Rchr
J-GLOBAL ID:202001010928078533   Update date: Apr. 01, 2024

Chinuki Yuko

チヌキ ユウコ | Chinuki Yuko
Affiliation and department:
Research theme for competitive and other funds  (4):
  • 2019 - 2022 Study on tolerance by tolerant dose and continuous intake of 1 BS -18, wheat without omega -5 gliadin
  • 2016 - 2019 Elucidation of pathogenesis of IgE-dependent type I allergy which crosses species and involvement of CCD
  • 2013 - 2016 Study for a mechanism of prolonged CD203c expression-based basophil activation in the patients with red meat allergy
  • 2011 - 2012 Investigation of the mechanisms regulating wheat allergen absorption through tight junction in the intestinal epithelial cells
Papers (57):
  • 小池 貴之, 千貫 祐子, 荻野 龍平, 横大路 智治, 松尾 裕彰, 東儀 君子, 三原 祐子, 和久本 圭子, 山崎 修. 血中抗原特異的IgE検査(ImmunoCAP)陰性であったエビによる食物依存性運動誘発アナフィラキシーの3例. 西日本皮膚科. 2024. 86. 1. 16-21
  • Yuko Chinuki, Kunie Kohno, Michihiro Hide, Keiko Hanaoka, Takahiro Okabe, Atsushi Fukunaga, Yoshiko Oda, Atsuko Adachi, Tsukasa Ugajin, Hiroo Yokozeki, et al. Efficacy and safety of omalizumab in adult patients with wheat-dependent exercise-induced anaphylaxis: Reduction of in vitro basophil activation and allergic reaction to wheat. Allergology international : official journal of the Japanese Society of Allergology. 2023. 72. 3. 444-450
  • Yusei Nakagawa, Yuko Chinuki, Ryohei Ogino, Kenshi Yamasaki, Setsuya Aiba, Tsukasa Ugajin, Hiroo Yokozeki, Kaoru Kitamura, Eishin Morita. Cohort study of subclinical sensitization against galactose-α-1,3-galactose in Japan: Prevalence and regional variations. The Journal of dermatology. 2022
  • 古村 尚士, 千貫 祐子, 福代 通人, 飛田 礼子, 上野 彩夏, 山崎 修. 可溶性フィブリン測定が血栓症との鑑別に有用と考えられたD-dimer上昇を伴う急性蕁麻疹. 日本皮膚科学会雑誌. 2022. 132. 9. 2139-2145
  • Y Chinuki, H Takahashi, E Morita. IgE Antibodies to Galactose-α-1,3-galactose, an Epitope of Red Meat Allergen, Cross-react With a Novel Flounder Roe Allergen. Journal of investigational allergology & clinical immunology. 2022. 32. 4. 324-326
more...
MISC (495):
  • 千貫 祐子. 治療法の再整理とアップデートのために 専門家による私の治療 動物アレルギー. 日本医事新報. 2022. 5124. 50-51
  • 千貫 祐子. 【食物アレルギーの原因同定及び対応マニュアル】原因不明の食物関連アナフィラキシーに対する検査・診断アプローチ. アレルギーの臨床. 2022. 42. 8. 577-581
  • 飛田 礼子, 千貫 祐子, 新原 寛之, 中川 優生, 赤木 竜也, 園山 隆之, 岡空 輝夫, 森田 栄伸. 高分子量グルテニンが原因抗原であった小麦依存性運動誘発アナフィラキシーの3例. 西日本皮膚科. 2022. 84. 3. 261-261
  • 古村 尚士, 太田 征孝, 千貫 祐子, 森田 栄伸. 当院における基底細胞癌の検討. 西日本皮膚科. 2022. 84. 3. 275-276
  • 福代 通人, 太田 征孝, 千貫 祐子, 片岡 祐子, 荒木 亜寿香, 久岡 正典, 本田 栄, 田中 勝, 森田 栄伸. 診断に苦慮したランゲルハンス細胞肉腫の1例. 西日本皮膚科. 2022. 84. 3. 276-277
more...
Committee career (3):
  • 日本研究皮膚科学会代議員
  • 日本皮膚免疫アレルギー学会評議員
  • 日本アレルギー学会代議員
Awards (10):
  • 2021/04 - 公益財団法人 マルホ ・高木皮膚科学振興財団 第5回 高木賞 成人小麦アレルギー疾患感受性遺伝子に関する簡易検査法の開発と発症予防法の確立
  • 2014/11 - 日本皮膚科学会西部支部 ポスター賞銀賞 頭頸部癌患者64名におけるα-gal関連抗原特異的IgE保有率とセツキシマブによるアナフィラキシー回避の試み
  • 2014/05 - 日本皮膚科学会 日本皮膚科学会雑誌論文賞 牛肉アレルギー患者20例の臨床的および血清学的解析
  • 2013/09 - 日本皮膚科学会東部支部 日本皮膚科学会東部支部学会賞
  • 2012/10 - 日本皮膚科学会西部支部 ポスター賞金賞 牛肉アレルギーの発症原因と交差反応性に関する検討
Show all
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page