Rchr
J-GLOBAL ID:202001014408763760   Update date: Sep. 22, 2021

Kawamoto Keiko

カワモト ケイコ | Kawamoto Keiko
Affiliation and department:
Job title: 教授
Research field  (6): Veterinary medicine ,  Food sciences ,  Infectious disease ,  Hygiene and public health (laboratory) ,  Immunology ,  Bacteriology
Research keywords  (14): AMR ,  獣医 ,  host-pathogen interaction ,  allergy ,  foodborne pathogen ,  food safety ,  Veterinary diagnostic science ,  zoonoses ,  infectious diseases ,  食品衛生 ,  アレルギー・免疫 ,  検査診断学 ,  感染免疫学 ,  微生物学
Research theme for competitive and other funds  (16):
  • 2018 - 2021 Detection of viable but non-culturable foodborne pathogens
  • 2013 - 2017 バイオテロに使用される可能性のある病原体等の新規検出法の確立、 及び細胞培養痘そうワクチンの有効性、安全性に関する研究
  • 2009 - 2014 食の機能性・安全性に関する高度な技術開発とその事業化によるアグリ・バイオクラスターの形成
  • 2012 - 2013 バイオテロに使用される可能性のある病原体等の新規検出法と標準化に関する研究
  • 2010 - 2012 食鳥・食肉処理工程等におけるリスク管理に関する研究
Show all
Papers (65):
  • Mitsunori Kayano, Megumi Itoh, Nobuyuki Kusaba, Osamu Hayashiguchi, Katsuya Kida, Yoshiharu Tanaka, Keiko Kawamoto, Yrjö T Gröhn. Associations of the first occurrence of pathogen-specific clinical mastitis with milk yield and milk composition in dairy cows. The Journal of dairy research. 2018. 85. 3. 309-316
  • Guangdou Qi, Zhifei Pan, Yasuha Sugawa, Fetra J. Andriamanohiarisoamanana, Takaki Yamashiro, Masahiro Iwasaki, Keiko Kawamoto, Ikko Ihara, Kazutaka Umetsu. Comparative fertilizer properties of digestates from mesophilic and thermophilic anaerobic digestion of dairy manure: focusing on plant growth promoting bacteria (PGPB) and environmental risk. Journal of Material Cycles and Waste Management. 2018. 20. 3. 1448-1457
  • Michihito Tagawa, Chihiro Kurashima, Satoshi Takagi, Naoya Maekawa, Satoru Konnai, Genya Shimbo, Kotaro Matsumoto, Hisashi Inokuma, Keiko Kawamoto, Kazuro Miyahara. Evaluation of costimulatory molecules in dogs with B cell high grade lymphoma. PloS one. 2018. 13. 7. e0201222
  • Guangdou Qi, Zhifei Pan, Fetra J, Andriamanohiarisoamanana, Takaki Yamashiro, Masahiro Iwasaki, Keiko Kawamoto, Kazutaka Umetsu. Isolation and characterization of plant growth promoting bacteria (PGPB) from anaerobic digestate and their effect on common wheat (Triticum aestivum) seedling growth. International Journal of Environmental & Agriculture Research. 2017. 3. 11. 46-52
  • Michihito Tagawa, Chihiro Kurashima, Genya Shimbo, Hiroshi Omura, Kenji Koyama, Noriyuki Horiuchi, Yoshiyasu Kobayashi, Keiko Kawamoto, Kazuro Miyahara. Fibrinous pericarditis secondary to bacterial infection in a cat. The Journal of veterinary medical science. 2017. 79. 6. 957-961
more...
MISC (26):
  • 朝倉宏, 五十君静信, 川本恵子, 黒田誠, 関塚剛. 食品中の有害衛生微生物を対象としたライブラリーシステム等の構築 国内動物由来カンピロバクター・ジェジュニのヒト食中毒への関連性に関する研究. 食品中の有害衛生微生物を対象としたライブラリーシステム等の構築 平成23年度 総括・分担研究報告書 (厚生労働科学研究費補助金食品の安全確保推進研究事業). 2012. 99-113
  • Kusumoto Akiko, Harada Toshihiko, Makino Sou-ichi, Kawamoto Keiko. SalmonellaのVBNC状態における一般的なストレスσ因子RpoSの役割(THE ROLE OF GENERAL STRESS SIGMA FACTOR RPOS IN SALMONELLA VBNC STATE). 日本細菌学雑誌. 2011. 66. 2-3. 342-342
  • 室谷 直義, 荒井 延明, 山下 恭子, 川本 恵子. 【フレンチ・ブルドッグの皮膚疾患】新たな疾患の解明...自己免疫性蕁麻疹と思われるフレンチ・ブルドッグの1例. CLINIC NOTE. 2010. 6. 8. 34-37
  • KAWAMOTO K., KARIYA H., SAWADA K., TAKITA E., MATSUI T., KATO A., MAKINO S. Edible vaccine for swine edema disease. 2009. 55. 21-23
  • 川本恵子, 刈屋晴子, 牧野壮一, 澤田和敏. 粘膜免疫による豚浮腫病臨床試験. 臨床獣医. 2009
more...
Patents (6):
  • 舌上皮由来細胞株KT-1及びその用途
  • 抗アレルギー剤を含む化粧料
  • 抗アレルギー剤を含む飲食物
  • 舌上皮前駆細胞の単離培養方法およびその分化誘導方法
  • ブタ浮腫病ワクチン
more...
Books (17):
  • 動物の感染症
    近代出版 2019 ISBN:9784874022504
  • 獣医微生物学
    文永堂出版 2018 ISBN:9784830032707
  • 病原細菌・ウイルス図鑑 = Atlas and textbook of pathogenic bacteria and viruses
    北海道大学出版会 2017 ISBN:9784832982291
  • 獣医公衆衛生学実習
    学窓社 2016 ISBN:9784873627519
  • 獣医微生物学 : コアカリ
    文永堂出版 2015 ISBN:9784830032578
more...
Lectures and oral presentations  (42):
  • 国際認証取得への道のり VetNorth Japanの欧州獣医学教育認証への取り組み
    (日本獣医学会学術集会講演要旨集 2019)
  • 牛ウイルス性下痢粘膜病(BVD) のコントロール ー耳片検査法:持続可能な診断法の導入に向けてー
    (第161回 日本獣医学会ランチョンセミナー 2018)
  • 牛ウイルス性下痢病(BVD)のコントロール
    (日本獣医学会学術集会講演要旨集 2018)
  • 十勝における牛ウイルス性下痢・粘膜病の清浄化対策の現状と耳片を用いた検査法の有用性検討
    (平成29年度日本獣医師会獣医学術年次学会 2018)
  • B細胞性リンパ腫罹患犬における免疫チェックポイント分子発現解析
    (日本獣医学会学術集会講演要旨集 2016)
more...
Education (2):
  • 大阪府立大学大学院 獣医外科学専攻
  • 大阪府立大学 獣医学科
Work history (4):
  • 2021/04 - 現在 Azabu University School of Veterinary Medicine Professor
  • 2014/04 - 2021/03 帯広畜産大学 獣医学研究部門およびグローバルアグロメディシン研究センター 教授
  • 2007/04 - 2014/03 Obihiro University of Agriculture and Veterinary Medicine
  • 2003/04 - 2007/03 Obihiro University of Agriculture and Veterinary Medicine
Committee career (7):
  • 2020/10 - 北海道庁 北海道獣医療提供体制整備検討会委員
  • 2019 - 薬事・食品衛生審議会 動物用生物学的製剤調査会委員
  • 2017 - 薬事・食品衛生審議会 動物用抗菌性物質製剤調査会委員
  • 2016/04 - 日本カンピロバクター研究会 運営委員
  • 2016 - 内閣府食品安全委員会 肥料・飼料等専門調査会専門委員
Show all
Awards (1):
  • 2012 - 日本学術振興会 審査委員(科研費)表彰
Association Membership(s) (4):
日本カンピロバクター研究会 ,  American Society for Microbiology ,  日本細菌学会 ,  日本獣医学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page