Rchr
J-GLOBAL ID:202001009072829410   Update date: Nov. 17, 2021

iwadare yoshitaka

イワダレ ヨシタカ | iwadare yoshitaka
Affiliation and department:
Job title: 診療副部長
Research field  (1): Psychiatry
Research keywords  (1): ライフサイエンス / 精神神経科学 / 児童精神医学
Research theme for competitive and other funds  (1):
  • 2016 - 2019 Multi-site, Randomized Controlled Trial for Children with Trauma-related Symptoms and Treatment Applications
Papers (25):
  • Masahide Usami, Yoshitaka Iwadare, Hirokage Ushijima, Kumi Inazaki, Tetsuya Tanaka, Masaki Kodaira, Kyota Watanabe, Kazuhiro Kawahara, Mako Morikawa, Keiko Kontani, et al. Did kindergarteners who experienced the Great East Japan earthquake as infants develop traumatic symptoms? Series of questionnaire-based cross-sectional surveys: A concise and informative title: traumatic symptoms of kindergarteners who experienced disasters as infants. Asian journal of psychiatry. 2019. 44. 38-44
  • Saeko Takada, Satomi Kameoka, Makiko Okuyama, Takeo Fujiwara, Junko Yagi, Yoshitaka Iwadare, Hiroaki Honma, Hirohumi Mashiko, Keizo Nagao, Takeshi Fujibayashi, et al. Feasibility and psychometric properties of the UCLA PTSD reaction index for DSM-5 in japanese youth: A multi-site study. Asian journal of psychiatry. 2018. 33. 93-98
  • Masakazu Okada, Shingo Kitamura, Yoshitaka Iwadare, Hisateru Tachimori, Yuichi Kamei, Shigekazu Higuchi, Kazuo Mishima. Reliability and validity of a brief sleep questionnaire for children in Japan. Journal of physiological anthropology. 2017. 36. 1. 35-35
  • Masahide Usami, Yoshitaka Iwadare, Kyota Watanabe, Masaki Kodaira, Hirokage Ushijima, Tetsuya Tanaka, Kazuhiko Saito. Long-Term Fluctuations in Traumatic Symptoms of High School Girls Who Survived from the 2011 Japan Tsunami: Series of Questionnaire-Based Cross-Sectional Surveys. Child psychiatry and human development. 2016. 47. 6. 1002-1008
  • Yoshitaka Iwadare, Yuichi Kamei, Masahide Usami, Hirokage Ushijima, Tetsuya Tanaka, Kyota Watanabe, Masaki Kodaira, Kazuhiko Saito. Behavioral symptoms and sleep problems in children with anxiety disorder. Pediatrics international : official journal of the Japan Pediatric Society. 2015. 57. 4. 690-3
more...
MISC (148):
  • Dissociative symptoms in Children. Japanese Journal of Psychotherapy. 2021. 47. 1. 85-86
  • 岩垂 喜貴. 【精神疾患の背後に発達障害特性を見いだしたとき、いかに治療すべきか】ある入院症例を通して発達障害を有する患者のトラウマ関連症状を考える. 精神神経学雑誌. 2020. 122. 4. 296-302
  • 佐藤 政子, 小平 雅基, 岩垂 喜貴, 宇佐美 政英, 齊藤 万比古. 学齢期早期に不安から摂食困難をきたした女児の治療経過. 日本児童青年精神医学会総会抄録集. 2019. 60回. O5-5
  • 岩垂 喜貴, 牛島 洋景, 宇佐美 政英. 東日本大震災被災地(石巻市)と非被災地(市川市)の児童生徒のトラウマ反応に関する調査. 日本児童青年精神医学会総会抄録集. 2019. 60回. P10-1
  • 二宮 宗三, 板垣 琴瑛, 箱島 有輝, 稲崎 久美, 牛島 洋景, 岩垂 喜貴, 宇佐美 政英. 虐待を受けたASD児に対する動作法 身体感覚を通した関わり. 日本児童青年精神医学会総会抄録集. 2019. 60回. np312-np312
more...
Books (12):
  • CPC-CBT 親子複合型認知行動療法セラピストガイドー身体的虐待リスクのある子どもと家族をエンパワーする
    金剛出版 2021 ISBN:4772418431
  • 月刊ナーシング Vol41 No.11
    2021
  • 月刊ナーシングVol.41 No.9
    学研 2021
  • 月刊ナーシング Vol.41 No.6
    2021
  • 子どものトラウマとPTSDの治療:エビデンスとさまざまな現場における実践
    誠信書房 2021
more...
Lectures and oral presentations  (16):
  • コロナ禍における小児期逆境体験と入院治療
    (第62回 日本児童青年精神医学会総会 災害対策委員シンポジウム​ 「COVID-19蔓延のなか医療機関で何が起きていたか?」 2021)
  • 睡眠障害とADHD
    (日本睡眠学会第46回定期学術集会 2021)
  • 強い自己否定を抱える男児の入院治療について 強い自己否定を抱える男児の入院治療について
    (第117回日本精神神経学会 2021)
  • 入院治療について
    (思春期精神保健研修事業「思春期精神保健対策医療従事者専門研修 2021)
  • コロナ禍でのいじめ(災禍におけるいじめー特殊な状況下でのいじめの構造、スケーブゴートが生まれる背景)
    (第20回トラウマティックストレス学会 2021)
more...
Education (1):
  • 1993 - 1999 山梨医科大学 医学科
Work history (4):
  • 2019/04 - 現在 駒木野病院 精神科
  • 2006/04 - 2019/03 国立国際医療研究センター国府台病院 児童精神科
  • 2004/04 - 2006/03 国立精神神経センター 国府台病院 精神科
  • 1999/04 - 2004/03 山梨大学医学部 小児科
Committee career (4):
  • 2020/09 - 日本児童青年精神医学会 代議員
  • 2020/04 - 八王子市教育委員会学校教育部 学校心理士スーパーバイザー
  • 2019/04 - 東京都八王子市教育委員会 八王子市教育委員会いじめ問題対策委員会
  • 2017/04 - 日本児童青年精神医学会 災害対策委員会
Awards (1):
  • 2012/05 - 日本小児神経学会 若手優秀ポスター賞
Association Membership(s) (3):
日本睡眠学会 ,  日本精神神経学会 ,  日本児童青年精神医学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page