Rchr
J-GLOBAL ID:202001009548384994   Update date: Mar. 30, 2021

GOTO Suguru

ゴトウ スグル | GOTO Suguru
Affiliation and department:
Job title: Associate Professor
Homepage URL  (2): http://gotolab.geidai.ac.jphttp://gotolab.geidai.ac.jp/en.html
Research field  (1): Aesthetics and art studies
Research keywords  (3): 現代音楽 ,  メディアアート ,  コンピュータミュージック
Papers (9):
  • Suguru Goto, Satoru Higa, johnsmith, Chihiro Suzuki. gravityZERO, an installation work for virtual environment. This paper reports the exposition of an artistic installation, gravityZERO, and its ongoing technical development. It consists of virtual sound, VR and robotic technologies in order to simulate the state of zero gravity. Audience members can experience a floating sensation within this virtual environment. 2019
  • Suguru Goto. “Virtual Musical Instrument” and “RoboticMusic” - Its Introduction and The Case Study of An Application of The System. TWO Thousand + NINE symposium- SARC/Belfast. 2009
  • Suguru Goto, Rob Powell. netBody - “Augmented Body and Virtual Body II” with the system, BodySuit, Powered Suit and Second Life - Its Introduction and The Case Study of An Application of The System. ICMC. 2009
  • Suguru Goto. Integration of percussion robots „RobotMusic“ with the Data- Suit „BodySuit“: Technological Aspects and Concepts. Roman2007. 2007
  • Suguru Goto. An Application of The System, “BodySuit” and “RoboticMusic” - Its Introduction and Aesthetics. The Proceeding of ICMC06. 2006
more...
MISC (3):
  • Takashi Saito. Temps Tressé III. 2003
  • サウンド&レコーディング・マガジン Eureport 連載記事. サウンド&レコーディング・マガジン. 2002
  • Modern Art Sextet. CD(音楽), Onomatopoeia and Montage Modern Art Sextet Academy der Künste, Germany. Academy der Künste, Germany. 1995
Books (2):
  • Emprise: 現代音楽の系譜から、 コンピューター・ミュージック、エレクトロニック・ミュージック、ニュー・メディア・アート、 新たなパフォーマンスへの進化
    スタイルノート 2016
  • CsO
    アソルハーモニクス 2016
Lectures and oral presentations  (5):
  • 第53回ヴェネツィアビエンナーレ 招待(イタリア)
    (2009)
  • イギリスのAVフェスティバルより作品委嘱
    (2006)
  • IRCAMのレゾナンスのフェスティバルでソロ・リサイタル(フランス,ポンピドゥー・センター)
    (2003)
  • 東京フィルハーモニによりオーケストラ作品”ResonanceII”初演(東京,オーチャードホール)
    (2000)
  • マルティ・メディア・オペラ作品”NADA”(ベルリン,シャウルシュピール・ハウス)
    (1995)
Works (13):
  • AI Beethoven
    2020 -
  • gravityZERO
    2019 -
  • Body in Zero G
    2016 -
  • Hypnoid(ハイプノイド)
    2015 -
  • Duali
    2012 -
more...
Education (6):
  • - 2004 パリ第8大学:フランス コンピューター音楽/メディア・アート
  • 1992 - 1995 ベルリン芸術大学
  • - 1995 ポンピドゥー・センター/IRCAM:フランス コンピューター音楽
  • - 1995 ベルリン工科大学 コンピューター音楽、コミュニケーション学
  • - 1991 ニューイングランド音楽大学:アメリカ
Show all
Professional career (1):
  • 博士
Work history (3):
  • 2017/04 - 東京藝術大学音楽学部准教授
  • 2012 - 2017 ボルドー芸術大学、フランス インタラクティブ・アート/デジタル・ミュージック 准教授
  • 1996 - 2012 ポンピドゥー・センター/IRCAM、フランス 開発/作品制作 研究者/作曲者
Committee career (2):
  • 2019 - 現在 Science / Art Board
  • 2003 - 2007 NIME 審査員と実行委員会
Awards (12):
  • 2013 - アルスエレクトニカにてデジタル・ミュージック&サウンド・アート 栄誉賞(オーストリア)
  • 2013 - KAO国際キネティック・アート・コンペティション第2位
  • 2011 - Action Sharing 2 大賞(イタリア)
  • 2010 - FileフェスティバルにてFILE PRIX LUXのElectronic Sonority Honor Award 賞(ブラジル)
  • バン・ニューメリック4 アンガン・デ・バン・デジタル・アート国際フェスティバル「OFQJダンス・ニューテクノロジー賞」(フランス)
Show all
Association Membership(s) (3):
IRCAM Forum ,  先端芸術音楽創作学会 ,  日本電子音楽協会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page