Rchr
J-GLOBAL ID:202001008623226767   Update date: Aug. 09, 2021

Shinohara Michinori

シノハラ ミチノリ | Shinohara Michinori
Affiliation and department:
Research field  (1): History - Europe/America
Research keywords  (20): 墓地 ,  浮彫彫刻 ,  墓碑 ,  碑文学 ,  碑文 ,  排除 ,  包摂 ,  統合 ,  共存 ,  共生 ,  異文化接触 ,  他者 ,  外国人 ,  メトイコス(居留外国人) ,  民主主義 ,  民主政 ,  シティズンシップ ,  メンバーシップ ,  国家 ,  ポリス
Research theme for competitive and other funds  (1):
  • 2015 - 2018 古代アテナイにおける外国人の社会進出と自己表現-墓碑の分析を通じて
Papers (9):
  • 篠原道法. 古典期アテナイの住民と名誉をめぐる社会規範-墓碑における戦士の表現に注目して. 立命館文学. 2019. 661. 9-25
  • 篠原道法. 前4世紀以降のアテナイにおける外国人の社会進出と自己表現-墓碑の分析を通じて. 西洋古典学研究. 2014. 62. 51-64
  • 篠原道法. 前5世紀末アテナイにおける内乱と和解-社会への外国人の関与をめぐって. パブリック・ヒストリー. 2013. 10. 34-53
  • 篠原道法. 古代アテナイにおける市民団の一体性と平等性の確立-民主政成立の画期をめぐって. 奈良史学. 2012. 29. 124-144
  • 篠原道法. 古典期アテナイ社会における市民と外国人の社会関係-ポリス社会の実像を巡って. 博士論文(立命館大学). 2011
more...
MISC (11):
  • 篠原道法. 書評:篠塚千惠子著『死者を記念する-古代ギリシア墓辺図研究-』. 西洋史学. 2021. 271. 85-87
  • 篠原道法. IFLAアテネ大会へのおさそい (4) ギリシアの新国立図書館見学への誘い. 図書館雑誌. 2019. 113. 7. 452-452
  • 篠原道法. ギリシア留学記後編. かいほう. 2019. 139. 6-8
  • 篠原道法. ギリシア留学記前編. かいほう. 2018. 138. 5-7
  • 篠原道法. 立命館史学会第38回大会報告要旨 古代アテナイにおける住民のコミュニケーションと社会規範-モニュメントとしての墓碑に注目して. 立命館史学. 2017. 38. 161-163
more...
Books (3):
  • 記憶と慣行の西洋古代史 : エジプトからローマまで
    ミネルヴァ書房 2021 ISBN:9784623090860
  • Ancient Athens and Foreigners: The Polis Reconsidered
    2020 ISBN:9784862832979
  • Memory of the past and its utility : nation, state, society and identity
    Roma: Scienze e lettere 2014 ISBN:9788866870494
Lectures and oral presentations  (21):
  • 古典期アテナイ社会における名誉と「冠の授与」の慣行
    (第25回ワークショップ西洋史・大阪 2021)
  • Representation of Residents' Social Function on Attic Tombstones
    (The 5th Annual Meeting of The Association for Researchers of the Ancient Greek Civilization, 2019 2019)
  • Inscribing Profession on Stone and its Meaning for Foreigners: RO 4, Phialai-Inscriptions and Tombstones
    (A Workshop: In and Out of the Written Materials 2019)
  • OR 179: Gravestone of the Athenian Myrrhine, c. 410
    (Local Historiography & Epigraphy Workshop 2019)
  • 古典期アテナイにおける住民の社会的名誉とその表現-冠、タイニアに注目して
    (古代史研究会第17回大会 2018)
more...
Education (3):
  • 2005 - 2011 Ritsumeikan University
  • 2002 - 2005 Ritsumeikan University
  • 1998 - 2002 Nara University Department of History
Professional career (1):
  • Ph.D. (Ritsumeikan University)
Work history (8):
  • 2012/04 - 現在 Ritsumeikan University College of Letters
  • 2006/04 - 現在 Nara University
  • 2018/04 - 2021/03 Osaka University
  • 2012/01 - 2019/03 Doshisha University Institute for the Study of Humanities and Social Sciences.
  • 2015/03 - 2018/03 Japan Society for the Promotion of Science
Show all
Committee career (4):
  • 2019/09 - 2019/09 古代世界研究会 会計監査委員
  • 2006/04 - 2011/03 立命館史学会 実行委員
  • 2007/04 - 2008/03 歴史家協会 編集委員
  • 2005/04 - 2006/03 立命館大学大学院院生協議会連合会 事務局長
Association Membership(s) (8):
古代ギリシア文化研究所 ,  古代世界研究会 ,  日本西洋史学会 ,  史学研究会 ,  歴史家協会 ,  属州研究会 ,  日本西洋古典学会 ,  古代史研究会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page