Rchr
J-GLOBAL ID:202001012222474315   Update date: Aug. 02, 2021

Yoshizuka Hisayoshi

Yoshizuka Hisayoshi
Affiliation and department:
Job title: 講師
Other affiliations (1):
Research field  (2): Anatomy ,  Rehabilitation science
Research theme for competitive and other funds  (5):
  • 2021 - 2024 長腓骨筋の機能向上に最適な運動課題の開発:機能解剖学的知見を基盤とした筋電図解析
  • 2021 - 2024 感圧測定システムによる踵腓靱帯の機能解析~靱帯損傷のテーラーメイド予防を目指して
  • 2020 - 2022 踵腓靭帯に個人レベルの機能差は存在するのか?:解剖体を用いた機能解剖学的検討
  • 2019 - 2020 Gaze Stability exerciseが地域在住高齢者の平衡機能に及ぼす影響
  • 2016 - 2017 理学療法の技術項目における卒前の修得可能性:実習指導者と学生の認識の差に着目して
Papers (22):
  • Hisayoshi Yoshizuka, Takanori Sato, Junya Murakami, Tsubasa Mitsutake, Masao Hiromatsu. Short-term changes in radiographic joint space width after jiggling exercise as conservative treatment for hip osteoarthritis: A retrospective case series of nine patients. PLoS ONE. 2021. 16. 6. e0253643
  • 吉塚久記, 佐野伸之, 光武 翼, 浅見豊子, 小坂克子. リハビリテーション専門職の学部教育における3D解剖教育システムの有用性に関する質的研究. 理学療法科学. 2021. in press
  • Asami S, Inamoto Y, Yoshizuka H, Saitoh E, Shibata S, Aihara K, Kagaya H, Kobayashi M, Asami T, Kuraoka A, et al. Effect of respiration phases on the morphology of the laryngopharyngeal cavity: an investigation using 320-row area detector computed tomography. Fukuoka Acta Medica. 2021. in press
  • 江越正次朗, 國分裕一, 吉塚久記, 光武翼, 大古場良太. 若年者の健康コントロール所在と身体活動,身体機能との関係について. 理学療法さが. 2020. 6. 1. 1-6
  • Okoba R, Hasegawa M, Yoshizuka H, Honda Y, Ichiba M, Asami T. Particular protrusion perception arising from plantar sensory input and task guidance enhances lower limb joint dynamics during gait. Journal of physical therapy science. 2019. 31. 3. 261-266
more...
Lectures and oral presentations  (54):
  • 咽頭喉頭腔の形態に対する呼吸時相の影響:320列面検出器型CTを用いて
    (第58回日本リハビリテーション医学会学術集会(京都) 2021)
  • 多視点3D解剖教育システムを用いた実習の有用性:Steps for coding and theorizationによる質的研究
    (第58回日本リハビリテーション医学会学術集会(京都) 2021)
  • 脊柱管外病変に起因する殿部痛および坐骨神経症状を呈した3症例の理学療法前後の超音波動態評価
    (第33回日本臨床整形外科学会学術集会(愛知:Web開催) 2020)
  • 足底の特定部位への知覚と荷重指示による歩行時の体幹移動量の変化について
    (第57回日本リハビリテーション医学会学術集会(京都) 2020)
  • 足底感覚入力と課題指示から生じる特定の突起知覚がもたらす歩行時の下肢筋活動変化
    (第2回リハビリテーションのための姿勢運動制御研究会(奈良) 2019)
more...
Education (2):
  • 2013 - 2018 佐賀大学大学院
  • 2011 - 2013 佐賀大学大学院
Professional career (1):
  • 博士(医学)
Association Membership(s) (5):
理学療法科学学会 ,  日本理学療法教育学会 ,  日本基礎理学療法学会 ,  日本理学療法士協会 ,  日本解剖学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page