Rchr
J-GLOBAL ID:202001012647565616   Update date: Apr. 12, 2022

Katano Izumi

Katano Izumi
Research field  (2): Ecology and environmental science ,  Environmental impact assessment
Research keywords  (1): freshwater, inland water, articficial pond, macroinvertebrates, foodweb, dam
Research theme for competitive and other funds  (26):
  • 2022 - 2025 河川の生物多様性をはぐくむキーハビタット・河床間隙域を環境DNAで評価する
  • 2020 - 2025 ダム下流で大量に生息する濾過食者シマトビケラ科幼虫についての研究
  • 2020 - 2023 低水敷タマリの環境と底生動物群集について
  • 2021 - 2022 ダム河川における「土砂還元」の新たな効果:生物による水質浄化機能促進の検証
  • 2021 - 2022 河川中流域における一時的水域の水環境および生物群集: 高水敷と低水敷に形成されるタマリの比較
Show all
Papers (48):
  • 輪地紗良, 片野泉. 同所に生息する濾過食者シマトビケラ属2種の体内脂質割合. 陸水研究. 2022. in press
  • Akasaka T, Mori T, Ishiyama N, Takekawa Y, Kawamoto T, Inoue M, Mitsuhashi H, Kawaguchi Y, Ichiyanagi H, Onikura N, et al. Reconciling biodiversity conservation and flood risk reduction: the new strategy for freshwater protected areas. Diversity and distributions. 2022. in press
  • Scientific Reports. Effects of sediment replenishment on riverbed environments and macroinvertebrate assemblages downstream of a dam. 2021. 11. 7525(2021)
  • T Jo, S Ikeda, A Fukuoka, T Inagawa, J Okitsu, I Katano, H Doi, K Nakai, H Ichiyanagi, T Minamoto. Utility of environmental DNA analysis for effective monitoring of invasive fish species in reservoirs. Ecosphere. 2021. 12. 6. e03643
  • Doi H, Minamoto T, Takahara T, Tsuji S, Uchii K, Yamatomo S, Katano I. Compilation of real-time PCR conditions toward the standardization of environmental DNA methods. Ecological Research. 2021. 1-10
more...
MISC (75):
  • 原直子, 皆川朋子, 根岸淳二郎, 土居秀幸, 萱場祐一, 片野泉. ダム下流における支川流入・土砂還元が河床環境と底生動物群集に与える影響. 日本陸水学会第85回大会講演要旨集. 2022. 73-73
  • 坂本菜々子, 原直子, 輪地紗良, 片野泉. 河川濾過食者の瀬内分布と濾過機能:宇治川でのシマトビケラ科幼虫による検証. 陸水研究. 2022. in press
  • 中村萌, 田中亜季, 竹門康弘, 片野泉. 木津川中流域における伝統的河川工法・聖牛により創出されたワンド・低水敷タマリの環境と生物群集. 陸水研究. 2022. in press
  • 輪地紗良, 土居秀幸, 竹門康弘, 片野泉. ダムによる餌環境変化と濾過食者シマトビケラ科の栄養状態. 陸水研究. 2022. in press
  • 辻恵実, 片野泉, 土居秀幸. 水中の環境 DNA 減衰過程におよぼす泥と流れの影響. 陸水研究. 2022. in press
more...
Books (4):
  • 水生半翅類の生物学(大庭伸也・編)
    北隆館 2018
  • 水辺の環境科学I-川の誕生 (谷田一三・江崎保男・編)
    朝倉書店 2014
  • 現代の生態学9巻 淡水生態学のフロンティア(吉田丈人・鏡味麻衣子・加藤元海 編)
    共立出版 2012
  • 川の百科事典 (高橋裕 編)
    丸善 2009
Lectures and oral presentations  (95):
  • 川濾過食者の瀬内分布と濾過機能:宇治川でのシマトビケラ科幼虫による検証
    (日本陸水学会近畿支部回第33回大会 2022)
  • 木津川中流域における伝統的河川工法・聖牛により創出されたワンド・低水敷タマリの環境と生物群集
    (日本陸水学会近畿支部回第33回大会 2022)
  • ダムによる餌環境変化と濾過食者シマトビケラ科の栄養状態
    (日本陸水学会近畿支部回第33回大会 2022)
  • 水中の環境 DNA 減衰過程におよぼす泥と流れの影響
    (日本陸水学会近畿支部回第33回大会 2022)
  • ダム下流における支川流入・土砂還元が河床環境と底生動物群集に与える影響
    (応用生態工学第24回研究発表会 2021)
more...
Professional career (1):
  • 博士(理学) (奈良女子大学)
Work history (5):
  • 2016/04 - 現在 Nara Women's University Faculty Division of Natural Sciences Associate Professor
  • 2011/04 - 2016/03 University of Hyogo School of Human Science and Environment Department of Human Science and Environment Associate Professor
  • 2009/04 - 2011/03 Carl-von-Ossietzky University Oldenburg Institute for Chemistry and Biology of the Marine Environment Post Doctoral Fellow
  • 2005/04 - 2009/03 Pubric Works Research Institute Aqua Restoration Research Center Post Doctoral Fellow
  • 2004/04 - 2005/04 Nara Women's University KYOUSEI Science Research Center Post Doctoral Fellow
Committee career (16):
  • 2021/04 - 現在 日本陸水学会近畿支部会 運営委員
  • 2019/12 - 現在 奈良県自然環境保全審議会自然保護部会 委員
  • 2018/04 - 現在 二津野ダム下流土砂還元検討委員会 委員
  • 2017/10 - 現在 応用生態工学会 Ecology and Civil Engineering編集委員
  • 2017/10 - 現在 応用生態工学会 幹事
Show all
Awards (4):
  • 2015/08 - 公益財団法人クリタ水・環境科学振興財団 クリタ水・環境科学研究優秀賞
  • 2008/10 - 日本陸水学会 第10回学会賞吉村賞
  • 2007/09 - 応用生態工学会 第11回大会優秀ポスター賞
  • 2005/09 - 応用生態工学会 第9回大会最優秀ポスター賞
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page