Rchr
J-GLOBAL ID:202001010602416498   Update date: Sep. 23, 2021

KIMURA MIKU

キムラ ミク | KIMURA MIKU
Affiliation and department:
Job title: 講師
Other affiliations (3):
Research field  (1): Education - general
Research keywords  (1): 思春期 危険行動 ライフスキル 心理社会的能力 早期性行動 健康教育 行動科学
Papers (16):
  • 川畑徹朗, 池田真理子, 山下雅道, 村上啓二, 木村美来. 中学生のいじめ被害,加害及び目撃時の行動にかかわる心理社会的要因. 学校保健研究. 2018. 60. 2. 102-113
  • Meijin Li Tetsuro Kawabata. Relationships between Sexual Behaviors and Psychosocial Variables among Junior High School Students in Shanghai, China. School Health. 2016. 12. 21-34
  • 菱田一哉, 川畑徹朗, 李美錦, 堺千紘. 思春期以前の生徒のいじめ被害経験の予測に有効な心理社会的変数-新潟市の小学校6年生及び中学1年生における1年間の縦断調査の結果より-. 学校保健研究. 2014. 56. 3. 165-174
  • 堺千紘, 川畑徹朗, 菱田一哉, 李美錦, 今出友紀子. 中・高校生の医薬品使用行動にかかわる要因. 学校保健研究. 2014. 56. 1. 11-20
  • 堺千紘, 川畑徹朗, 李美錦, 菱田一哉, 宋昇勲, 今出友紀子. 中・高校生の医薬品使用にかかわる行動および態度の実態. 学校保健研究. 2013. 55. 4. 295-307
more...
Books (1):
  • ライフスキルを育む思春期の心と体-授業事例集-
    東京法令出版 2014
Lectures and oral presentations  (40):
  • 中学生のいじめ被害,加害及び目撃時の行動にかかわる心理社会的要因
    (日本学校保健学会 第66回大会 (国立オリンピック記念青少年総合センター) 2019)
  • レジリエンシ-(精神回復力)の形成を促す中学生用いじめ防止プログラムの開発と有効性の評価
    (日本学校保健学会 第63回大会 (筑波大学) 2016)
  • 中学生の性行動とその関連要因に関する縦断研究
    (東海学校保健学会 第59回大会 (静岡県コンベンションアーツセンター) 2016)
  • 中・高校生の医薬品使用行動にかかわる要因
    (日本学校保健学会 第62回大会 (岡山コンベンションセンター) 2015)
  • ライフスキル形成を基礎とした中学生用性教育プログラムの開発
    (日本学校保健学会 第62回大会 (岡山コンベンションセンター) 2015)
more...
Education (4):
  • 2010 - 2013 Kobe University Division of Psychological Development and Health Promotion
  • 2009 - 2010 Kobe University Division of Psychological Development and Health Promotion
  • 2007 - 2009 Mie University
  • 2004 - 2007 Mie University Training Course for School Teachers
Professional career (2):
  • 博士(学術) (神戸大学)
  • 修士(教育学) (三重大学)
Work history (4):
  • 2020/04 - 現在 Suzuka University Faculty of infant education; early childhood education
  • 2015/04 - 現在 Aichi Gakuin University Faculty of Psychological and Physical Science
  • 2015/09 - 2021/03 Nagoya University of Arts and Sciences
  • 2014/01 - 2021/03 Mie University Faculty of Education
Committee career (5):
  • 2019/10 - 現在 日本学校保健学会 第67回学術大会実行委員
  • 2019/09 - 現在 東海学校保健学会 評議員
  • 2012/06 - 2016/03 近畿学校保健学会 評議員
  • 2013/06 - 2013/06 近畿学校保健学会 第60回学術大会企画・運営委員
  • 2011/11 - 2012/11 日本学校保健学会 第59回学術大会運営委員
Awards (5):
  • 2019/11 - 日本学校保健学会 第66回学術大会 学会賞 中学生のいじめ被害,加害及び目撃時の行動にかかわる心理社会的要因
  • 2015/11 - 第62回学術大会 学会奨励賞 中・高校生の医薬品使用行動にかかわる要因
  • 2014/11 - 日本学校保健学会 第61回学術大会 学会賞 インターネット上の 性情報の接触が中学生 の性行動に及ぼす影響 に関する縦断研究
  • 2013/11 - 日本学校保健学会 第60回学術大会 学会奨励賞 中学生の性行動と心理社会的変数との関連
  • 2012/11 - 日本学校保健学会 第59回学術大会 学会賞 いJめの影響とレジリエンシー,ソーシャル・サポート,ライフスキルとの関係
Association Membership(s) (9):
東海養護教諭教育研究会 ,  全国私立大学短期大学(部)養護教諭養成課程研究会 ,  日本養護教諭養成大学協議会 ,  日本養護実践学会 ,  東海学校保健学会 ,  日本学校保健学会 ,  JKYBライフスキル教育研究会 ,  日本教育方法学会 ,  近畿学校保健学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page