Rchr
J-GLOBAL ID:202001013628161543   Update date: Apr. 28, 2022

Taguchi Kazuo

タグチ カズオ | Taguchi Kazuo
Affiliation and department:
Job title: 教授
Research field  (2): Economic history ,  Business administration
Research keywords  (8): 人材育成 ,  高齢者雇用 ,  人的資源管理 ,  賃金管理 ,  労使関係 ,  労働史 ,  人事管理 ,  オーラルヒストリー
Research theme for competitive and other funds  (6):
  • 2022 - 2026 The formation process and operational status of personnel management during the interwar period
  • 2017 - 2022 国際労働運動の発展過程-オーラルヒストリーによる労働運動の戦後史研究の再構築
  • 2014 - 2017 Study of the Formation Process of the Personnel System in the Japanese company-Rebuilding of the postwar history study by the oral history
  • 2014 - 2015 高齢法改正に伴う人事・賃金制度の再構築と社会保障制度のあり方に関する研究
  • 2011 - 2015 Basic Study on Archiving Oral History in Post-War Labor History
Show all
Papers (31):
  • 永戸哲也, 大島久幸, 田口和雄. 戦間期における職員の評価と給与~食品製造企業N社を題材に. 高千穂論叢. 2021. 56. 3. 1-19
  • 田口和雄. 正社員化を進めた60歳代前半層の人事管理の特質と課題 -65歳定年制導入企業3社の事例分析をもとに. 日本労働研究雑誌. 2021. 63. 9. 31-42
  • 田口和雄. 戦後の賃金決定の個別化の変遷. 高千穂論叢. 2021. 56. 2. 27-45
  • The Personnel evaluation process structure for staff during the world war II:A case Study of M Company. 2020. 55. 1,2,3. 1-31
  • 梅崎修, 田口和雄. 労働組合機能における契約社員と正社員の比較分析. 日本労務学会誌. 2020. 21. 1. 1-20
more...
MISC (50):
  • 田口和雄. 高齢者雇用とダイバーシティ・マネジメント(高齢社員の戦力的活用と人事管理~70歳までの就業機会の確保と活用・第6回). 生産性新聞. 2022. 6
  • 田口和雄. キャリア支援のあり方を考える(高齢社員の戦力的活用と人事管理~70歳までの就業機会の確保と活用・第5回). 生産性新聞. 2022. 8
  • 田口和雄. 65歳定年が抱える賃金・ポスト問題(高齢社員の戦力的活用と人事管理~70歳までの就業機会の確保と活用・第4回). 生産性新聞. 2022. 7
  • 畑井治文, 田口和雄. テレワークの推進と働き方改革の変容. JISA Quarterly. 2022. 144. 64-74
  • 田口和雄. 65歳以降の働き方は雇用or就業?(高齢社員の戦力的活用と人事管理~70歳までの就業機会の確保と活用・第3回). 生産性新聞. 2021. 5
more...
Books (9):
  • 1からの人的資源管理
    碩学舎 2022 ISBN:4502407011
  • 労働・職場調査ガイドブック
    中央経済社 2019 ISBN:4502321915
  • 戦後 賃金の軌跡
    中央経済社 2017 ISBN:4502208515
  • 入門 会社学のススメ: 学生のうちに学んでおきたい会社の知識
    税務経理協会 2015 ISBN:4419062118
  • 賃金・人事制度改革の軌跡-再編過程とその影響の実態分析 (MINERVA人文・社会科学叢書)
    ミネルヴァ書房 2012 ISBN:4623061337
more...
Education (1):
  • 1993 - 1998 Gakushuin University
Professional career (1):
  • 博士(経営学) (学習院大学)
Work history (5):
  • 2010/04 - 現在 Takachiho University Faculty of Business Management
  • 2007/04 - Takachiho University Faculty of Business Management
  • 2005/04 - Takachiho University Faculty of Business Management
  • 1998/10 - 財団法人 機械振興協会経済研究所 調査研究部 研究員
  • 1993/04 - 日本労働研究機構 臨時研究助手
Committee career (1):
  • 2020/08 - 現在 日本労務学会 機関誌編集委員会 編集委員
Association Membership(s) (5):
日本キャリアデザイン学会 ,  社会政策学会 ,  経営史学会 ,  日本労務学会 ,  日本職業教育学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page