Rchr
J-GLOBAL ID:202001005172257915   Update date: Aug. 27, 2021

Yamamoto Yoshitaka

ヤマモト ヨシタカ | Yamamoto Yoshitaka
Affiliation and department:
Job title: Associate Professor
Research field  (1): Literature - Japanese
Research theme for competitive and other funds  (10):
  • 2020 - 2023 中近世日本の画題生成における明代出版文化の受容と展開に関する総合的研究
  • 2018 - 2022 在米日本古典籍(リチャードレインコレクション)の調査研究と教育活用に関する研究
  • 2018 - 2022 唐宋八大家散文の特色とその受容に関する総合的研究
  • 2018 - 2022 The Reception of High Tang Poetry in Sinitic Poems by Kinoshita Jun'an
  • 2017 - 2022 The Manuscript Culture of Early-Modern Japan: Creating an Internationally Accessible Catalogue of Japanese-Language Manuscripts at UC Berkeley
Show all
Papers (16):
  • 山本嘉孝. 目安箱と韓愈 - 室鳩巣における唐宋古文・朱子学・経世の連関. 東英寿(編著)『唐宋八大家の探究』(花書院). 2021. 21-39
  • 山本嘉孝. 江戸時代の漢詩文と感染症. ロバート キャンベル(編著)『日本古典と感染症』(KADOKAWA). 2021. 154-176
  • 山本嘉孝. 木下順庵と林家. 北陸古典研究. 2021. 35. 42-57
  • 山本嘉孝. 「文粋もの」における朱子学と陽明学の折衷. 鈴木健一編『明治の教養 - 変容する〈和〉〈漢〉〈洋〉』(勉誠出版). 2020. 154-175
  • 山本嘉孝. 室鳩巣の和陶詩 - 模倣的作詩における宋詩の影響. 滝川幸司・中本大・ 福島理子・合山林太郎編『アジア遊学 - 文化装置としての日本漢文学』(勉誠出版). 2019. 69-79
more...
MISC (11):
  • 山本嘉孝. 近世公家の漢詩文と儒学. 国文研ニューズ. 2021. 58. 2-2
  • 山本嘉孝. 日本古典籍研究国際コンソーシアムの設立について. カレントアウェアネス-E. 2020. 404
  • 山本嘉孝. 国文研千年の旅:江戸名勝詩. 読売新聞(多摩版朝刊). 2020. 26-26
  • 山本嘉孝. 加地伸行文庫について. 懐徳堂記念会 記念会だより. 2019. 114
  • [Book Review] Good Dogs: Edification, Entertainment, and Kyokutei Bakin's "Nansō Satomi hakkenden" by Glynne Walley. Monumenta Nipponica. 2019. 74. 1. 101-106
more...
Lectures and oral presentations  (32):
  • Early Edo Antiquarianism: Hayashi Gahō’s Imitation of Heian Court kanshi
    (EAJS Conference 2021 2021)
  • The Afterlife of Chinese Classics: How “Shi” Became “Poetry” in Modern Japan
    (2021 Association for Asian Studies (AAS) Annual Conference 2021)
  • 漢詩と名所 - アンソロジー『日本名勝詩選』(1785序刊)を中心に
    (シンポジウム「古典のジャンルと名所 - デジタル文学地図の活用」 2021)
  • Longing for the Heian Court in Edo: A Seventeenth-Century Imitation of “Inner Palace Banquet” Sinitic Verse
    (2021)
  • 葛飾北斎画『絵本孝経』挿絵における和漢人物の表象
    (「中近世日本の画題生成における明代出版文化の受容と展開に関する総合的研究 」第3回研究会 2021)
more...
Education (3):
  • 2010 - 2016 The University of Tokyo
  • 2004 - 2008 Harvard University Literature
  • 2001 - 2004 Phillips Exeter Academy
Professional career (1):
  • 博士号(学術) (東京大学)
Work history (5):
  • 2020/04 - 現在 The Graduate University for Advanced Studies School of Cultural and Social Studies Department of Japanese Literature
  • 2019/04 - 現在 National Institute of Japanese Literature
  • 2016/04 - 2019/03 Osaka University
  • 2018/04 - 2018/08 ハイデルベルク大学 東アジア研究センター 日本学研究所 客員研究員
  • 2012/04 - 2015/03 日本学術振興会特別研究員(DC1)
Awards (1):
  • 2014/05 - 日本近世文学会 第10回日本近世文学会賞
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page