Rchr
J-GLOBAL ID:202001010281676875   Update date: Jun. 17, 2021

JINNO YOHEI

ジンノ ヨウヘイ | JINNO YOHEI
Affiliation and department:
Job title: 助教
Research field  (2): Regenerative dentistry and dental engineering ,  Prosthodontics
Research keywords  (2): bone augmentation ,  dental implant
Research theme for competitive and other funds  (5):
  • 2020 - 2022 埋入時注水冷却で歯科インプラント体の早期脱落を予防する
  • 2013 - 2014 自己細胞侵入型新規骨補填材の開発-海綿骨を模倣する-
  • 2011 - 2014 Development of the novel bone augmentation procedure
  • 2011 - 2012 Developmentof biodegradable polymer-calcium phosphate composite as a bone substitute material
  • 2009 - 2010 Development of the novel noninvasive bone augmentation technique
Papers (28):
  • Yasunori Ayukawa, Ikiru Atsuta, Yasuko Moriyama, Yohei Jinno, Kiyoshi Koyano. Localization of Integrin Beta-4 Subunit at Soft Tissue-Titanium or Zirconia Interface. Journal of Clinical Medicine. 2020. 9. 10. 3331-3331
  • Jinno Y, Stocchero M, Galli S, Toia M, Becktor JP. Impact of a hydrophilic dental implant surface on osseointegration: biomechanical results in rabbit. The Journal of oral implantology. 2020
  • Stocchero M, Jinno Y, Toia M, Jimbo R, Lee C, Yamaguchi S, Imazato S, Becktor JP. In silico multi-scale analysis of remodeling peri-implant cortical bone: a comparison of two types of bone structures following an undersized and non-undersized technique. Journal of the mechanical behavior of biomedical materials. 2019. 103. 103598-103598
  • Jinno Y, Johansson K, Stocchero M, Toia M, Galli S, Stavropoulos A, Becktor JP. Impact of salivary contamination during placement of implants with simultaneous bony augmentation in iliac bone in sheep. The British journal of oral & maxillofacial surgery. 2019. 57. 10. 1131-1136
  • Ayukawa Y, Oshiro W, Atsuta I, Furuhashi A, Kondo R, Jinno Y, Koyano K. Long Term Retention of Gingival Sealing around Titanium Implants with CaCl2 Hydrothermal Treatment: A Rodent Study. Journal of clinical medicine. 2019. 8. 10
more...
MISC (23):
  • 神野 洋平, Stocchero Michele, Toia Marco, Becktor Jonas P. 【海外の基礎研究はインプラント治療をどう変えたか?:From Bench to Clinic】アンダーサイズドリリングテクニックがインプラント体周囲骨組織に与える影響. 日本口腔インプラント学会誌. 2019. 32. 2. 116-125
  • 神野 洋平. 各種骨補填材料を用いたリングテクニックによるインプラント体周囲における垂直的骨増生. 日本口腔インプラント学会誌. 2019. 32. 2. E77-E77
  • 神野 洋平. 海外の基礎研究はインプラント治療をどう変えたか? From Bench to Clinic インプラント体周囲組織の反応 種々の検討から見えてくるもの. 日本口腔インプラント学会学術大会抄録集. 2018. 48回. 343-343
  • 邉見 蓉子, 内藤 禎人, 神保 良, 神野 洋平, 関根 一光, 浜田 賢一. 3次元多孔性チタン織物の変形能とin vivoにおける骨伝導能. 日本バイオマテリアル学会大会予稿集. 2016. シンポジウム2016. 131-131
  • 神野 洋平. インプラント体周囲骨を考える インテグレーションとその安定に及ぼす因子. 日本口腔インプラント学会誌. 2016. 29. 特別号. 129-129
more...
Lectures and oral presentations  (3):
  • インプラント体周囲組織の周囲組織の反応 種々の検討から見えてくるもの
    (第48回公益社団法人日本口腔インプラント学会学術大会 シンポジウム10海外の基礎研究はインプラント治療をどう変えたか?From Bench to Clinic 2018)
  • インプラント体周囲骨を考える インテグレーションとその安定に及ぼす因子
    (第46回公益社団法人日本口腔インプラント学会学術大会 若手インプラントロジストセッション 2016)
  • 新しい骨増生術式および骨補填材料の骨補填材料の開発 スタチンの局所投与
    (第122回公益社団法人日本補綴歯科学会学術大会 臨床イノベーションのための若手研究者の挑戦・バイオマテリアルエンジニアリングの新たな展開 2013)
Education (2):
  • 2004 - 2008 Kyushu University Division of Oral Rehabilitation
  • 1998 - 2004 Kyushu University
Professional career (1):
  • 博士(歯学) (九州大学)
Work history (5):
  • 2020/04 - 現在 九州大学 大学院歯学研究院口腔機能修復学講座インプラント・義歯補綴学分野 助教
  • 2016/03 - 2020/03 マルメ大学 歯学部顎顔面口腔外科学教室
  • 2014/03 - 2016/02 マルメ大学 歯学部補綴学教室
  • 2010/04 - 2014/02 九州大学 大学院歯学研究院口腔機能修復学講座インプラント・義歯補綴学分野 助教
  • 2008/04 - 2010/03 九州大学病院 義歯補綴科 医員
Committee career (2):
  • 2020/06 - 2022/07 公益社団法人日本口腔インプラント学会 国際委員会委員
  • 2012/09 - 2014/02 公益社団法人日本口腔インプラント学会 学術委員会委員
Awards (2):
  • 2008/03 - 九州大学学生後援会 学術研究賞
  • 2007/09 - 公益社団法人日本口腔インプラント学会 最優秀発表賞
Association Membership(s) (3):
一般社団法人日本顎顔面補綴学会 ,  公益社団法人日本口腔インプラント学会 ,  公益社団法人日本補綴歯科学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page