Rchr
J-GLOBAL ID:202001009788362009   Update date: Feb. 01, 2024

NOGUCHI Yuta

NOGUCHI Yuta
Affiliation and department:
Research field  (1): Architectural and city planning
Research keywords  (4): Landscape ,  災害復興 ,  農村計画 ,  建築計画
Research theme for competitive and other funds  (10):
  • 2022 - 2025 仮設住宅集会所「みんなの家」の再利用に見る持続可能性と創造的復興の要因
  • 2018 - 2023 縮退を宿命づけられた旧鉱山住宅街の変容過程の解明を通した縮退対応型住宅地計画研究
  • 2019 - 2022 自然災害と生態系サービスの関係性に基づいた創造的復興に関する研究
  • 2018 - 2022 持続的なまちづくりの視点からみた負の現地遺構の保存活用に関する研究
  • 2020 - 2021 棚田文化継承のための耕作マニュアル作成を通じた地域振興
Show all
Papers (6):
  • Sota ADACHI, Toshio OTSUKI, Naohiro TANIGUCHI, Atsuko YASUTAKE, Yuta Noguchi, Taisaku HASHIMOTO. CONSTRUCTION PROCESS OF COAL MINING COMPANY HOUSING IN HARUTORI AREA OF KUSHIRO COALFIELD AND IWAKI AREA OF JŌBAN COALFIELD. Journal of Architecture and Planning (Transactions of AIJ). 2023. 88. 812. 2651-2662
  • STUDY ON POST-DISASTER DWELLING IN RURAL AREA Focusing on Achieving Living Bases in Evacuation Life. 2023. 44. 25-36
  • 野口雄太, 菊地成朋. 建築計画学領域における被災地へのエスノグラフィック・アプローチ. 都市・建築学研究:九州大学大学院人間環境学研究院紀要. 2021. 39. 7-14
  • Yuta NOGUCHI, Shigetomo KIKUCHI. ACTUAL CONDITIONS AND ROLES OF EMERGENCY SHELTERS IN RURAL AREA. Journal of Architecture and Planning (Transactions of AIJ). 2021. 86. 781. 761-769
  • Shinta AKADA, Shigetomo KIKUCHI, Yuta NOGUCHI. RECONSTRUCTION OF WATER LUMBERING SYSTEM. AIJ Journal of Technology and Design. 2019. 25. 61. 1323-1326
more...
MISC (3):
  • Actors and Resources of Disaster Recovery for Plurality. 2023. 12-16
  • Recovery Activities for Achieving Spatial Resources in Rural Area. 2023. 51-54
  • 野口雄太, 渡邊健太郎. 農の営みから見る農家の災害復興 平成29年九州北部豪雨で被災した柿農家の事例から. 2019年度日本建築学会大会(北陸)特別研究部門パネルディスカッション 住まいの復興の共有知を目指して-東日本大震災の事例から考えるこれからの住まい. 2019
Books (1):
  • 世界で語る/世界に語る ヒューマン・スタディーズ
    集広舎 2022
Lectures and oral presentations  (15):
  • 北海道における改良住宅の建設動向とその変容
    (2023年度日本建築学会大会(近畿)学術講演会 2023)
  • 佐賀県旧杵島郡山間部におけるクド造り民家の分布状況と集落形態との関係性
    (2022年度 日本建築学会九州支部 研究発表会 2023)
  • 地域循環共生圏の考え方に基づいた木製ガードレールの実現可能性に関する研究
    (土木学会 第17回景観・デザイン研究発表会)
  • Discussion on Early Recovery based on Mutual Aids in Rural Area
    (2021)
  • 棚田集落におけるミチの構成とその変遷 つづら棚田の景観保全に関する研究 その1
    (2020年度日本建築学会大会学術講演会 2020)
more...
Education (3):
  • 2016 - 2020 Kyushu University Graduate School of Human-Environment Studies
  • 2014 - 2016 Kyushu University Graduate School of Human-Environment Studies
  • 2010 - 2013 Kyushu University School of Engineering
Professional career (1):
  • Ph.D. in Engineering (Kyushu University)
Work history (3):
  • 2022/04 - 現在 Fukuoka University Faculty of Engineering, Department of Architecture Assist. Prof.
  • 2019/10 - 現在 NPO法人 新川田篭環境資産保全研究会 理事
  • 2020/04 - 2022/03 Kyushu University Faculty of Engineering
Committee career (3):
  • 2022/04 - 現在 うきは市 浮羽まるごと博物館協議会
  • 2022/04 - 現在 日本建築学会 多元性に着目した復興再考 [若手奨励] 特別研究委員会 委員
  • 2016/06 - 現在 KASEI(九州建築学生仮設住宅環境改善)プロジェクト 運営委員
Awards (6):
  • 2021/12 - 土木学会 優秀ポスター賞 地域循環共生圏の考え方に基づいた木製ガードレールの実現可能性に関する研究
  • 2018/11 - 日本建築学会 若手優秀発表賞 2018年度日本建築学会大会(東北)学術講演会 建築計画部門
  • 2017/11 - 日本建築学会 若手優秀発表賞 2017年度日本建築学会大会(中国)学術講演会 建築計画部門
  • 2017/10 - グッドデザイン賞
  • 2014/08 - 日本建築学会 2014年度日本建築学会設計競技 九州支部賞
Show all
Association Membership(s) (2):
土木学会 ,  日本建築学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page