Rchr
J-GLOBAL ID:202001006205270455   Update date: Jun. 23, 2022

Taniguchi Kosuke

タニグチ コウスケ | Taniguchi Kosuke
Affiliation and department:
Job title: AD Assistant Professor
Research field  (1): Sports science
Research keywords  (4): コンディショニング ,  酸化ストレス ,  抗酸化力 ,  高地トレーニング
Papers (5):
  • Michihiro Kon, Kosuke Taniguchi, Yoshiko Ebi, Kohei Nakagaki. Effects of high-intensity interval exercise under hyperoxia on HSP27 and oxidative stress responses. Respiratory Physiology & Neurobiology. 2021. 283. 103544-103544
  • 谷口耕輔, 杉田正明. 安静時における一過性の高濃度酸素吸入が心拍変動及び酸化ストレスに与える影響. 運動とスポーツの科学. 2020. 26. 1. 11-20
  • 谷口耕輔, 杉田正明. 高校男子長距離走選手の試合期における酸化ストレス、心理的状態及び主観的コンディションに関する研究. スポーツパフォーマンス研究. 2020. 12. 57-72
  • A study on examinations of oxidative stress for evaluating the condition of elite female long distance runners. 2017. 29. 1. 43-54
  • 谷口耕輔, 杉田正明. 異なる強度の持久的運動における生理的応答と酸化ストレス及び抗酸化力との関係. トレーニング科学. 2015. 26. 3. 155-168
MISC (8):
  • 谷口 耕輔, 影山 絢子, 西谷 和也. 御嶽濁河高地トレーニングセンターにおける医科学サポートの取り組み. 岐阜県スポーツ医科学研究. 2021. 1. 18-22
  • 杉田 正明, 橋本 峻, 岡崎 和伸, 谷口 耕輔, 須永 美歌子, 松生 香里, 山澤 文裕, 山下 佐知子, 坂口 泰, 河野 匡. 2020年に向けた男女マラソンにおける暑熱対策の取り組み (日本陸連科学委員会研究報告 第17巻(2018) 陸上競技の医科学サポート研究 REPORT2018). 陸上競技研究紀要. 2018. 14. 128-131
  • 杉田正明, 伊藤穣, 谷口耕輔. 高地トレーニングのすすめVer.2. 飛騨御嶽高原高地トレーニングエリア推進協議会. 2017. 1-8
  • Kosuke TANIGUCHI, Masaaki SUGITA. Effect of Acute Hyperoxic Inhalation on Physiological Responses and Oxidative Stress. Proceedings of the Eighth International Workshop on Regional Innovation Studies. 2016. 58-61
  • Kosuke TANIGUCHI, Masaaki SUGITA. The Relationships Between the Physiological Responses at Different Intensities of Endurance Exercise, Oxidative Stress and Antioxidant Capacity. Proceedings of the Seventh International Workshop on Regional Innovation Studies. 2015. 53-56
more...
Books (1):
  • 選手・指導者のための高地トレーニング利用の手引き
    岐阜県 2019
Lectures and oral presentations  (8):
  • 実業団男子長距離走選手における高地トレーニング中のコンディショニングに関する研究~酸化ストレスと腸内環境の変動について~
    (日本体力医学会大会 2021)
  • 高校生男子長距離選手における酸化ストレス、心理的状態及び主観的コンディションの変化に関する研究
    (日本体力医学会大会 2017)
  • Effect of Acute Hyperoxic Inhalation on Physiological Responses and Oxidative Stress.
    (The Eighth International Workshop on Regional Innovation Studies 2016)
  • The Relationships Between the Physiological Responses at Different Intensities of Endurance Exercise, Oxidative Stress and Antioxidant Capacity.
    (The Seventh International Workshop on Regional Innovation Studies 2015)
  • 一過性の高濃度酸素吸入が生理的応答及び酸化ストレスに与える影響
    (日本体力医学会大会 2015)
more...
Education (3):
  • 2014 - 2017 Mie University
  • 2012 - 2014 Mie University
  • 2008 - 2012 Mie University
Professional career (2):
  • 博士(学術) (三重大学)
  • 修士(教育学) (三重大学)
Work history (2):
  • 2022/04 - 現在 Nippon Sport Science University High Performance Center AD Assistant Professor
  • 2017/04 - 2022/03 御嶽濁河高地トレーニングセンター/岐阜県スポーツ科学センター 研究員
Committee career (5):
  • 2021/12 - 現在 公益財団法人 日本トライアスロン連合 パラトライアスロン・ハイパフォーマンスチーム(情報科学サポート)
  • 2021/12 - 現在 公益財団法人 日本トライアスロン連合 情報戦略・医科学委員
  • 2019/04 - 現在 飛騨御嶽高原高地トレーニングエリア ナショナルトレーニングセンター競技別強化拠点 医・科学サポートプロジェクト委員
  • 2019/03 - 現在 一般社団法人 日本パラサイクリング連盟 強化スタッフ
  • 2018/10 - 現在 高所トレーニング環境システム研究会 専門委員
Awards (2):
  • 2016/10 - At the Eighth International Workshop on Regional Innovation Studies (IWRIS2016) Outstanding Paper Award
  • 2015/10 - Seventh International Workshop on Regional Innovation Studies (IWRIS2015) Outstanding Paper Award
Association Membership(s) (7):
日本運動・スポーツ科学学会 ,  日本スポーツパフォーマンス学会 ,  高所トレーニング環境システム研究会 ,  日本トレーニング指導者学会 ,  日本体育学会 ,  日本トレーニング科学会 ,  日本体力医学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page