Rchr
J-GLOBAL ID:202001009052817408   Update date: Nov. 12, 2020

Kamada Yoshiki

Kamada Yoshiki
Affiliation and department:
Research field  (1): Education - general
Papers (2):
  • 鎌田祥輝. 英国におけるSTS教育論の展開:J・ソロモンの所論に着目して. 京都大学大学院教育学研究科学位論文(修士). 2020
  • 鎌田祥輝. 市民教育としての仮説実験授業の可能性. 関西教育学会年報. 2019. 43. 11-15
MISC (4):
  • 鎌田祥輝. 生徒の問題意識に根ざした探究活動:兵庫県立尼崎小田高等学校. 月刊高校教育. 2019. 10-15
  • 鎌田祥輝. 高大連携フォーラム:環境・防災地域実践活動高校生サミット. 京都大学大学院教育学研究科平成30年度成果報告書. 2019. 161-162
  • Yoshiki Kamada. Nature of Science in Science Education: Focusing on the Theories of Hypothesis-Experiment Class (HEC). Educational Changes in a Global Age:京都大学大学院教育学研究科北京師範大学教育学部学術交流活動2018報告書. 2019. 102-108
  • Janet L. Miller 著、森本和寿, 鎌田祥輝, 市川和也, 徳島祐彌, 祁白麗 訳. ポストモダニズム(Postmodernism). 平成28~30年度科学研究費補助金 基盤研究(C)(一般)研究課題番号:16K04469 アクティブ・ラーニングを生かしたカリキュラムと評価方法の開発 研究基礎資料集1 クレイグ・クイーデル(監修)『カリキュラム研究事典』第2巻 L-Z. 2019. 828-832
Books (1):
  • 高等学校教科と探究の新しい学習評価
    学事出版 2020
Lectures and oral presentations  (3):
  • 英国におけるSTS教育の再検討:J・ソロモンの所論に着目して
    (日本教育方法学会第56回大会 2020)
  • Nature of Science in Science Education: Focusing on the Theories of Hypothesis Experiment Class (HEC)
    (Academic Exchange Programs 2018 between Kyoto University and Beijing Normal University 2018)
  • 板倉聖宣の科学教育論の展開
    (関西教育学会第70回大会 2018)
Education (2):
  • 2020 - 現在 京都大学大学院 教育・人間科学講座(教育方法学)博士後期課程
  • 2018 - 2020 京都大学大学院 教育・人間科学講座(教育方法学)修士課程
Professional career (1):
  • 修士 (京都大学)
Work history (1):
  • 2020/04 - 現在 Kyoto University of the Arts
Association Membership(s) (1):
日本教育方法学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page