Rchr
J-GLOBAL ID:202001005952899790   Update date: Jul. 11, 2021

Sato Yukie

サトウ ユキエ | Sato Yukie
Affiliation and department:
Research field  (4): History - Asia/Africa ,  History - Asia/Africa ,  Local studies ,  Politics
Research keywords  (4): Transitional Justice ,  Cold War ,  Human Rights ,  South Korea
Research theme for competitive and other funds  (2):
  • 2020 - 2022 冷戦期東アジアにおける分断と暴力:光州事件へのアメリカの関与に関する実証的研究
  • 2019 - 2020 冷戦期東アジアにおける国家暴力:韓国・光州事件とアメリカ
Papers (2):
  • 佐藤雪絵. 米軍政期南朝鮮における人権概念の導入:ロジャー・N. ボールドウィンの活動に着目して. 現代韓国朝鮮研究. 2019. 19. 51-64
  • 佐藤雪絵. [研究ノート] 光州事件と民主化運動:「民衆」概念を通じた当事者と非当事者の接近. コリアン・スタディーズ. 2019. 7. 17-30
MISC (10):
  • 사토유키에. 5・18에 있어서의 주한일본대사관의 대응: 일본 외무성기록을 중심으로. 5・18 이후 세대의 상상력; 광주를 너머, 세대를 너머. 2020. 59-77
  • 佐藤雪絵. 冷戦と人権:光州事件をめぐる過去清算とその限界. 5.18光州民衆抗争と平和の現代的意義:光州民衆抗争40年プレ企画予稿集. 2019. 43-66
  • 사토 유키에. 집합적 기억과 공간, 그리고 도래하는 ‘당사자’. 문학들. 2018. 54. 24-45
  • 李榮眞, 佐藤雪絵. (翻訳)「散華」と「難死」:戦後日本社会における特攻の記憶と再現. グローバルな記憶空間としての東アジアVer.2 メモリーレジーム/メモリーアクティビズム 予稿集. 2018. 176-192
  • 吳杕泳, 尹熙閣, 佐藤雪絵. (翻訳)韓国における地域新聞の危機と競争力強化戦略に関する研究. 2018年 第24回日韓国際シンポジウム デジタル/サイバー空間における「世論」-その問題状況、研究の最前線- 予稿集. 2018. 6-22
more...
Books (1):
  • 『5・18과 이후: 발생, 감응, 확장』
    全南大学校出版文化院 2020
Lectures and oral presentations  (15):
  • 光州事件をめぐる韓国外務部の対外「弘報」活動の展開:1980年5〜7月の対米活動を中心に
    (アジア政経学会第26回定例研究会 2021)
  • Transitional Justice in Unfinished Transition: Contending with the Past in South Korea
    (2021)
  • 光州事件をめぐる和解とその不/可能性:移行期正義と不正義のはざまで
    (朝鮮史研究会関東部会2月例会 2021)
  • 5・18에 있어서의 주한일본대사관의 대응: 일본 외무성기록을 중심으로
    (5・18 이후 세대의 상상력; 광주를 너머, 세대를 너머 - 포스트 5・18: 함께, 그리고 너머의 상상력 I 2020)
  • Who Are the Victims?: Struggling for Reconciliation for the May 18
    (2020)
more...
Education (4):
  • 2018 - 現在 早稲田大学
  • 2015 - 2018 早稲田大学
  • 2011 - 2015 早稲田大学 政治学科
  • 2012 - 2013 高麗大学校 交換学生
Professional career (2):
  • 修士(政治学) (早稲田大学)
  • 学士(政治学) (早稲田大学)
Work history (1):
  • 2020/04 - 現在 日本学術振興会 特別研究員(DC2)
Association Membership(s) (4):
日本国際政治学会 ,  アジア政経学会 ,  国際高麗学会日本支部 ,  現代韓国朝鮮学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page