Rchr
J-GLOBAL ID:202001005409435465   Update date: Oct. 26, 2021

MIURA SHOKO

ミウラ ショウコ | MIURA SHOKO
Affiliation and department:
Job title: 助教
Research theme for competitive and other funds  (1):
  • 2021 - 2024 産科疾患における妊娠産物由来間葉系幹細胞・エクソソームの臨床的意義に関する研究
Papers (165):
  • 楠本 紗羅, 小松 菜穂子, 淵 直樹, 重富 典子, 大橋 和明, 北島 百合子, 長谷川 ゆり, 三浦 生子, 北島 道夫, 三浦 清徳. HTLV-1キャリア妊婦における抗体陽転化例の頻度に関する調査. 日本産婦人科感染症学会学術講演会プログラム・抄録集. 2021. 37回. 58-58
  • 小松 菜穂子, 淵 直樹, 重富 典子, 大橋 和明, 北島 百合子, 三浦 生子, 長谷川 ゆり, 北島 道夫, 三浦 清徳. HTLV-1キャリア妊婦が出生時に受けた栄養法とHTLV-1プロウイルス量との関係に関する調査. 日本産婦人科感染症学会学術講演会プログラム・抄録集. 2021. 37回. 59-59
  • 楠本 紗羅, 小松 菜穂子, 淵 直樹, 重富 典子, 大橋 和明, 北島 百合子, 長谷川 ゆり, 三浦 生子, 北島 道夫, 三浦 清徳. HTLV-1キャリア妊婦における抗体陽転化例の頻度に関する調査. 日本産婦人科感染症学会学術講演会プログラム・抄録集. 2021. 37回. 58-58
  • 小松 菜穂子, 淵 直樹, 重富 典子, 大橋 和明, 北島 百合子, 三浦 生子, 長谷川 ゆり, 北島 道夫, 三浦 清徳. HTLV-1キャリア妊婦が出生時に受けた栄養法とHTLV-1プロウイルス量との関係に関する調査. 日本産婦人科感染症学会学術講演会プログラム・抄録集. 2021. 37回. 59-59
  • Riyoko Shigeno, Ichiro Horie, Masaki Miwa, Ayako Ito, Ai Haraguchi, Shoko Natsuda, Satoru Akazawa, Ai Nagata, Yuri Hasegawa, Shoko Miura, et al. Bihormonal dysregulation of insulin and glucagon contributes to glucose intolerance development at one year post-delivery in women with gestational diabetes: a prospective cohort study using an early postpartum 75-g glucose tolerance test. Endocrine journal. 2021
more...
MISC (1):
  • Abe Shuhei, Miura Kiyonori, Yamasaki Kentaro, Miura Shoko, Nakayama Daisuke, Kotera Kouhei, Fujishita Akira, Samejima Tetsuro, Fuse Masaki, Murakami Makoto, et al. ISAC-1-6 Copy number variations of the antimicrobial-gene, defensin beta 4, is associated with the susceptibility to cervical cancer(Group 1 Oncology,IS Award Candidate,International Session) :. 2014. 66. 2. 917-917
Education (2):
  • 2004 - 2008 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科(医療科学専攻)
  • 1991 - 1997 長崎大学医学部
Work history (25):
  • 2019/04 - 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科 産科婦人科 助教
  • 2018/05 - 2019/03 長崎大学病院産科婦人科 医員(パート)
  • 2015/11 - 2018/04 長崎大学病院産科婦人科 医員(パート)
  • 2017/04 - 三浦産婦人科医院(長崎大学 客員研究員) 医師
  • 2016/04 - 2017/03 三浦産婦人科医院(長崎大学 客員研究員) 医師
Show all
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page