Rchr
J-GLOBAL ID:202001012709485762   Update date: Aug. 24, 2020

TAKAHASHI Yona

TAKAHASHI Yona
Affiliation and department:
Research field  (1): Linguistics
Research theme for competitive and other funds  (8):
  • 2018 - 2022 Description and documentation of Ethiopian languages: Towards a social innovation
  • 2016 - 2018 Digital Archiving of the Gilgamesh Epic: Towards the Integrated Study of Redaction Criticism and Narrative Linguistics
  • 2016 - 2017 Methodology for Application of Database Platform System for Annotated Images
  • 2015 - 2017 The Construction of a Digital Image Database of Ancient Egyptian Hieroglyphs and Akkadian Cuneiform
  • 2014 - 2017 Documentation of Minority Languages and the Dynamism of Ethiopian Languages
Show all
Papers (34):
  • Yona TAKAHASHI. A Translation Lexicon of the Hebrew Bible in Japan Bible Society Translation (1): Position Terms and Related Words. New Bible Translation. 2020. 6. 1-28
  • Yona TAKAHASHI. Language Life in the Age of Jesus: What Language did Jesus Use?. 2019. 11-78
  • Yona TAKAHASHI. Πᾶσα γραφὴ θεόπνευστος: Notes on the Holiness of the Scripture and the Canonization of the Bible. 2019. 5. 22-45
  • 永井 正勝, 和氣 愛仁, 高橋 洋成. 文字資料を対象とするデータベース構築に適した言語学的記述のあり方について. 人文科学とコンピュータ研究会報告. 2019. 2019-CH-119(15). 1-6
  • 和氣 愛仁, 永井 正勝, 高橋 洋成. アノテーション付与型画像データベースプラットフォームのIIIF対応. 人文科学とコンピュータ研究会報告. 2019. 2019-CH-119(14). 1-7
more...
MISC (7):
  • 高橋 洋成. 新刊紹介:『ケニアのストリート言語、シェン語:若者言葉から国民統合の言語へ』(小馬徹、2019年、御茶の水書房). JANES ニュースレター. 2020. 27. 2. 10
  • 高橋 洋成. エチオピア少数言語の多様な言語実態を探る. フィールドプラス. 2019. 21. 20-22
  • 高橋 洋成. 回々教. 漱石辞典. 2017. 528
  • 高橋 洋成. ハマル語の研究:古代と現代の接点を求めて. JANES ニュースレター. 2016. 23. 3-6
  • 高橋 洋成. ヘブライ語. 世界の文字事典. 2015. 332-335
more...
Lectures and oral presentations  (22):
  • On the Suffix -n in Hamer and Banna Languages: What is the “relative marker”?
    (2020)
  • 聖書翻訳における形式的用法の動詞の訳出:ヘボンら「明治元訳」から「聖書協会共同訳」へ
    (第369回日本近代語研究会&第215回青葉ことばの会 2019)
  • Update: Hieratic Database Project (with IIIF system)
    (Ägyptologische „Binsen“-Weisheiten IV 2019)
  • 1世紀パレスティナの言語生活を考える
    (全所プロジェクト「アジア・アフリカの現代的諸問題の解決に向けた新たな連携研究体制の構築」ポスター展示)
  • 文字資料を対象とするデータベース構築に適した言語学的記述のあり方について
    (第119回人文科学とコンピュータ研究会 2019)
more...
Committee career (7):
  • 2016/09 - 現在 Inter Faculty 編集委員
  • 2012/04 - 現在 Japan Association of Ethiopian Languages Studies in Ethiopian Languages 編集委員
  • 2019/06 - 2020/05 日本アフリカ学会 2020年度学術大会実行委員(ウェブ開催担当)
  • 2018/04 - 2018/04 日本ナイル・エチオピア学会 第27回学術大会実行委員
  • 2015/05 - 2018/01 日本聖書協会 新翻訳編集委員(五書・歴史書)
Show all
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page