Rchr
J-GLOBAL ID:202001010636674550   Update date: Mar. 21, 2021

OZAKI Yuichi

オザキ ユウイチ | OZAKI Yuichi
Affiliation and department:
Job title: Professor
Homepage URL  (1): https://www.tmu.ac.jp/stafflist/data/a/362.html
Research field  (1): Civil law
Research keywords  (4): Commercial Law ,  Corporate Law ,  Securities Regulation ,  Insurance Law
Research theme for competitive and other funds  (1):
  • 2008 - 2010 The Regulation of Executive Compensation in the Context of Corporate Governance
Papers (18):
  • 尾崎悠一. 「補償契約・役員等のために締結される保険契約に関する規律の新設(特集・企業統治強化に向けた会社法の改正)」. 法律のひろば. 2020. 73. 3. 34-41頁
  • 尾崎悠一. 「法的な観点からみた上場子会社の少数株主保護問題」. 企業会計. 2019. 71. 12. 63-70頁
  • 尾崎悠一. 「情報環境の進展と法的対応」. 生命保険論集. 2019. 208号別冊. 149-175頁
  • 尾崎悠一. 「保険契約の転換・乗換えにおける説明義務」. 生命保険論集. 2019. 206. 51-87頁
  • 尾崎悠一. 「株主代表訴訟の対象-最判平成21・3・10民集63巻3号361頁を踏まえて〔理論的検討〕」. 法学教室. 2018. 456. 112-116頁
more...
MISC (14):
  • 尾崎悠一. (判例解説)「フランチャイズ契約締結過程における予測情報の提供とフランチャイザーの責任」. 神作裕之・藤田友敬編『商法判例百選』(別冊ジュリスト,有斐閣). 2019. 106-107頁
  • 尾崎悠一. (判例研究)「ストック・オプションの行使条件-退職勧奨に応じた従業員による権利行使の可否」. ジュリスト. 2019. 1538. 115-118頁
  • 尾崎悠一. (判例研究)「グループ会社従業員に対する親会社の信義則上の義務」〔平成30年度重要判例解説〕. ジュリスト. 2019. 1531. 103-104頁
  • 尾崎悠一. (判例解説)「手形行為と利益相反取引」. 岩原紳作・神作裕之・藤田友敬編『会社法判例百選・第3版』(別冊ジュリスト,有斐閣). 2016. 118-119頁
  • 尾崎悠一. (判例研究)「転換契約が営業職員による誤説明によるもので錯誤による無効か」. 保険事例研究会レポート. 2016. 297. 1-10頁
more...
Books (2):
  • 江頭憲治郎・中村直人編著『論点体系会社法 補巻』
    第一法規 2015
  • 江頭憲治郎・中村直人編著『論点体系会社法 3』
    第一法規 2012
Lectures and oral presentations  (2):
  • State or Public-Oriented Shareholder in Japan
    (2018 Beijing Conference German and East Asian Perspectives on Corporate and Capital Market Law (at Peking University Law School) 2018)
  • 上場会社における経営者報酬の規律
    (日本私法学会第80回大会個別報告(於・東京大学法学部) 2016)
Education (1):
  • - 2004 The University of Tokyo
Work history (4):
  • 2020/04 - 現在 Tokyo Metropolitan University
  • 2018/04 - 2020/03 Tokyo Metropolitan University
  • 2007/04 - 2017/03 Tokyo Metropolitan University
  • 2004/04 - 2007/03 The University of Tokyo Graduate Schools for Law and Politics
Association Membership(s) (2):
The Maritime Law Association of Japan ,  Japan Association of Private Law
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page