Rchr
J-GLOBAL ID:202001011865363360   Update date: Oct. 02, 2021

Yamaoka Shin

ヤマオカ シン | Yamaoka Shin
Affiliation and department:
Job title: 実験実習助手
Research theme for competitive and other funds  (1):
  • 2020 - 2023 次世代の骨格筋萎縮に及ぼす発育初期のポリフェノールの影響評価とその作用機序の解明
Papers (5):
  • Examination of calculation method of nutritional values from historical records in Edo period. 2020. 2. 1. 8-12
  • Shin Sato, Toshio Norikura, Yuuka Mukai, Shin Yamaoka, Keigo Mikame. Lignin-derived low-molecular-weight oxidized lignophenol stimulates AMP-activated protein kinase and suppresses renal inflammation and interstitial fibrosis in high fat diet-fed mice. Chemico-biological interactions. 2020. 318. 108977-108977
  • Differences in how Nurses and Public Health Nurses Perceive Registered Dietitians and Dietitians in Japan. 2019. 5. 2. 17-19
  • Effects of Chronic Stress on Glutathione Metabolism of Erythrocytes in Mice. 2019. 29. 1. 81-90
  • Study on the Preventive Effects of Young Barley Leaf Powder Ingredients on Inflammatory Bowel Disease Using Intestinal Cell Culture Model. 2018. 27. 2. 385-391
MISC (21):
  • 山岡 伸, 佐々木 琴美、佐藤 伸. 胎児期・乳児期に低栄養に曝された仔ラットの果糖負荷による腎臓の Nrf2/HO-1 経路に及ぼすクルクミンの影響. 第68回日本栄養改善学会学術総会. 2021
  • 山岡伸, 佐々木琴美, 佐藤李香, 西田朱里, 佐藤伸. 胎児期・乳児期に低栄養に曝された仔ラットのフルクトース負荷による 心臓の炎症細胞浸潤に及ぼすクルクミンの影響. 2020 年度青森県保健医療福祉研究発表会 日本ヒューマンケア科学学会第13回学術集会 合同集会. 2020
  • 佐藤李香、佐々木琴美、西田朱里、山岡 伸、向井友花、佐藤 伸. クルクミンは胎生期乳児期に低蛋白食に曝された雌性仔ラットの過剰果糖摂取による骨格筋のマクロファージ浸潤を軽減する. 2020 年度青森県保健医療福祉研究発表会 日本ヒューマンケア科学学会第13回学術集会 合同集会. 2020
  • 佐々木琴美、佐藤李香、西田朱里、山岡伸、向井友花、佐藤伸. 乳児期に摂取するクルクミンは胎生期及び乳児期に低栄養に曝された雌性仔ラットの過剰果糖負荷による腎障害を軽減する. 2020 年度青森県保健医療福祉研究発表会 日本ヒューマンケア科学学会第13回学術集会 合同集会. 2020
  • 小山達也, 山岡伸, 齋藤長徳, 吉池信男. 管理栄養士の大学教員が作成した食生活支援リーフレットの内容として望まれていること. 2020 年度青森県保健医療福祉研究発表会 日本ヒューマンケア科学学会第13回学術集会 合同集会. 2020
more...
Lectures and oral presentations  (1):
  • 乳児期のクルクミンの摂取の影響、ストレスと栄養及び江戸時代の食事について
    (青森県立保健大学 令和2年度第3回研究談話会 2021)
Committee career (1):
  • 2020/05 - 現在 公益社団法人 青森県栄養士会 研究教育職域会 運営委員
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page