    (歯科学報 2019)
  • カゼイン含有再石灰化液による脱灰エナメル質への影響
    (歯科学報 2019)
  • 千葉歯科医療センターで使用している光照射器の出力がコンポジットレジンの硬化深さに及ぼす影響
    (歯科学報 2019)
more...
Education (2):
  • 1991 - 1995 東京歯科大学大学院
  • 1985 - 1991 東京歯科大学
Work history (6):
  • 2017/04 - 現在 東京歯科大学 保存修復学講座 教授
  • 2013/04 - 2017/03 東京歯科大学 歯科保存学講座 教授
  • 2011/10 - 2013/03 Tsurumi University School of Dental Medicine
  • 2011/04 - 2011/09 東京歯科大学 臨床検査病理学講座 講師
  • 1998/04 - 2011/03 東京歯科大学 病理学講座 講師
Show all
Committee career (5):
  • 日本臨床口腔病理学会 将来検討委員会委員
  • 日本臨床口腔病理学会 会則検討委員会委員
  • 日本歯科保存学会 国際交流委員会委員
  • 日本歯内療法学会 ガイドライン策定委員会委員
  • 日本歯科保存学会 編集委員会委員
Awards (2):
  • 2011/07 - 日本口腔検査学会 優秀ポスター賞
  • 1996/10 - 歯科基礎医学会賞
Association Membership(s) (6):
日本口腔外科学会 ,  歯科基礎医学会 ,  日本歯内療法学会 ,  日本病理学会 ,  日本歯科保存学会 ,  日本臨床口腔病理学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page