Rchr
J-GLOBAL ID:202001008459705454   Update date: Apr. 09, 2021

AITING SHAN

タン アイテイ | AITING SHAN
Affiliation and department:
Job title: Assistant Professor
Research field  (1): Linguistics
Research keywords  (1): 結束性、一貫性、ライティング教育、リーディング教育
Research theme for competitive and other funds  (1):
  • 2019 - 2020 日本人中国語学習者の作文及びスピーチの構造分析:作文・スピーチ指導法構築に向けて-
Papers (23):
  • 単艾婷. 「レベル横断型中国語読解テキストの設計と試行-現代小説を題材として-」. 『西南学院大学言語教育センター紀要』. 2021. 11. 33-48
  • 単艾婷. 「文学テクストの空所を読む-中国語上級クラスにおける小説読解実践からの一考察-」. 『西南学院大学言語教育センター紀要』. 2021. 11. 49-70
  • 単艾婷. 「動詞目的語としての「ソレ」に関する一考察-中国語との対応をめぐって-」. 『東アジア国際言語研究』. 2021. 2. 13-22
  • 単艾婷. An Analysis of Errors in Reference Cohesion of Japanese Students’ Chinese Argumentative Essays. HANRI YUYAN DUIBI YANJIU LUNCONG (DI11JI). 2020. 307-318
  • 単艾婷. 「中国語社説における譲歩表現に関する一考察」. 『語用論研究の可能性』. 2020. 89-103
more...
Books (1):
  • 『論説文におけるテクスト構造の日中対照研究-新聞社説を分析資料として-』
    花書院 2020
Lectures and oral presentations  (26):
  • 「テンスを超えて照応する「ゼロ+1項名詞」について-ゼロ形式の使用条件をめぐって-」
    (第22回東アジア日本語・日本文化フォーラム 2021)
  • 「よりオーセンティックな中日翻訳の実現を目指して-散文翻訳課題の分析とその応用可能性-」
    (東アジア国際言語学会月例会 2021)
  • 「レベル横断的読解テキストの設計と試行-現代小説を題材として-」
    (中国語教育学会2020年度第2回研究会 2020)
  • 「動詞目的語としての「ソレ」に関する一考察-中国語との対応をめぐって-」
    (第21回東アジア日本語・日本文化フォーラム 2020)
  • An Analysis of Errors in Reference Cohesion of Japanese Students' Chinese Argumentative Essays
    (The 16th International Conference on Chinese as a Second Language 2019)
more...
Education (3):
  • 2015 - 2018 Kyushu University 地球社会統合科学専攻
  • 2013 - 2015 Kyushu University 日本社会文化専攻
  • 2008 - 2012 常州大学
Professional career (3):
  • 学士(文学) (常州大学)
  • 修士(比較社会文化) (九州大学)
  • 博士(学術) (九州大学)
Work history (2):
  • 2020/04/01 - 西南学院大学言語教育センター 助教
  • 2018/04/01 - 2020/03/31 九州大学基幹教育院 非常勤講師
Association Membership(s) (6):
The International Association of Chinese - Japanese Contrastive Linguistics ,  日中対照言語学会 ,  東アジア国際言語研究 ,  九州中国学会 ,  日本中国語学会 ,  中国語教育学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page