Rchr
J-GLOBAL ID:202001013966649373   Update date: Feb. 21, 2021

Maruyama Fumitaka

マルヤマ フミタカ | Maruyama Fumitaka
Affiliation and department:
Job title: 特任研究員
Research field  (1): Philosophy and ethics
Research keywords  (3): philosophy ,  transcendental phenomenology ,  Martin Heidegger
Papers (8):
  • 丸山文隆. ハイデッガー『存在と時間』における死への先駆の役割について. 哲学の探求. 2019. 46. 119-137
  • 丸山文隆. ハイデッガーの『哲学入門』講義における「メタ存在論」の帰趨--「存在者を存在者として全体において」問うこと--. 哲学会編『哲学雑誌』. 2018. 804・805. 303-318
  • 丸山文隆. ハイデッガーの超越論的観念論:「ブリタニカ」草稿を手がかりに. フッサール研究. 2015. 12. 33-50
  • 丸山文隆. ハイデッガーの思想における、基礎存在論からメタ存在論への転換の内的必然性について. 東京大学大学院人文社会系研究科・文学部哲学研究室発行『論集』. 2014. 32. 104-117
  • 丸山文隆. 無についてわれわれが語るときにわれわれが語ること--ハイデッガーのメタ存在論構想と『カント』書--. Heidegger-Forum. 2014. 8. 95-110
more...
MISC (3):
  • Heidegger’s Concept of ‘Historizing'. The Proceedings of the 11th BESETO Conference of Philosophy. 2019. 246-250
  • 丸山文隆. 書評:牧野英二ほか著『新・カント読本』. 週刊読書人. 2018. 3241
  • Heidegger on Freedom: An Interpretation of Resoluteness. 2017. 313-319
Books (1):
  • 問いと答え : ハイデガーについて
    法政大学出版局 2017 ISBN:9784588010712
Lectures and oral presentations  (2):
  • The Unimportance of Personal Identity for Heidegger
    (2019)
  • 過去とは何か--存在と時間と物質と記憶
    (第43回ベルクソン哲学研究会 2018)
Education (1):
  • 2011 - 2018 The University of Tokyo
Committee career (2):
  • 2017/08 - 現在 実存思想協会 幹事
  • 2013/10 - 現在 Heidegger-Forum in Japan executive committee
Association Membership(s) (5):
日本現象学会 ,  実存思想協会 ,  ハイデガー・フォーラム ,  哲学会 ,  日本哲学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page